経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ピーター・ターチン「コロナウィルスの長期的影響」(2020年4月20日)

Long-Term Consequences of Coronavirus
April 20, 2020 by Peter Turchin
cooperation, economics, elites, health, inequality, structural-demographic

我々は今COVID-19パンデミックの中盤にいる、現状とどこに向かおうとしているのかを詮索するのに良い時期だ。例えば、人口統計学的には、このパンデミックの影響は軽微であることが既に明らかになっている。人口の1%未満しか死亡しないだろうことと、コロナによる死亡者は既に定年退職した人に大きく偏っているからだ。アメリカ合衆国だけでも既に4万人がこの感染症で死亡しているが、これは総人口の観点からはたいして、もしくは何も変えないだろう。

中期(今後数年)の疫学的見通しはまだ不透明だ。我々はウィルスを絶滅に追い込むことができるのだろうか? それとも、風土病化し秋から冬にかけて毎年再来することになるのだろうか? 通常の〔風邪やインフルエンザの〕ケースのように、ウィルスは致死性の低い形態に進化するのだろうか? 私の見解では、今後2~3年中にコロナウィルスを駆除することは十分に可能だ。問題となっているのは、この駆除目的を達成するのに、我々がどこまで自身の生態を集合的に変更できるかどうかだ。全ての旅行者や他の伝染させる可能性がある保菌者を徹底的に検査し、ウィルス感染多発地域を積極果敢に検疫隔離し、自国内の感染症を制御するつもりがない、あるいは制御能力がない国を取り囲んでの衛生的閉鎖を行うことが必要になるだろう。

しかしながら、このブログは社会的動態に焦点を当てているので、今回のパンデミックが社会的健全性にどう影響を与えるのかについて論じてみよう。前回の投稿で論じたように、現在のグローバリゼーションと大衆の窮余化の度合いを考慮すれば、致死的なパンデミックが再来する可能性は非常に高い。つまるところ、COVID-19や将来の未知の病気は、世界システムの水準からは、内在的動態の一部なのだ。しかしながら、個々の国家レベル(国家に中心を絞った私の研究枠組み)の水準からは、COVID-19は外的ショックだ。COVID-19の長期的な影響は、影響を受けた社会的制度のレジリエンス(復元力)に何よりも左右される。 [Read more…]

タイラー・コーエン「もし睡眠が商品化されたとしたら?」(2018年6月23日)

●Tyler Cowen, “What if sleep was a commodity?“(Marginal Revolution, June 23, 2018)


デーンからこんな電子メールが来た:

これは均衡理論型の仮想の問題で、貴兄にも考えて欲しいと思っています。

人の睡眠を(非腐敗財として)基本的に摩擦なしで収穫し売買することを可能にする技術があると想像してみてください。基本的に誰でも、ある機械の中で眠って、その時間/睡眠を収穫することができます。そしてその睡眠時間は、他の誰もが利用でき、自分では眠ることなく睡眠のあらゆる恩恵を即座に得ることができます。たぶん注射か飲み薬か何かで。

さらに、その技術は比較的資本集約的ではないか、少なくとも、あらゆる人類が潜在的な睡眠の供給者/買い手になれる程度に安いとしましょう。彼らを睡眠労働者および睡眠消費者と呼ぶことにします。

さらに、この技術はまったく「タダ」ではないとします。睡眠労働者や睡眠消費者の寿命は、暦時間上はまったく影響を受けません。むしろ、人々の間で労働時間のゼロサム的な移転が行われるのです。「徹夜で」働いている睡眠労働者(訳注:一日中寝てる人のこと)ですら、販売できる純睡眠は1日16時間でしかありません。それ以外の8時間は、自分自身の睡眠のニーズを満たす必要があります。

このような市場はどう進化するでしょう。社会はどう進化するでしょう。睡眠1時間の市場価格はいくらになるでしょう。睡眠労働や睡眠消費の規範はどう進化するでしょう。経済指標(GDP、生産性、不平等など)はどう進化するでしょう。意識のない人と競合するのはどの職でしょう。そして福祉国家はどう進化するでしょう。異時点間で貯蓄される睡眠量はどの程度になるでしょう。囚人は全刑期の睡眠の収穫を認められるべきでしょうか。それを認めるべきでしょうか。植物人間状態の人を睡眠収穫のためだけに利用することは倫理的でしょうか。などなど…