経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック「価格差別VS医療ツーリズム」

Alex Tabarrok”Price Discrimination Versus Medical Tourism” Marginal Revolution April 2, 2019


私たちが書いた経済原論の教科書で,タイラーと私は価格差別に関する章を次のように幕開けをしている。

数か月に及ぶ捜査の後,インターポールの警察はベルギーのアントワープ郊外で活動していた国際薬物シンジケートへ急襲をかけた。このシンジケートはヨーロッパ中に売りさばくためにケニア,ウガンダ,タンザニアから薬物を密輸していた。密輸はシンジケートに数百万ドルの利益をもたらした。密輸された薬物は何かって?ヘロイン?コカイン?いいやそれよりももっと価値があるもの,コンビビルだ。抗HIV薬であるコンビビルはヨーロッパで製造されて合法的に販売もされているのに,なぜアフリカからヨーロッパへ違法に密輸されたんだろうか。

その答えは,コンビビルはヨーロッパでは1錠12.50ドル,アフリカではそれよりもずっと原価に近い約50セントで売られているからだ。アフリカでコンビビルを買ってヨーロッパで売った密輸業者は,1錠あたり約12ドル稼ぐことができたし,彼らは数百万錠も密輸した。

ヨーロッパへ薬物を密輸する代わりに,ヨーロッパやアメリカの患者を外国に送ることも可能だ。たとえばギリヤド社のソバルディは,C型肝炎の治療に用いられるとても効果のある薬だ。アメリカではひととおりの治療に約85,000ドルかかるけれど,ギリヤド社と途上国のジェネリック製薬業者との協定により,エジプト,インドといった途上国,そして多くの先進国では1,000ドルもかからなかったりする。”Four Reasons Drugs are Expensive, of Which Two are False(薬が高価な理由4つ,そのうち2つは間違い)”という優れた記事で,ジャック・スキャンネルは裁定業者と医薬品企業との戦いを描き出している。

[価格差は〕医薬品ツーリズムという夢を湧きあがらせている。「12週間の大旅行を楽しみましょう。ギザの荘厳なピラミッドや謎めいたスフィンクスを眺め,ツタンカーメンの宝物を探り,ルクソールの眺めに息をのみつつ,アメリカでは夢でしか手の届かない持続的ウイルス陰性化を得ることができます。」これを夢見る人もいるだろうが,ギリヤドはお見通し済みで,リゾート先で寝そべろうという人に対してその椅子はわが社のお客様専用ですよというかの如く待ったをかけている。エジプト人はソバルディを買うのに身分証明書を提示しなければならない。旅行者はお呼びではないのだ。

転売を防ぐためにギリヤドは身分証明書を要求するとともに国外で販売されたすべての瓶を追跡している

[患者の身分証明書は]識別バーコードを瓶に付すのに用いられ,患者が受け取る瓶には自分の名前やその他の情報が記されている。バーコードはその国の居住者だけが薬を手に入れることを確実にするために使われるだけでなく(略)患者は新しい瓶を受け取る際には持っている瓶を返さなければならないと規定されており,それによって患者が処方薬の瓶を一度に一つだけしかもらえないようにしている。しかし,患者が複数の瓶を手に入れることができれば「患者や医療従事者の負担は和らぐ」と国境なき医師団は述べている。

国境なき医師団はこうした規制に憤っているようだが,タイラーと私が解説しているように,それ以外の選択肢は途上国では販売しないか単一の世界価格にすることだ。そして単一の世界価格にするのであれば,その価格はエジプト価格じゃなくてアメリカ価格になるだろうと思って間違いない。

グズマン,オカンポ,スティグリッツ「経済開発のための実質為替レート」

Martin Guzman, José Antonio Ocampo, Joseph Stiglitz ”Real exchange rates for economic development” VOX.EU, 21 February 2019

経済開発における為替レート政策については,依然として広く議論が行われている。本稿では,競争力のある安定した実質為替レートを確保する政策には理論的基礎があることを主張する。利用可能な一連の政策手段に制約がある場合,伝統的な輸出部門に対する輸出税に加え,競争力のある為替レートを補完的に使用することにより,事実上の複数実質為替レートがもたらされる。競争的のある為替レートを維持し,国外からの資金の流れの景気サイクルや交易条件による為替レートへの影響を弱め,ひいては成長と安定を促進するためには,外国為替介入と資本収支規制の双方を効果的に使用できることが実証的な証拠によって示唆されている。 [Read more…]

オリビエ・ブランシャール&ローレンス・サマーズ「経済学の進化か革命か」

Olivier Blanchard, Lawrence H. Summers “Evolution or revolution: An afterword” VOXEU, 13 May 2019

大恐慌と1970年代の大インフレによって生まれたマクロ経済学思想の変化は,過去10年の出来事を受けて起きたものよりもずっと劇的なものだ。本稿では,低い中立金利,安定化の主要手段としての財政政策の再浮上,インフレ目標到達の困難,低金利環境による金融への影響の組み合わせが,私たちのマクロ経済学理解や最良の結果をどのように達成するかについての政策判断に大きな変化をもたらすことで,この〔過去の経済学思想の変化の大きさと現在のそれとの間の〕格差が今後数年で縮まるだろうことを論じる。 [Read more…]

アレックス・タバロック「無秩序は社会主義よりも悪い」

Alex Tabarrok “Anarchy is Worse than Socialism” Marginal Revolution May 19, 2019


社会主義は悪い。これは私にとっては自明だ。しかしベネズエラの崩壊は,社会主義だけによる影響よりももっとずっと悪いものだ。

ニューヨークタイムズ:(略)マデューロ政権下におけるベネズエラの経済産出の下落は,少なくとも1975年以降戦争下にない国の中でもっとも急激なものだ。

今年末のベネズエラのGDPは,2013年の景気後退入り時点から62%縮小するとされる。

ベネズエラからは山々すら越えて人々が逃げ出しているため,過去2年間で総人口の10分の1がいなくなり,南米において過去最大の難民危機を引き起こしている。

IMFによれば今年のベネズエラのハイパーインフレーションは1000万パーセントに達すると予測されており,物価が統制を外れて上昇している期間としては1990年代のコンゴ民主主義共和国以来最も長いものだ。

国際金融協会の副チーフエコノミストであるセルギ・ラナウは,「これは事実上消費の完全な崩壊といえる」と述べる(略)

何がこの驚異的な経済活動の下落を引き起こしているんだろうか。皮肉なことに,これは政府が過剰なためではなく小さすぎるせいだ。 [Read more…]

タイラー・コーエン「エコノミスト 売春宿へ行く」

Tyler Cowen “An Economist Walks into a Brothel” Marginal Revolution, April 20, 2019

というのがアリソン・シュレーガーの新著のタイトル。副題は「そしてその他のリスクを理解するための予期せぬ場所」,以下はその本からの抜粋。

多くの点で,その売春宿はほかのどんな職場とも似ていた。しばしば週ごとのスタッフミーティング(多くの企業と異なるのは,女性たちがしばしば奇抜な帽子を被ったりお茶を飲んでいたりするところだ),金融アドバイザー,歩合ボーナス,そして社宅すらあった…

しかし,ホフ(オーナー店長)が価値を提供したところといえば,買い手と売り手双方のリスクを低減したことによる。

その売春宿で一番稼ぐ女性は年間で60万ドルの売り上げを誇り,その約半分がホフの懐に入る。そしてその売春宿のオーディションのため,女性たちは事前の費用(旅費,服装)としておよそ1,500ドルの投資を行うが,最終的に仕事を得られるかの保証はない。

米公共ラジオ局によるアリソンのインタビューはこちら

タイラー・コーエン「セックス景気の後退」(2018年11月14日)

Tyler Cowen ”The sex recession” Marginal Revolution, November 14, 2018


以下はThe Atlanticのケイト・ジュリアンの記事

ジェネレーションX1 やベビーブーマー世代2 も,過去の世代が自分と同年齢だったときよりもセックスする回数が少ない可能性がある。トウェンジは総合的社会調査によるデータを用いることで,1990年代から2014年にかけて平均的な大人のセックス回数は年62回から54回に減少したことを発見した。個人レベルの話であればこの減少に気づくことはないかもしれないが,国として見た場合には大量のセックスが失われていることになる。最近トウェンジは最新の総合的社会調査による2016年以降のデータを観察し,それによれば彼女が研究を行ってから2年の間にセックスの頻度はさらに落ち込んだという。

一部の社会科学者は,トウェンジの分析面に反論を行っている。それ以外にも,彼女のデータ参照元は高い評価を受けているもののセックス研究に完璧に合ったものではないという声も聞かれる。しかしながら私がこの研究についてインタビューを行ったそうした多くの専門家のうち,2018年の平均的な若年成人は数十年前の世代が同年代だった頃と比べてセックスの回数が少ないという考えにまともに異を唱えた人はいない。また,この現実が一般の認識と齟齬をきたしていることを疑う人もいなかった。すなわち,私たちのほとんどはほかの人は実際よりもずっと多くのセックスをしているといまだに考えているのだ。

[Read more…]

  1. 訳注;おおよそ1960年代と1970年代生まれの世代 []
  2. 訳注;第二次大戦後~1960年代半ばの世代 []

タイラー・コーエン「なんでみんなセックスしないの?」(2005年5月9日)

Tyler Cowen “Why don’t people have more sex?” Marginal Revolution, May 9, 2005


以下は当ブログの熱心な読者であるマイケル・ヴァッサーのコメント

どのような形態の帰結主義も,性的な行動の解釈に多大な困難を伴います。端的にいえば,説明できないセックスの不足があるのです。女性も男性もその他のほとんどの活動よりもセックスを楽しく思う(これは平均としての話で,私がそう感じるかは別の話です)ことを示す研究や,セックスが本質的に低コストであることを踏まえれば,おおざっぱな推定に推定したとしても,効用を最大化する人はほとんどの人よりもおそらく多くの時間をセックスすることに費やすように思えます。この点に関する経済学的な議論を何かご存知でしょうか。

僕らに必要なのは正当事由というよりも,取引を拒むことから利益が生じる理由だ。いくつか考えられるところを挙げてみよう。 [Read more…]

デイビット・アンドルファット「ミスリーディングなMMT調査に物申す」

David Andolfatto “The Chicago Booth Survey on MMT” MacroMania, March 14, 2019


シカゴ大学ブース校が経済学者たち対して行った調査(こちらを参照)についてに少々物申しておきたい。この調査は,次の2つの主張について各自がどれほど強く信じているかについて尋ねたものだ。

質問A:自国通貨での借り入れを行う国は,自身の債務を賄うためにいつでもお金を創り出すことができるので,政府の財政赤字を心配する必要はない。
質問B:自国通貨での借り入れを行う国は,お金を創り出すことで自身が望んだだけ政府実質支出を賄うことができる。

当然ながら,調査を受けた経済学者のほとんどが両方の主張を否定した。それは問題なし。でも実は問題ありだ。なぜならこの調査は

現代金融理論(MMT)

と前置きして,このふたつの主張があたかもMMTの核となる信念の一部をなすものであるかの如くしているからだ。

有力なMMT派はこの調査に含まれていただろうか。冗談言っちゃいけない,もちろんそんなことはなかった(MITの人は何人かいたけども。MITもMMTもどちらも似たようなものと思ったのかもしれない)。典型的なMMT派であればこのふたつの質問にどのように答えただろうか。そのほとんどはその他の経済学者とまったく同じように答えたに違いない。そうであれば,どうしてシカゴ大学ブース校は調査の冒頭にMMTなどと置いたのだろう。いろんな可能性があるけれど,そのどれもブース校にとってはおもしろくないものだ。 [Read more…]

デイビット・アンドルファット「日本のインフレ目標の失敗」(2016年11月29日)

David Andolfatto “The failure to inflate Japan” MacroMania, November 29, 2016


2013年1月22日,日本政府と日本銀行はデフレの克服と持続可能な経済成長を達成するという異例の共同声明を発表した。この声明の目的は2%のインフレ目標を導入することだった。これが共同で発表されたのは,金融当局と財政当局が自分たちの共通の目標を達成するために協調することが期待されることを念押しするためで,新たなインフレ目標の信頼性を強化するという明確な試みだった。

2013年4月4日,日銀はインフレ目標をどのようにして達成するつもりか説明を行った。つまりは量的・質的緩和(QQE)だ。QQEは(ほぼほぼ)標準的な金融政策で,例外だったのは通常の規模よりも大きなものだったことだ。すなわち,銀行預金準備(お金)を創り出し,それが今度は証券,基本的には国債,を購入するのにつかわれるというものだ。

当時,僕はこの政策が意図されたとおりにうまくいくか懐疑的だった。僕の疑念は今になっても薄らいでない。この記事ではその理由を説明しよう。僕の主張を簡単に言えば,日銀はインフレを上昇させようと考えていると思われるけれどもそれを行う力はあまりない,そして政府にはインフレを上昇させる力がある一方でそうしようと考えていないと思われる,というものだ。端的に言えば,必要な政策協調が欠けているように見える。 [Read more…]

タイラー・コーエン「女性議員は男性議員よりも有能か」

Tyler Cowen “Do Congresswomen Outperform Congressmen?” Marginal Revolution, August 22, 2018


というのが2011年に全米政治学ジャーナルに掲載されたサラ・F・アンジアとクリストファー・R・ベリーの論文だ。以下はその論文の要旨。

有権者が女性候補に対して投票しない傾向にあるなら,最も才能と勤勉さを備えた女性候補者のみが選挙プロセスを勝ち抜くだろう。 [Read more…]