経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「最低賃金を巡る秘話」

●Alex Tabarrok, “The secret history of the minimum wage”(Marginal Revolution, October 25, 2005)


20世紀初頭のアメリカで進歩派の知識人ら(progressives)が最低賃金の導入を訴えるとともに、労働時間や労働条件に対して法的な規制を加えるよう要求していたと聞いても何の驚きもないことだろう。進歩派という名にふさわしい行動であり、驚く要素など何一つ無い。しかし、進歩派がそのような労働法の制定を求めた理由を知れば驚くかもしれない。その理由とは? ヒント:進歩派の多くは労働法の適用対象を「女性、それも女性だけ」(”for women and for women only”)に限定していた。

当時の進歩派の知識人たち――具体的には、リチャード・エリー(Richard Ely)やルイス・ブランダイス(Louis Brandeis)、フェリックス・フランクファーター(Felix Frankfurter)、イギリスのウェッブ夫妻など――の関心は女性を擁護することにではなく、男性と人類一般を擁護することに置かれていた。彼らの目標は(最低賃金の導入をはじめとした労働法の制定を通じて)女性を家庭に引き戻すことにあったのである。女性が家庭の中にとどまることで「人類の母」(“mothers of the race”)としての優生学上の義務(eugenic duties)をよりよく果たせるようにすること、女性が賃金の得られる職を巡って男性と競い合わないようにすること1こそが彼らの目標だったのだ。

当時の進歩派は――今日の進歩派とは違って――働く女性を対象に最低賃金が導入されることになれば女性は職を失うことになるだろうと理解していた。そしてまさにそれこそが彼らの狙いだったのだ。女性の失業が増えれば増えるほど2社会にとっては好ましいと彼らは考えていたのだ。

最低賃金の導入を巡る秘話についてもっと詳しく知りたいという読者はトマス・レオナルド(Thomas Leonard)の論文 “Protecting Family and Race: The Progressive Case for Regulating Women’s Work(pdf)”を参照されたい。

  1. 訳注;女性が家庭の外で働かないようにすること []
  2. 訳注;家庭の外で働く女性が減って家庭の中にとどまる女性が増えるほど []

コメントを残す