経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「世界の美しい図書館」(2007年9月8日)/「住まい兼職場としての図書館」(2016年7月8日)

●Tyler Cowen, “Library appreciation day”(Marginal Revolution, September 8, 2007) こちらの記事で世界中にある美しい図書館がたっぷり紹介されている。すんばらしい写真付きだ。ちなみに、上の画像に写っているのはかの有名なグラスゴー美術学校の図書館(マッキントッシュ図書館)だ (( … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「社会構築主義:基礎編」(2018年5月26日)

Social constructivism: the basics Posted by Joseph Heath on May 26, 2018 | … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「イギリスの図書館で一番借りられているのはどの作家の作品?」(2010年2月14日)

●Tyler Cowen, “What are the most borrowed books from UK libraries?”(Marginal Revolution, February 14, 2010) 2008年~2009年の1年間のデータによると、(イギリス全土にある図書館での年間での貸出回数が多かった順の)上位4作品のうち3冊はジェイムズ・パタースン(James Patterson)の作品とのこと。イアン・ランキン(Ian … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「時の試練? ~『100年後も読まれ続けているであろう作家は誰だと思いますか?』~」(2009年11月4日)

●Tyler Cowen, “The test of time?”(Marginal Revolution, November 4, 2009) 話は今から80年前(1929年)に遡る。マンチェスター・ガーディアン紙(本紙の旧名)が読者投票を行った。「(100年後の)2029年になっても読まれ続けているであろうイギリス人作家は誰だと思いますか?」というのがその質問内容だ。 ジョージ・シマーズ(George … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「19世紀前半のイギリスでベストセラーを連発した超売れっ子作家と言えば?」(2005年9月18日)

●Tyler Cowen, “Sales of new novels and romances during the Romantic period”(Marginal Revolution, September 18, 2005) ロマン主義の時代(19世紀前半)のブリテン諸島(イギリス)で23作品にも及ぶベストセラー小説を生み出した作家がいる。それは誰だかわかるだろうか? 答えに目をやる前に少しばかり予想してもらいたいと思う。 その答えは誰かと言うと・・・・・、 … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「私の好きな短編小説」(2010年3月13日)

●Tyler Cowen, “My favorite short stories”(Marginal Revolution, March 13, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「私に『見えざる影響』を及ぼした本」(2017年11月21日)

●Tyler Cowen, “Books that had hidden influence on me”(Marginal Revolution, November 21, … [Continue reading]

ガエターノ・バッソ, ジョバンニ・ペリ, アフムド・ラフマン 「移民流入がオートメイト化テクノロジーの時代における賃金分布に及ぼす影響」(2018年1月12日)

Gaetano Basso, Giovanni Peri, Ahmed Rahman, "The impact of immigration on wage distributions in the era of technical automation", (VOX, 12 January … [Continue reading]

スコット・サムナー 「私に影響を及ぼした『テクスト』」(2010年3月20日)

●Scott Sumner, “Some influential “texts””(TheMoneyIllusion, March 20, 2010) 「『この本には強い影響を受けた』。みんなもそんな本のリストを披露してくれないか?」というタイラー・コーエンの呼びかけ〔拙訳はこちら〕に対する他のブロガーの面々の回答をチェックしているうちに心配になってきたことがある。人様にお見せしても恥ずかしくないリストを拵(こしら)えられるだろうかといささか不安になってきたのだ。『A Theory … [Continue reading]

タイラー・コーエン「デトロイト美術館の経済学」(2014年3月30日)

Tyler Cowen, “The Economics of Detroit art museum“(Marginal Revolution, March 30, … [Continue reading]