経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「インドを訪れる観光客の数が思いのほか少ないのはなぜ?」(2017年3月30日)

●Alex Tabarrok, “Why Does India Have So Few Tourists?”(Marginal Revolution, March 30, 2017)


インドは観光地(観光サービスの供給者)として大いに有利な立場にあるが、その割にはインドの観光産業の規模はかなりこじんまりとしている。インドは持てる力を発揮し切れておらず、その持てる力を存分に発揮できていたら獲得できたはずの何百億ドルにも及ぶ外貨をみすみす見逃してしまっている。それだけの外貨があれば何百万もの民を貧困から救い出す一助となり得るのだ。

2016年にインドを訪れた外国人観光客の数はおよそ900万人で観光産業の外貨収入は年間でおよそ230億ドルに上る。一見すると、立派な数字に見える。観光産業はインドの輸出産業の中でも最も大規模な部門の一つであり、外貨収入で見るとアパレル産業(2014年度の外貨収入は174億ドル)や製薬産業(2014年度の外貨収入は139億ドル)といった主要な産業を凌駕している。しかしながら、実態をもう少し注意深く検証すると、インドの観光産業の規模はその潜在能力に比べてあまりに小さいことが明らかになってくる。

下の表は外国人観光客の受入数の多い国を1位から10位まで順番に並べたものだ(2015年度版)。1位はフランスで外国人観光客の年間の受入数は8450万人。その数はインドのおよそ10倍。フランスにスペイン、イタリア、ドイツ、イギリスといったヨーロッパの国々は地理的に近いこともあってお互いに助け合う格好となっている。相互に観光客が行き来しているのだ。メキシコにロシア、トルコといった国々を訪れる外国人観光客の数はインドのそれのおよそ3~5倍に上る。中国に関しては6倍超(中国を訪れる外国人観光客の数はインドのそれの6倍超)だ。

インドは外国人観光客の受入数に関しては劣勢にあるが、観光客1人あたりの観光収入(観光支出)ではかなりの好成績を収めている。・・・(略)・・・驚くことに、観光客1人あたりの観光収入(観光支出)で見るとインドは中国よりも上であり、米国とほとんど肩を並べている(その額何と2610ドル)。観光客の数では見劣りするものの観光客1人あたりの観光収入(観光支出)で健闘していることもあり、インドは観光収入総額のランキングで世界9位に食い込む結果となっている(10位はメキシコ)。インドを訪れる観光客一人ひとりは多額のお金を落としていっているわけであり、そのことがかえって(インドを訪れる)観光客の総数の少なさを際立たせる格好となっているのだ。

以上はインドのオンラインマガジンであるプラガティ(Pragati)に寄稿した拙記事からの引用だ。いくつかのごく簡単な改革に乗り出すだけでインドは観光収入を今よりも何百億ドルも増やすことが可能だ。「ごく簡単な改革」の中身1については記事をご覧いただきたいが、もう少し踏み込んだ話についてはアミット・ヴァルマ(Amit Varma)との対話を収めたポッドキャストをチェックしていただきたいと思う。

言うまでもないだろうが、「ごく簡単な改革」に乗り出さなくともインドにはもっと観光客がやってきてしかるべきだ。インドには目に焼き付けておくべきスポットがたくさんあるのだから。

まずはチットガーフォート(チットガー砦)にある寺院。

次にウダイプール市にあるサヘリオン・キ・バーリ庭園。下の写真はその庭園にある18世紀初頭に作られた噴水だ(重力で水が噴き出る仕組みになっている)。

最後にアジャンター石窟群。

  1. 訳注;外国人観光客に対するビザの免除(ビザ無しでもインドに入国できるようにする)。現在は外国人観光客がインドに入国するためにはビザが必要であり、ビザ取得の手続きが煩雑であるために観光客の数も伸び悩んでいる(「インドを訪れる観光客の数が思いのほか少ないのはなぜ?」という表題の問いに対する答え)というのがタバロックの見解。この点については本サイトで訳出されている次の記事も参照されたい。 ●アレックス・タバロック 「観光ビザの海外旅行抑止効果」(2018年1月9日) []

コメントを残す