経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「靴の鉄則」

●Tyler Cowen, “The Iron Law of Shoes”(Marginal Revolution, June 17, 2012)


かねてよりダニエル・クライン(Daniel Klein)との間で「靴の鉄則」(The Iron Law of Shoes)と呼び合っている法則があるのだが、どうやらその法則を裏付ける研究があるようだ。Omri GillathとAngela J. Bahns、Fiona Ge、そしてChristian S. Crandallによる共同研究がそれだ。

極めて些細な外見上の特徴であっても第三者がそれを見てその人の性格や身分(社会的な地位)、政治的な態度を正確に判断できるヒントとなる。本論文では外見上の特徴として「靴」に着目し、靴だけをヒントにして第三者がどれだけ正確に見知らぬ相手の属性を判断できるかを調査した。まず靴の持ち主には日頃よく履く自分の靴の写真を持ち寄ってもらい、自らの属性について自己評価してもらった。そして我々実験者の側で靴をいくつかの次元1に分けて数値化し、その数値と靴の持ち主による(自分の属性についての)自己評価とを照らし合わせたところ、両者の間には相関が見られることが確認された。次に第三者に靴の写真だけを見てもらった上でその靴の持ち主の属性を評価してもらったところ、靴の持ち主の年齢や性別、所得が正確に予測されただけではなく、愛着不安2の程度に関して第三者の評価と靴の持ち主自身による自己評価との間に強い相関が確認された。少なくともいくつかの側面に関しては靴は他人を評価する手段となり得るようである。

論文のタイトルは“Shoes as a Source of First Impressions(pdf)”(「第一印象の源泉しての靴」)と題されている。twitter上でこの論文の存在に気付かせてくれた@StreeterRyanに感謝する。

  1. 訳注;ヒールの高さや靴の明るさ、色合い、ブランド品かどうか、新しいかどうかなど計17の次元 []
  2. 訳注;恋人をはじめとした親しい相手に自分のことが軽んじられているのではないかという不安 []

コメントを残す