経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ノーベル経済学賞を手にしていない経済学者の中で最も偉大なのは誰?」(2010年4月13日)/「ケビン・マーフィーという切れ者」(2006年11月4日)

●Tyler Cowen, “Who are the best economists without a Nobel Prize?”(Marginal Revolution, April 13, 2010)


本ブログの熱心な読者の一人であるBob T.から次のような質問を頂戴した。

ノーベル経済学賞を手にしていない経済学者の中で最も偉大な学者は誰だと思われますか? アルチャン(Armen Alchian)でしょうか? タロック(Gordon Tullock)でしょうか? ティブー(Charles Tiebout)でしょうか? それともバロー(Robert Barro)でしょうか?

個人的には上の面々に加えてアルバート・ハーシュマン(Albert Hirschman)アンソニー・ダウンズ(Anthony Downs)も候補に挙げたいところだ。他には誰がいるだろうか? ケビン・マーフィー(Kevin Murphy)はどうだろうか? 彼は従来のノーベル賞の枠にはうまくはまらないタイプの学者ではあるが、並外れた「経済学者」(規範的な問題(「~であるべき」)とは距離を置いて実証的な問題(「~である」)に専心する「実証経済学者としての経済学者」)の一人であることは確かだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Profile of Kevin Murphy”(Marginal Revolution, November 4, 2006)


「ケビン・マーフィーはアメリカで一番頭が切れる経済学者だ」と多くの人々が口を揃えて評している。

「ケビンは僕ら(経済学)の世界で断トツの切れ者なんだ」。そう語るのは『ヤバい経済学』の著者として知られるスティーヴン・レヴィット。・・・(略)・・・「切れ者と評判の人間と深く付き合うようになってそいつのことに詳しくなればなるほどあまり利口には見えなくなってくる。そんなことが往々にしてあるものだけれど、ケビンの場合はそれとは真反対なんだ1。ケビンは地球上で一番頭が切れる経済学者と広く認められているだけじゃない。ケビンは調子の悪い冷蔵庫を独力で修理できちゃう手腕の持ち主でもあるんだ」。

マーフィーがこれまでに書き上げて学術誌に掲載された論文の数は60本を超えているが、そのいずれもが揃いも揃って他の同僚との共著というかたちをとっている。当該の記事ではその理由についても説明されている。この記事はクレイグ・ニューマークとスティーヴン・レヴィットに教えてもらったものだ。

(追記)レヴィット&ダブナーの二人(「ヤバい経済学」コンビ)が「気候の経済学」をテーマにした記事をニューヨーク・タイムズ紙に寄稿している。是非とも一読されたい。

  1. 訳注;ケビンのことを詳しく知れば知るほどますます賢く見えてくる、という意味。 []

コメントを残す