経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「J・K・ローリングは自分の正体のヒントに経済学者の名前を利用していた?」

●Tyler Cowen, “Did J.K. Rowling use an economist clue for her pseudonym?”(Marginal Revolution, July 26, 2013)


Language Logの回答は「イエス」ということだ。(ハリー・ポッターシリーズの著者として知られる)ローリングが自らの正体を偽って新たに出版した本(探偵小説)のペンネームはロバート・ガルブレイス(Robert Galbraith)だが、どうして経済学者の名前がヒントとなっていると言えるのかについてLanguage Logは次のように語っている。

ヒントは名前の並びにある。ローリングの人生を通じて最も有名な「ガルブレイス」は、疑いもなくジョン・ケネス・ガルブレイス(John Kenneth Galbraith)である。カナダ出身のリベラルな経済学者であり、ケネディ政権下で外交官を務め、ハーバード大学の経済学教授であったあのガルブレイスである。彼のイニシャルは・・・そう、J.K. このように指摘されても、「あっ」と気付かない人がいるだろうか? さあ、悔しがるがいいさ。

全文はこちらを参照してほしい。ところで、ローリング自身はこれとはちょっと違った説明をしているようだ。

ローリング女史の説明によると、今回彼女が選んだ「ロバート・ガルブレイス」というペンネームは2人の人物の名前を組み合わせたものだという。そのうちの一人は彼女にとってヒーロー的な存在であるロバート・F・ケネディ(Robert F. Kennedy)であり、もう一人は彼女がまだ幼かった頃に自分で思い付いた空想上の名前であるエラ・ガルブレイス(Ella Galbraith)だということだ。

なぜ男性のペンネームを選んだかというと、「できるだけ自分自身から遠い」人格で本を執筆しようと考えたからだという。また、彼女は次のようにも語った。「アメリカの経済学者であり、2006年に逝去したジョン・ケネス・ガルブレイスと最初の2つのイニシャル(J.K.)が同じであることについ最近になって気付いたんですが、このことが自分の正体のヒントとなってしまうのではないかと冷や冷やしました。」

しかし、私にとってはヒントとはならなかった。とはいえ、先週スコットランドに滞在していた際にこの本を購入することができたわけだけれど-エディンバラ空港の書店の一角に寂しげに積まれていたのである-。


コメントを残す