経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「遺伝子 -> 教育 -> 社会的流動性」(2018年7月11日)

[Alex Tabarrok, “Genes->Education->Social Mobility,” Marginal Revolution, July 11, 2018] … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「国民意識の高まりは異民族間に横たわる信頼問題を和らげるか?」(2017年8月5日)

●Tyler Cowen, “National identity eases cross-cultural trust problems”(Marginal Revolution, August 5, 2017) 今回紹介するのはアマンダ・レア・ロビンソン(Amanda Lea Robinson)の論文だ。題して「ナショナリズムと異民族間における信頼:アフリカの境界地帯におけるフィールド実験から得られた証拠」(pdf) (( … [Continue reading]

サンミン・オム, ティム・リー, ヨンソク・シン「産業のコンピュータ化と職のオートメイト化: 集計的生産性トレンドを繙く」(2018年7月4日)

Sangmin Aum, Tim Lee, Yongseok Shin, "Computerising industries and routinising jobs: Explaining trends in aggregate productivity", (VOX,  04 July … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「経済発展の側面支援に向けて国際的なスポーツ大会のあり方を見直そう」(2016年5月13日)

●Tyler Cowen, “Redesigning Sport to aid economic development”(Marginal Revolution, May 13, 2016) 本ブログの熱心な読者の一人であるOli … [Continue reading]

ノア・スミス「ノア・スミス流日本旅行ガイド:後編」(2018年6月30日)

[Noah Smith, "Noah Smith's Japan Travel Guide," Noahpinion, June 30, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「ルーニー効果 ~ルーニーの姿を見ると足がすくむ?~」(2006年11月23日)/「デモンストレーション効果?」(2014年9月12日)

●Tyler Cowen, “The power of suggestion?”(Marginal Revolution, November 23, 2006) バンガー大学に籍を置くパトリック・バッハ(Patric Bach)とスティーヴン・ティッパー(Steven Tipper)の二人が手掛けた実験によると、ウェイン・ルーニー(サッカー選手)の写真を見た人はそれだけで足のコントロール(敏捷性)が鈍るという結果が見出されたという。 … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「至る所に市場あり ~イングランド代表チームが敗退するリスクに備えた保険?~」(2006年6月13日)

●Tyler Cowen, “Insurance markets in everything”(Marginal Revolution, June 13, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「代表チームの勝利には危険が伴う?」(2005年4月7日)

●Tyler Cowen, “Are sports winners more violent than sports losers?”(Marginal Revolution, April 7, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「サッカーはあなたの力になってくれる?」(2014年2月9日)

●Tyler Cowen, “Is soccer good for you?”(Marginal Revolution, February 9, 2014) … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「ミステリー小説の経済モデル ~スポーツは最大限のサスペンスを生み出せているか?~」(2015年2月13日)

●Tyler Cowen, “An economic model of the mystery novel, and are sports suspense-optimal?”(Marginal Revolution, February 13, 2015) ・・・という問題に立ち向かっているのがジャーナル・オブ・ポリティカル・エコノミー(JPE)誌に掲載されたばかりの「サスペンスとサプライズ」と題された共著論文だ。著者はジェフリー・エリー(Jeffrey … [Continue reading]