経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「私の背中売ります ~キャンバスとしての背中~」(2017年2月2日)

●Tyler Cowen, “Back markets in everything those new service sector jobs”(Marginal Revolution, February 2, 2017)


ティム・シュタイナー(Tim Steiner)氏の背中に彫られた見事なタトゥー。そのデザインを請け負ったのはとある著名なアーティスト。その所有者は(シュタイナー氏ではなく)ドイツ人のアートコレクター。シュタイナー氏が亡くなると、タトゥーが彫られた部位(皮膚)が剥がされて額に入れて飾られる決まりになっている。存命中は(背中のタトゥーが見えるように)シャツを脱いだ状態であちこちのギャラリーで座って過ごすことになるという。

「アート作品を背中に背負っているんです。私はその作品の運搬人なんです」とシュタイナー氏。現在40歳。(スイスの)チューリッヒ出身で前職はタトゥーパーラーのマネージャー。

話は10年前に遡る。シュタイナー氏がその当時付き合っていた恋人がベルギー出身のアーティストに出会ったのが事の始まり。そのアーティストの名はヴィム・デルボア(Wim Delvoye)。豚にタトゥーを入れた作品で物議を醸し名を売ることにもなったアーティストだ。

その恋人はデルボアから「新作を描くための『人間キャンバス』になってもいいという人物を探している」と伝えられたという。誰か興味を持ってくれそうな人を知らないかと尋ねられたというのだ。

・・・(略)・・・シュタイナー氏の背中に彫られたタトゥーの作品名は『TIM』。2008年にドイツ人のアートコレクターであるリク・ラインキング(Rik Reinking)氏が15万ユーロ(13万ポンド)で買い取った。シュタイナー氏は15万ユーロの3分の1にあたる5万ユーロを受け取ったという。

「私の皮膚はあれ以来リク・ラインキング氏のものなんです」とシュタイナー氏。「私の背中はキャンバスなんです。私という人間は背中に背負った作品を一時的に収めておく額なんです」。

シュタイナー氏が亡くなるとタトゥーが彫られた背中の部位(皮膚)を剥がした上でその箇所を額に収めてラインキング氏のプライベート用のアートコレクションに加えられる契約内容になっているという。

そんなのゾッとするばかりじゃないかという声に対してシュタイナー氏は次のように応じている。「ゾッとするという感覚は相対的なものなんですよ」。

記事の全文はこちら。相変わらずキレキレのティム・ハーフォード(Tim Harford)――快著である『Messy』(邦訳『ひらめきを生み出すカオスの法則』)の著者――経由で知ったものだ。

アレックス・タバロック 「バンクシーの真意やいかに? ~1枚60ドルで売ります~」(2013年10月15日)

●Alex Tabarrok, “Banksy Comments on the Nobel Prize?”(Marginal Revolution, October 15, 2013)


Mashable: ストリートアーティストとして知られるバンクシー(Banksy)の絵が土曜日にニューヨークのセントラルパークで路上販売された。露店で売りに出されたのは万ドル単位相当の値打ちがあると見積もられている作品ばかりだが、そのお値段は1点あたりなんとわずか60ドル。

その模様はバンクシーの公式サイトで映像付きで報告されているが、記念すべき最初の売り上げにたどり着くまでに開店から数時間を要したという。最初の購入者は女性。値引き交渉の末に2点の作品を半額で購入していったという。午後6時に店が閉じられるまでに絵を購入していったお客の数は合計で三名。一日の売上高(売り上げ総額)は420ドルにとどまったらしい。

ちなみに、バンクシーの作品のうちで『Space Girl & Bird』は2007年にオークションで57万8000ドルの値がつけられており、『Keep it Spotless』は2008年に187万ドルで落札されている。

ファーマ&シラー&ハンセンの三人――「資産価格の実証分析」への学術的な貢献が讃えられて本年度(2013年度)のノーベル経済学賞を共同で受賞した三人――なら上の結果について何てコメントするだろうね?

複製不可能な作品(アート作品)を売って得られる儲けを最大化する(一つでも多くの作品をできるだけ高値で売りさばく)というのはマッチングの問題の一種であり、「この作品を手に入れるためなら誰よりも金を出してやる」と意気込む相手(買い手の候補)を世界中から探し出す努力が欠かせない(この点について詳しくは “An Economic Theory of Avant-Garde and Popular Art”(pdf)を参照のこと)。・・・という観点からすると、上の結果はマーケティング(宣伝)の失敗として説明がつけられるかもしれない。

「現代芸術(モダンアート)はバブルに彩られている」という別の説明も考え得る。将来的に誰かに(自分が買った時よりも高い値段で)売ってしまえるだろうと予想するからこそ買う。そうじゃなければモダンアートなんて買わない、というわけだ(ファッション感覚で買ったり流行に乗って買うというのもバブルを後押しする働きをする可能性があるが、それでもやはり将来的にいいカモ買い手が見つかる(高値で転売できる)に違いないという予想に支えられている点では変わりがない)。

あるいはバンクシーとしては(「シグナリングの理論」の分野を開拓した)別のノーベル経済学賞受賞者の業績に目を向けよと言いたいのかもしれないね。

マーク・ソーマ 「消費経済の歴史は想像以上に古い?」(2005年9月8日)/ アレックス・タバロック 「自壊する絵 ~本物のアーティストがここに~」(2018年10月6日)

●Mark Thoma, “The Consumer Driven Economy”(Economist’s View, September 08, 2005)


消費経済(消費者主導の経済)の歴史は思っていたよりも古いようだ。


上の画像は大英博物館が公表した「嘘っぱち」の洞窟壁画。大英博物館に展示されていた作品で原始人がショッピングカートを押す姿が描かれている。作者は匿名の「アート・テロリスト」ことバンクシー(Banksy)。大英博物館に無断でこっそり置いていったという。・・・(略)・・・〔全文はこちら1

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Banksy is the Real Deal”(Marginal Revolution, October 6, 2018)


Hyperallergic: 金曜日の夜にロンドンで開催されたオークションでバンクシーの作品が「自壊」した

競売大手のサザビーズが取り仕切るオークションの午後の部の締め括りとして登場した(バンクシーの代表作である)『少女と風船』(2006年制作)。「95万3829ポンド(約1億4000万円)!」という印象的な掛け声とともにオークションは終了。

キャスターライン・グッドマンギャラリーの創業者であるロバート・キャスターライン(Robert Casterline)もオークション会場にいた一人。我々の取材に対して落札直後に何が起こったかを説明してくれた。「オークションの終了を告げる小槌が打ち鳴らされた瞬間でした。額縁の内側から警報音が鳴り響いてきたんです」。会場は「大混乱」。

「百万ドルを超える値で落札され、私も含めて聴衆の面々が席に座ろうとしたその時です。絵が突然動き出したんです」とキャスターライン。作品が収められている額縁もバンクシー本人が用意したものであり、シュレッダーが仕掛けられていたという。作品が落札されるやシュレッダーが作動して絵をバラバラに裁断し出したというのだ。「はじめのうちはすっかり混乱して何がなんだかわかりませんでしたが、しばらくすると興奮に襲われて震えましたね」とキャスターライン。

サザビースの現代アート部門(欧州地域)の責任者を務めるアレックス・ブランクチク(Alex Branczik)がアート・ニュースペーパーの取材に応じているが、どうやら彼も会場にいた一同と同じくらい仰天したようだ。

バンクシーって天才だね。

  1. 訳注;リンク切れ。ちなみに、バンクシーが件の作品を大英博物館に無許可で置き去ったのは2005年のことだが、今現在は晴れて「許可を得て」大英博物館に置かれているとのこと。大英博物館にて開催中の展覧会(会期は2018年9月6日~2019年1月20日)で正式な作品として展示されているらしいのだ。 []

アレックス・タバロック 「誰が彼を責められようか?」(2004年8月31日)/「『メタ』パフォーマンス・アート」(2007年7月15日)

●Alex Tabarrok, “Can you blame him?”(Marginal Revolution, August 31, 2004)


ロンドンにある国立美術館のテート・ブリテンに展示されていた作品の一つ(右の画像がそれ)が男性の清掃員によって誤って廃棄されるという事件が起こった。幸いなことに作者(であるグスタフ・メッツガー)が近くに居合わせており、(驚くべきことでもないだろうが)瞬く間に作り直されて事なきを得たということだ。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Meta Performance Art”(Marginal Revolution, July 15, 2007)


パフォーマンス・アートの大ファンとは言えないのだが、つい最近大好きな「メタ」パフォーマンス・アートにめぐり合うことができた。事の始まりは(動物の死体を切り刻んだ作品死んだ牛の頭にウジ虫やハエを群がらせている作品で知られる)ダミアン・ハースト(Damien Hirst)が制作した現代アート史上最も高価な作品にある。8000個を超えるダイヤモンド――額にして数百万ドル――が散りばめられた頭蓋骨がそれだが、ロンドン在住のアーティストである「ローラ」(ローラ・キーブル)がそっくりな作品(パロディ)を仕上げたのだ。頭蓋骨に(ダイヤモンドの代わりに)スワロフスキー・クリスタル(スワロフスキー社製のクリスタル・ガラス)を散りばめて他のゴミと一緒に真夜中に美術館の外に展示。まさに「プライスレス」。

マーク・ソーマ 「アートとしてのお金」(2005年12月8日)

●Mark Thoma, “Money as Art”(Economist’s View, December 08, 2005)


秀でた交換手段たるためにはいくつかの原理(条件)を満たさねばならない。標準化が容易である(品質にバラツキがない)こと、その価値を計測するのが容易であること、一般受容性を備えている(誰からも広く受け入れられる)こと、持ち運びが容易であること、貯蔵可能であること、耐久性を備えていること、分割可能であること、その数量を容易にコントロールできること。スイス紙幣(フラン紙幣)の新デザイン案は「一般受容性」の原理に抵触する可能性がある。

Swiss distressed over currency redesign”, Bloomberg News:

スイス中が騒然としている。新たに導入される予定の紙幣に胎芽や赤血球が描かれる可能性があるためだ。新紙幣のデザイン案は「ぞっとするばかりです」と語るのはヴェレーナ・グラフ氏。今はもう引退しているが、かつて銀行で文書管理を担当していた人物だ。・・・(略)・・・「私なら人間が描かれている旧紙幣を使い続けるでしょうね」。新紙幣のデザイン案は今年(2005年)の11月に・・・(略)・・・中央銀行(スイス国立銀行)主催のデザインコンペでグランプリを獲得したものだ。・・・(略)・・・「紙幣はスイスという国の名刺に他なりません」。そう語るのはジャン=クリストフ・アマン(Jean-Christophe Ammann)氏(66歳)。フランクフルトモダンアート美術館の前館長であり、デザインコンペの審査委員長を務めた人物だ。・・・(略)・・・しかしながら、審査委員会が下した判断は国民の意見を代弁したものとは限らない。スイスで銀行員として働くビジネスマンの必読紙となっているノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング紙は・・・(略)・・・新紙幣のデザイン案には「お金が備えるべきエロティシズム」が欠けていると断じている。・・・(略)・・・審査委員会は(チューリッヒ在住のアーティストである)マヌエル・クレブス(Manuel Krebs)氏の案に軍配を上げたが、クレブス氏の案が新紙幣のデザインとして採用されるかどうかはまだ決まっていない1。1991年にも新紙幣の導入に伴ってデザインコンペが開催されているが、その際は三等賞のデザインが新紙幣のデザインとして採用されるに至っている。・・・(略)・・・「原則としては紙幣にはスイスの国柄を象徴する何かが描かれるべきでしょうね。その『何か』として人間(スイスを代表する歴史上の人物)を描いてはダメということになれば代わりに何を描けばいいでしょうか? 山だとかチーズだとかでしょうか?」と語るのはチューリッヒ在住のコンピュータープログラマーであるトマス・ブルウィーラー氏。・・・(略)・・・(デザインコンペでグランプリを獲得したクレブス氏による)10フラン紙幣のデザイン案では表面に球形の惑星が描かれており、裏返すと同じく球形の赤血球が描かれている。(クレブス氏による) 100フラン紙幣のデザイン案では表面に胎芽、裏面に世界地図がそれぞれ描かれており、脳の図柄の透かしも入っている。(デザインコンペの審査委員長を務めた)アマン氏は語る。「スイスではお金に特別な地位が付与されています。数字と署名入りのグラフィックアートという地位です」。・・・(略)・・・

  1. 訳注;最終的にクレブス氏の案は却下され、新紙幣のデザインには次点の案が採用されることになった。 []

タイラー・コーエン 「2万ドル=2万1350ドル ~『一物一価の法則』の例外?~」(2011年9月1日)/「10万枚のペニー硬貨がばら撒かれた噴水 ~ケンブリッジの道端にお金が落ちていたらしいよ。・・・もう持ち去られちゃったけど。~」(2018年9月17日)

●Tyler Cowen, “Markets in everything the law of one price?”(Marginal Revolution, September 1, 2011)


現金に投資するというのは資産運用の方法としては保守的だと見なされているが、今夜メルボルンで開催されたばかりのオークションでそのような見方に異議が差し挟まれた。アートとしての現金は銀行に預けられた現金よりも時として高い価値を備えている。そんな一か八かの賭けに出た強気の買い手が現れたのだ。

ドイッチャー&ハケット社が手掛けるオークションで一発目の品として登場したのは合計2万ドルの札束。『Currency』(「カレンシー(通貨、お金)」)と命名されたアート作品だ。最終的に1万7500ドルで落札。落札者は落札価格の22%の手数料も負担する必要があるため、合計で2万1350ドルの支払いということになる。

新札の100ドル札を100枚積み重ねた札束が二つ。それが『Currency』だ。本作品の制作を手掛けたのはシドニー在住のアーティストであるデニス・ボーボア(Denis Beaubois)氏。オーストラリア・カウンシルから受け取った助成金2万ドルが原資となっている。

落札価格は1万5000ドル~2万5000ドルの範囲に収まるのではないか。ドイッチャー&ハケット社は事前にそのように予測していたというが、本作品に備わる価値を測りかねていたらしいことが伝わってくる。作者であるボーボア氏によると、本作品は法貨(現金)としても使えるとのことだ。

落札者はスイス銀行じゃないみたいだね。記事の全文はこちら。情報を寄せてくれたZac Grossに感謝。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Ain’t no $20 bills on this Cambridge sidewalk…not any more…”(Marginal Revolution, September 17, 2018)


今はもう使われていない噴水に大量にばら撒かれたペニー硬貨。その額はしめて1000ポンド。れっきとしたアート作品だが、その寿命はわずか1日で尽きてしまった。

10万枚のペニー硬貨1が(イギリスの)ケンブリッジのキーサイドにある噴水にばら撒かれたのは土曜日の午前8時(夏時間)のこと。48時間はそのまま放置される予定となっていた。

しかしながら、翌日(日曜日)の午前9時(夏時間)までにペニー硬貨は一枚残らず持ち去られてしまった。ところが、今回のアートプロジェクトを手掛けた「In Your Way」によると窃盗事件扱いはしないとのことだ。

「実に挑発的な結果となりました」と語るのはアート・ディレクターを務めるダニエル・ピット(Daniel Pitt)氏。

噴水にばら撒かれた10万枚のペニー硬貨は(芸術支援団体である)「アーツ・カウンシル・イングランド(ACE)」による(宝くじの収益金を原資とする)助成を通じて調達されたもの。本作品を含めて計5つの作品が週末に市内各地に展示されたという。

「1000ポンド噴水」の制作を担当したのはケンブリッジを拠点に活動するアーティストのアンナ・ブラウンステッド(Anna Brownsted)氏。「本作品の目的は鑑賞者から反応を引き出すことにありました。一種の挑発ですね」とはブラウンステッド氏の言だ。

記事の全文はこちら。Adam, S. Kazan経由で知ったものだ。

  1. 訳注;「1ポンド=100ペンス」なので10万枚のペニー硬貨の総額は1000ポンドということになる。 []

タイラー・コーエン 「不滅の詩」(2009年9月5日)/「所有からの逃走? ~落札されてもeBayに出品され続ける黒い箱~」(2010年1月20日)

●Tyler Cowen, “How to achieve artistic immortality”(Marginal Revolution, September 5, 2009)


・・・(略)・・・科学の力を借りて「不滅」の詩の制作を志すカナダ出身の作家がいる。

その作家の名はクリスチャン・ボック(Christian Bök)。カルガリー大学の英語学科の准教授にして実験詩人。ボックの計画は暗号化した自作の詩を人類が生息できない環境でも生き抜けるだけのタフさを備えた「極限環境微生物」のDNAに埋め込むというもの。

細菌のDNAに暗号化されたテキスト(例えば、『イッツ・ア・スモールワールド』の歌詞)を埋め込む試みは他で既にやられているという。しかしながら、ボックの詩には(テキストを埋め込む対象となる微生物の体内において)タンパク質(ボックの表現では「第二の詩」)を作り出す設計図も含まれており、その点で前例のない試みだという。

(カナダ最大の日刊紙である)グローブ・アンド・メール紙に掲載された記事より。全文はこちら。執筆者はアン・マキロイ(Anne McIlroy)。「アミノ酸配列を決める塩基配列ごとに一文字のアルファベットを割り当てる」ため、語彙の数はかなり制約されるとのこと。「不滅の語」に値する50程度の単語を選び出すのに難儀しているらしい。ボックの略歴についてはこちらを参照されたい。ツイッターもやってるようだよ。

ところで、あちこちのブログを見て回っての大まかな印象だが、カナダの新聞記事を取り上げている例はまだまだ少ないようだね。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Markets in everything: the uncollectible artwork”(Marginal Revolution, January 20, 2010)


フェリックス・サルモン(Felix Salmon)が報じている

『A Tool to Deceive and Slaughter』(『欺瞞と虐殺のためのツール』)はカレブ・ラーセン(Caleb Larsen)の手になるアート作品であり、ただ今eBayにて出品中だ。数日中に落札されないようであれば――最低落札価格は2500ドル――、すぐにもeBayに再出品される。無事落札されたらどうなるかというと、やはり再びeBayに出品される。嘘じゃないよ。売買契約書にもはっきりと次のように記載されている。

【本作品の名前は『A Tool to Deceive and Slaughter』(2009年制作)。7日ごとにオークションサイトであるeBayに自ら出品を繰り返す黒い箱。eBayに自動的に接続する装置が内蔵された黒い箱(黒い立方体)と「作品が1週間ごとに自分で自分を売りに出す」というコンセプトが組み合わさった作品。】

アレックス・タバロック 「作品を長持ちさせる秘訣 ~『シティ』のケース~」(2016年8月25日)

●Alex Tabarrok, “The Economics of Building Art to Last”(Marginal Revolution, August 25, 2016)


マイケル・ハイザー(Michael Heizer)と言えば巨大なアート作品の制作を専門とする彫刻家だ。そんな彼の作品の一つが『シティ』。ネバダ州の砂漠に鎮座する作品であり、1972年に制作が開始。未だ完成には至っていない。噂によるとワシントンD.C.の(国立公園である)「ナショナル・モール」だとか(メキシコの古代遺跡である)「テオティワカン」だとかに匹敵する規模と言われているが、確かなことは誰にもわからない。というのも、「訪問客が歓迎されていないことは明らかである。道路から隔たった場所に制作されていることに加えて土壁に囲まれてもいるために、不法侵入の危険を冒さない限りは地上からその一部でさえも一瞥できない」格好になっているためだ。数枚の「盗撮」写真が出回っているくらいだ。

ところで、ニューヨーカー誌にハイザーにまつわる興味深い記事が掲載されている。長持ちする作品作りに向けたハイザーの用意周到ぶりにはあっぱれと言うしかない。

『シティ』の大部分は岩や砂、あるいはコンクリートからできている。いずれもハイザーが現地で調達するなり一から製造するなりしたものだ。どこにでもある素材を使っているのには戦略的な理由があるとのこと。やがてきたる「破壊活動」に備えるためだというのだ。「仲の良い友人でもあるリチャード・セラは軍事用の鋼を使って作品を制作している最中みたいですが、きっとそのうち溶かされちゃうでしょうね。そう思うのはなぜかですって? インカにオルメックにアズテックですよ。数ある古代遺跡に眠っていた類稀なる芸術品の数々がどんな運命を辿ったか思い出してください。どれもこれも片っ端から盗まれてしまいました。徹底的に打ち壊され、バラバラに切り離されてしまいました。金(ゴールド)なんかは溶かされちゃいました。我が『シティ』も同じようにメチャクチャにしてやろう。そう企む連中がいたとしてもすぐに悟ることでしょう。『シティ』を標的にしても労多くして益少なしと。」

フランシス・ウーリー 「石油、アート、シルバープレート」(2012年7月20日)

●Frances Woolley, “Oil, art, and silver plate”(Worthwhile Canadian Initiative, July 20, 2012)


回転台の上に積み重ねられた3本のドラム缶。その名も『False Movement (Stability and Economic Growth)』(『偽りのムーブメント(安定性と経済成長)』)。ダミアン・オルテガ(Damian Ortega)の手になる彫刻作品だ。

本作品には政治的なメッセージが込められている。作品名の一部ともなっている “Stability and Economic Growth”(「安定性と経済成長」)というのはメキシコの大統領選挙で掲げられたスローガンの一つを拝借したものだ。石油頼りの経済(石油の生産・輸出に寄りかかった経済成長)は不安定で脆い。石油のおかげで経済成長が果たせたとしてもそれは偽りの経済成長であり幻想に過ぎない。本作品にはそのようなド直球のメッセージが込められている。

天然資源に頼っていつまでも経済成長を続けることができるだろうかという疑念それ自体については異を唱えるつもりはないが、一つの疑問が頭をよぎる。天然資源の代わりに何を頼りにすればいい? アート? 石油頼りの経済からアート頼りの経済へ? 個人的な見解を述べさせてもらうと、アート頼りの経済は石油頼りの経済に負けず劣らず不安定であるように思えるのだ。 [Read more…]

タイラー・コーエン「写実的なアートを好むひとはBrexitを支持する」(2018年10月9日)

Tyler Cowen, “Preference for realistic art predicts support for Brexit“(Marginal Revolution, October 9, 2018)

これはノア・カール、リンジー・リチャード、アンソニー・ヒースのペーパーの概要の一部だ。

個人の性格特性の違いを対照として〔実験を行ったところ〕、 4枚の写実的な絵画すべてを好みだと回答した被験者は、ゼロまたはひとつしか好みではないと回答した被験者に比べて、Brexitを支持する確率が15-20%高い傾向にあることがわかった。この結果は、大卒者と高卒者の〔Brexit支持率の〕違いと類似しており1  、被験者の支持政党アイデンティティを対照にした場合では強固であった2

素晴らしいケヴィン・ルイスの記事から。

  1. 訳注:Brexit支持率は大卒者で低く、高卒者で高い []
  2. 訳注:Brexit支持率は英国保守党支持者で高く、労働党支持者で低い []