経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック「電子タバコは人命を救う」

[Alex Tabarrok, “Vaping Saves Lives,” Marginal Revolution, October 13, 2017]

電子タバコはタバコほど危険ではない一方で、ニコチン摂取では同程度に効果的だ Levy et al. の推定によれば、もしも世の中の喫煙家たちが電子タバコに切り替えたら、それで伸びる寿命は数百万年にのぼるという。いままでタバコを吸っていなかった人たちが電子タバコを吸い始めるだろう割合を考慮に入れても、それほどの数字になるそうだ。(著者たちは全員、ガンの研究者・統計学者・疫学者としてガンの死亡数を減らすのに取り組んでいる人たちだという点は念頭に置いておきたい)

電子タバコ利用がないと想定した場合に予想される今後の喫煙率を出すのに使われている「現状維持」シナリオと、10年間でタバコの大半が電子タバコ利用に置き換わる「代替」シナリオとを比較する。「楽観」シナリオと「悲観」シナリオを検証した。この2つは、開始・継続・切り替えの全期間にわたる通常のタバコに比べた電子タバコの相対的な害と影響が異なる。

こうしたシナリオで導き出された予想死亡率を、「現状維持」シナリオと「電子タバコ代替」シナリオのそれぞれで、年齢・性別に分けて2016年から2100年まで比較し、国民の健康におよぼす影響を調べた。「現状維持」シナリオに比べて、電子タバコで通常のタバコを代替するシナリオでは、楽観シナリオなら早期死亡が10年間で6600万人も減少し、総計8670万年の寿命増加が予想される。悲観シナリオでも、160万人の早期死亡者が減り、総計2080万年の寿命が伸びる。もっとも大きな利得がもたらされるのは若い世代で、2016年の15歳世代では予想寿命が平均で 0.5 伸びる。

電子タバコは人命を救うが、かつて食品医薬品局 (FDA) はこの産業にきびしい規制を課して電子タバコ利用をあまり心地よくないものにしようと試みたことがある。(余談:学校で性教育を行うときには、リベラルはコンドームのようなリスク低減手段を好む傾向があるのに電子タバコは忌避しがちなのに対し、保守派はこの逆の立場をとっている。どちらの派も、弾力性にもとづいて選択しているように思えない。)

たとえば FDA はフレーバーつき電子タバコを禁止しようとしたことがある。新しい NBER 論文で、Buckley, Marti, & Sindelar は次のような計算を提示している:

(…)フレーバー電子タバコを禁止した場合、喫煙者は可燃性タバコを利用せざるをえなくなる。可燃性タバコはニコチン摂取法としていっそう有害であることがわかっている (Goniewicz Telegraph al., 2017; Shahab et al., 2017)。それに加えて、こうした禁止措置をとれば、禁煙しようと思っている人々にとっての電子タバコの魅力を下げることになる。だが、電子タバコはそうした個々人にとって禁煙するための有用な手段であることが証明されている (Hartmann-Boyce et al., 2016; Zhu et al., 2017)。また、〔通常の〕タバコ喫煙をやめた人々がフレーバー電子タバコを好んで利用していることもわかっている。

さいわい、あたらしい FDA の委員 Scott Gottlieb は電子タバコ利用にたいしてもっとリベラルな姿勢をみせている。彼の在職期間でもっとも大きな影響をもたらす決定になるかもしれない。

多謝: 80,000 Hours のすばらしき Robert Wilbin に。


コメントを残す