経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「住民の多くが放射性廃棄物貯蔵施設の受け入れに同意するのはどんな時?」

●Tyler Cowen, “When are people OK with nuclear waste?”(Marginal Revolution, June 20, 2013)


スイスでつい最近実施された研究の一つによると、その答えは同意の有無を確認された時だということだ。一方で、(放射性廃棄物貯蔵)施設の建設と引き換えに(建設予定地の住民に対して)金銭的な補償の支給が提案される場合には同意は得にくくなるという。

時は1990年代の初頭、スイスでは放射性廃棄物貯蔵施設をどの地に建設するかを巡って国民投票が行われようとしていた。スイスの市民はこの問題について一人一人が強固な意見を持ち合わせており、熱心に情報収集に努めていた。そのような状況の下、ブルーノ・フライ(Bruno Frey)とフェリックス・オーバーホルツァー=ジー(Felix Oberholzer-Gee)の2名の社会科学者は建設候補地となっている地域の一つにある家々を一軒ずつ訪ねて回り、貯蔵施設の受け入れに同意する気があるかどうかを尋ねた。その結果はというと、何と驚くことに回答者の50%が「イエス」(受け入れに同意する)と答えたのであった。貯蔵施設の危険性が広く理解されていただけではなく、貯蔵施設の受け入れに伴ってその地域の不動産価格が下落する可能性があると認識されていたにもかかわらず、そんなにも多くの住民が同意の姿勢を示したのである。現に放射性廃棄物が存在する以上はそれを貯蔵するための施設をどこかに建設せねばならない。好むと好まざるとにかかわらず、貯蔵施設を受け入れることが市民としての義務だ。「イエス」と答えた住民はそのような思いに突き動かされたのかもしれない。

フライとオーバーホルツァー=ジーは先ほどとは異なる住民に対しても同じく貯蔵施設の受け入れに同意するかどうかを尋ねて回ったが、今回は次のように質問の内容を若干変更した。「貯蔵施設の受け入れと引き換えにスイスの平均的な労働者が手にする給与の6週間分に相当する補償金が毎年支払われるとします。その場合、あなたは貯蔵施設の受け入れに同意しますか?」。つまりは、「市民としての義務を果たす」という理由に加えて「イエス」(受け入れに同意する)と答える理由がさらにもう一つ――金銭的なインセンティブ――追加されたわけである。さて、回答の結果はというと、「イエス」と答えたのは何と全体のわずか25%だけだったのだ。金銭的なインセンティブが付け加わった結果として受け入れへの同意が半減することになったわけだ。

全文はこちらである。(「仮に金銭的な補償が支払われるとすればどうしますか?」と単に口頭で尋ねられるだけにとどまらず)実際にも金銭的な補償が支払われる場合には結果は違ってくるかもしれないが、その点に留意した上でこの結果をどのように解釈したらいいだろうか? まず第一に、シグナリングに基づく解釈があり得るだろう。「お金を払うから貯蔵施設の受け入れに同意してくれないか?」と持ち掛けられると、「この施設は相当危険に違いない」との警戒が呼び起こされるかもしれない1。あるいは次のような可能性もある。金銭的な補償の支払いと引き換えに貯蔵施設の受け入れに同意すると、お金と引き換えにコミュニティの安全を犠牲にするのも厭わない人物と見なされる恐れがある2。周囲からそのような目で見られることは避けたいところだろう3。(シグナリングに基づく解釈とは別の)第二の解釈としては、複数の理由が互いに打ち消し合いを起こしたという可能性があるだろう。複数の理由が共存する場合、それらは足し合わされて強め合うとは限らず、相殺し合うことになるかもしれない。「金銭的な補償の支払い」(“being paid”)という理由が「貯蔵施設の受け入れ要請(その意思の確認)」(“being asked”)というもう一つの理由を打ち消す効果を持った可能性があるわけだ4

アラン・アルダ(Alan Alda)やマイケル・サンデル(Michael Sandel)らが参加したこちらのイベントでも商業化に伴う負の効果5がシェイクスピアの劇を絡めるかたちで話題にされている。あわせて参照されたい。

  1. 訳注;金銭的な補償の支払いが貯蔵施設の危険性を示すシグナルとなるということ。金銭的な補償の支払いが約束されると、「この施設は思っている以上に危険なのではないか」との警戒を招くことになり、その結果貯蔵施設の受け入れが拒否されるということ。 []
  2. 訳注;金銭的な補償の支払いと引き換えに貯蔵施設の受け入れに同意すると、「あいつはお金と引き換えに(コミュニティの安全をはじめとして)何でも手放すような奴だ」というシグナルを周囲に送る(あるいは周囲からそのように解釈される)恐れがあるということ。 []
  3. 訳注;つまりは、「あいつはお金と引き換えに(コミュニティの安全をはじめとして)何でも手放すような奴だ」と見られたくはないがために(金銭的な補償の支給を伴った)貯蔵施設の受け入れを拒否するということ。 []
  4. 訳注;“being asked”には「市民としての義務を果たす」という意味も込められているとすると、“being asked”を理由として貯蔵施設の受け入れに同意するということは使命感に突き動かされた反応と見なすことができる。言い換えると、「内発的な動機付け」(intrinsic motivation)を原因とした反応と見なすことができるだろう。一方で、“being paid”は金銭的なインセンティブを指しており、本人の外側から与えられた誘因という意味で外的なインセンティブ(external incentive)と見なすことができる。このような言い換えが妥当だとすると、ここでコーエンは「外的なインセンティブ」が「内発的な動機付け」を挫く(「外的なインセンティブ」が「内発的な動機付け」をクラウドアウトする)可能性を指摘していることになる。「外的なインセンティブ」と「内発的な動機付け」との間の複雑な相互作用についてはエントリー内での引用記事で言及されているブルーノ・フライがかねてより積極的に取り組んでいる話題でもある。例えば次の論文を参照のこと。 ●Bruno S. Frey and Reto Jegen(2001), “Motivation Crowding Theory”(Journal of Economic Surveys, Volume 15, Issue 5, pp.589–611;ワーキングぺーパー版はこちら(pdf)) なお、フライはこのテーマに関する研究成果を一冊の本にまとめている。次の本がそれである。 ●Bruno Frey著 『Not Just for the Money: An Economic Theory of Personal Motivation』 []
  5. 訳注;金銭的なインセンティブ(外的なインセンティブ)が人々のやる気(内発的な動機付け)を挫く効果 []

コメントを残す