経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「笑い ~声を出して笑うのはなぜ?~」(2003年12月27日)

●Tyler Cowen, “Laughter”(Marginal Revolution, December 27, 2003)


「笑い」(laughter;声を出して笑うこと)は疑いもなく社会的な活動(振る舞い)である。「笑い(声を出して笑うこと)は『他者に対するシグナル』として進化してきたものです。一人きりの時には声を出して笑うことは滅多にありません」。そう語るのはメリーランド大学で神経科学を研究しているロバート・プロバイン(Robert Provine)氏だ。プロバイン氏は『Laughter: A Scientific Investigation』の著者でもある。・・・(略)・・・日常生活で声を出して笑うとすれば、それは滑稽なジョークへの反応としてよりは相手の放つごくありふれた発言――「そろそろ行かなきゃ」といったような――への柔和な応答というかたちをとる場合が大半である。笑い(笑い声)は(人と人との結束を強める)「社会的な接着剤」の一種であるというわけだが、そのような見方と整合的な事実は他にもいくつもある。例えば、赤ん坊がクスクス(と声を出して)笑い出すのは生後3~4ヶ月あたりだが、生後3~4ヶ月といえば赤ん坊が他人の顔を識別できるようになる時期にあたっている。また、一緒にいる相手が誰かによっても笑い方に違いが出てくる。男性が一緒にいる相手が同性(男性)だとそうではない場合(女性と一緒にいる場合)よりも長く笑うし笑い声も大きい傾向にあるが、男性同士が一緒にいる場合は笑い(笑い声)は相手との絆を示す手段となっている可能性がある。異性同士が一緒の場合は女性の方が男性よりもよく笑う(女性は男性のほぼ1.5倍笑う)し、女性の方が男性よりも高い声で笑う傾向にあるが、この場合は笑い(笑い声)は相手(男性)への好意あるいは従順さを示す手段となっている可能性がある。

プロバインのアイデアを手短にまとめた記事はこちら1でも読める。そう言えば、上司が笑うと部下もみんな笑うものだ。嘘の笑い声を出すのに比べると嘘の笑顔(作り笑い)を浮かべる方が簡単なように思えるが、(笑顔ではなく)笑い声(声を出して笑うこと)が相手との絆の強さを示すシグナルとして進化してきた理由の一つはこの点(偽るのが難しいという点)も関係しているのかもしれない。

「くすぐり」はどう位置付けられるのだろうか? プロバインによると、くすぐり(に伴うあえぎ声)こそが笑い(笑い声)の起源であり、くすぐりはくすぐる側とくすぐられる側との間で相手を信頼していることを伝達し合う手段として機能しているという。私のような疑い深い経済学者にはあまりに機能主義的な説明のように思えるところだ。ところで、私はくすぐられるのが嫌いだ。

冒頭の文章はニュー・サイエンティスト誌(2003年12月20日号)から引用したものだ。記事の所在を教えてくれたロビン・ハンソンに感謝。

  1. 訳注;リンク切れ。こちらのリンクが代わりになるかもしれない。 []

コメントを残す