経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「『経済学と哲学』という名の講義を受け持つことになったとしたら・・・」(2004年5月5日)

●Tyler Cowen, “Economics and Philosophy reading list”(Marginal Revolution, May 5, 2004)


大学で「経済学と哲学」と名付けられた講義を受け持つことになったとしたらどんな文献をリーディングリスト(課題図書一覧)に加えたらいいだろうか? ブラッド・デロング(Brad DeLong)がこちらのエントリーでその腹案を開陳している。私ならデレク・パーフィット(Derek Parfit)の『Reasons and Persons』(邦訳『理由と人格』)もリストに差し込むことだろう。あとはジャン=ジャック・ルソーも追加するかもしれない。ルソーは『人間不平等起源論』の中で「富」(wealth)と「厚生」(welfare)とを同一視することに疑問を呈している。さらにルソーによると、市場社会は皆をして「承認欲求の罠」に追いやる――誰もが他者からの承認を追い求めるものの、リスかご(走ると回転するかご)の中を必死に駆けているのと変わらない(徒労である)ことにやがては気付かされる羽目になる――とのこと。次にパーフィットに話を転じると、「功利主義(あるいはより一般的に帰結主義)は果たして世俗的な(世人の直観に訴える)道徳観念とソリが合うだろうか?」とはパーフィットが提起している問いだ。経済学上の論の進め方(議論の立て方)の特徴をより深く理解するためにマクロスキー(Deirdre McCloskey)のレトリック論(『The Rhetoric of Economics』/邦訳『レトリカル・エコノミクス』)も学生に読ませたいところだし、一人ひとりの選択が抱える複雑さを例証するためにトーマス・シェリング(Thomas Schelling)の「複数の私」論もリストに加えたいところだ。「複数の私」論についてはパーフィットも一枚噛んでくることになるだろう。講義の期間が全部で25週に及ぶようなら、プラトンの『国家』も講義で使うことだろう。『国家』の中には後世になって提起された議論(の萌芽)が実にたくさん含まれているのだ。

そうそう。そう言えば、2年前に経済学と哲学がテーマの講義を受け持ったことがあったんだっけ。

——————————————————————————————————-
【訳者による補足】ブラッド・デロングが開陳しているリーディングリストもついでに掲げておくとしよう。

●ジャック・ル=ゴフ(Jacques Le Goff), 『Your Money or Your Life: Economy and Religion in the Middle Ages』(邦訳『中世の高利貸』)
●トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes), 『Leviathan』(邦訳『リヴァイアサン』)の中から適宜抜粋
●ジョン・ロック(John Locke), 『Second Treatise of Government』(邦訳『統治二論』)
●アダム・スミス(Adam Smith), 『The Theory of Moral Sentiments』(邦訳『道徳感情論』)
●アダム・スミス(Adam Smith), 『An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations』(邦訳『国富論』)
●ジェレミー・ベンサム(Jeremy Bentham), 『An Introduction to the Principles of Morals and Legislation』(邦訳『道徳および立法の諸原理序説』)
●ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill), 『On Liberty』(邦訳『自由論』)
●ハル・ヴァリアン(Hal Varian), 『Intermediate Microeconomics』(邦訳『入門ミクロ経済学』)の29章~35章1
●フリードリヒ・ハイエク(Friedrich Hayek), 『The Constitution of Liberty』(邦訳『自由の条件』)
●ロバート・ノージック(Robert Nozick), 『Anarchy, State, and Utopia』(邦訳『アナーキー・国家・ユートピア』)
●ジェームズ・ブキャナン(James Buchanan)&ゴードン・タロック(Gordon Tullock), 『The Calculus of Consent』(邦訳『公共選択の理論――合意の経済論理』)
●ジョン・ロールズ(John Rawls), “Justice as Fairness”(pdf)
●ケネス・アロー(Kenneth Arrow), 『Social Choice and Individual Values』(邦訳『社会的選択と個人的評価』)
●アマルティア・セン(Amartya Sen), 『Development as Freedom』(邦訳『自由と経済開発』)
●デイヴィド・ゴティエ(David Gauthier), “The Social Contract as Ideology
●ヤン・エルスター(Jon Elster), “The Market and the Forum: Three Varieties of Political Theory”, in Elster and Hylland(eds.), 『Foundations of Social Choice Theory
●バーナード・ウィリアムズ(Bernard Williams), “The Idea of Equality”, in Lasslett and Runciman(eds.), 『Philosophy , Politics and Society(2nd Series)
●アマルティア・セン(Amartya Sen), “Equality of What?”(pdf)
●スティーブン・シャベル(Steven Shavell), “Economic Analysis of Welfare Economics, Morality and the Law
●ティボール・シトフスキー(Tibor Scitovsky), 『The Joyless Economy』(邦訳『人間の喜びと経済的価値』)
●ウィリアム・ボーモル(William Baumol), 『Welfare Economics and the Theory of the State

  1. 訳注;時代的におそらく第6版を指しているものと思われる。 []

コメントを残す