経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「(特に日本の)経済学者はイデオロギーバイアスがあって権威に弱い?」

Tyler Cowen “Ideological bias and argument from authority among economists” Marginal Revolution, September 5, … [Continue reading]

マリ=アンヌ・ルキエ「フランシュ=コンテの白い黄金:塩の一歴史」

Marie-Anne Rouquier "L’or blanc de Franche-Comté : une histoire de sel" Bloc-notes-éco, Banque de France, le 11 avril … [Continue reading]

アレックス・タバロック「女子の読解における比較優位は数学関連分野での男女格差をだいたい説明する」

Alex Tabarrok "Girls’ comparative advantage in reading can largely explain the gender gap in math-related fields" Marginal Revolution, September 3, … [Continue reading]

クロディアナ・イストレフィ「金融政策決定者を選ぶ:Fedから学ぶ3つの教訓」

Klodiana Istrefi "Choisir les décideurs de la politique monétaire : trois leçons de la Fed" Bloc-notes Eco, Banque de France, 16 mai … [Continue reading]

ダイアン・コイル「昔々,あるところに:物語と感染の経済学」(2019年8月29日)

[Diane Coyle, "Once upon a time," The Englightened Economist, August 29, … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「新たなマクロ経済政策割り当て」(2019年8月28日)

[Simon Wren-Lewis, "A New Macropolicy Assignment," Mainly Macro, August 28, 2019] 次に景気後退が生じたときにこれを抑えられるかどうかについて中央銀行家たちが正しくも悲観的になるなか,中央銀行はインフレを目標値に維持しつつその責務を政治家に渡すときがきているのかもしれない. … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「一分でわかる保守派の反理性主義の歴史」(2015年4月)

Joseph Heath, “A one-minute history of conservative anti-rationalism” (In Due Course, April, 2015) 〔訳注:本稿では、理性および理由という意味を強調するために原文における「rationalism」という言葉を、邦訳『 啓蒙思想2.0―政治・経済・生活を正気に戻すために』栗原百代訳, NTT出版, … [Continue reading]

タイラー・コーエン「金融政策は力を失ってしまった?」(2019年8月29日)

[Tyler Cowen, "Has monetary policy lost its power?" Marginal Revolution, August 29, 2019] … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「イギリスで景気後退のさなかに財政緊縮をやった事例:1981年と2010年を比べてみると」(2019年8月3日)

[Simon Wren-Lewis, "Fiscal tightening in UK recessions: 1981 and 2010 compared," Mainly Macro, August 3, 2019] 健康で平穏な生活を守るために,Twitter でのやりとりを控えることにしている.ただ,先日,Andrew Dentance … [Continue reading]

ノア・スミス「貧困と悪癖についてケヴィン・ウィリアムソンが間違っているところ」(2019年8月3日)

[Noah Smith "Why Kevin Williamson is wrong about poverty and bad behavior," Noahpinion, August 3, … [Continue reading]