経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ティム・ハーフォード 「クリスマスにまつわるエトセトラ ~陰鬱な科学が送るアドバイス(その3)~」

●Tim Harford, “Seasonal advice from the dismal science, Part 3 of 3”(Marginal Revolution, December 22, 2005;(その1)の拙訳はこちら、(その2)の拙訳はこちら


*来年のクリスマスギフトは来週ではなく来年の12月に買うべし

これから月末にかけて歳末セールの誘惑が一層強まるにつれて、しっかりと家計簿を管理している人であっても大売出しの垂れ幕についつい引き寄せられてしまいそうになることだろう。しかしその誘惑にはどうにか抵抗してほしい。安値で商品を手に入れることができて得をしたと思うかもしれないが、それと引き換えに時とともにかさむコストを負担しなくてはならなくなるのだ。(商品を買わずに貯蓄しておけば得られたはずの)金利収入や商品の保管に伴う費用だけがそのコストというわけではない。それより何より悪いことは(来年のクリスマスに向けてあらかじめ早めに商品を買うことで)柔軟性(融通性)が失われてしまうことにある。来年のクリスマスギフト用にと考えて慎重に商品を選んだとしても、その時(来年のクリスマス)までに友人の好みが変わっていたりすれば、せっかく買っておいた商品を捨てなければならない場合も出てくるのだ。柔軟性というのは価値あるものであり、価値あるもののために何らかのコストを負担すること1 は何も悪いことではないのである。
————————————————-

*新年の抱負をより確実に達成するためにあらかじめ手を打つべし

「ダイエット(減量)というのは事実上自分自身との知恵比べだ」と指摘したのはトマス・シェリング(Thomas Schelling)である。体型の変化に敏感な「ダイエット氏」と意志の弱い――機会さえあればすぐにチョコレートに手を伸ばす――「大食漢氏」とが一人の人間の中で主導権を握ろうとせめぎ合っているというわけだ。初歩的なゲーム理論によると、ダイエット氏は戦略的なプレコミットメント(strategic pre-commitment)を利用することで大食漢氏とのバトルを自らに有利に運ぶことができる。プレコミットメントの例としては友人との次のような賭けが考えられるだろう。「目標;20ポンド痩せる。目標が達成できなければチャリティに200ドルを寄付すること」。あるいはこんな賭けも考えられるだろう。「目標;10ポンド痩せる。目標が達成できなければマーサ・スチュワート(をはじめとした嫌いな人物や嫌いな団体)に200ドルを寄付すること」
————————————————-

*アラン・グリーンスパンを新たなサンタクロースに任命しよう

「サンタは君がいい子にしてたかどうか知っている。だからいい子にしといたほうがいいぞ。」(“He knows if you’ve been bad or good, so be good for goodness’ sake.”)。ヘヴン・ギレスピー(Haven Gillespie)の有名な詞2 はサンタの正体を仄めかしている。脱脂綿のヒゲをはがすとそこに現れるのはクリント・イーストウッド(Clint Eastwood)の顔!・・・なんて冗談はさておいて、子供が可愛いあまりサンタは悪い子に予告通りに罰を課す3  ことができないということは誰もが知るところである。当然悪い子もそのことは承知しており、それゆえ親の脅し4 は子供から無視される羽目になるだろう。ノーベル経済学賞受賞者の フィン・キドランド(Finn Kydland)とエドワード・プレスコット(Edward Prescott) はまさにこういった脅し(や約束)の信頼性(credibility)を巡る問題(脅しが信頼されるかどうか? 信頼されないとしたらどういう結果が待っているか?)を見通していた。とは言っても、彼らが研究の対象としたのは枕元の靴下ではなく金融政策に関わる信頼性の問題だったのだが・・・。しかし、原理は同じだ。中央銀行による物価安定の約束は信頼されない可能性があり、そのためにインフレが生じる恐れがあるのだが5 、ポール・ボルカー(Paul Volcker)やアラン・グリーンスパン(Alan Greenspan)といった厳格な人物をFRB議長の座に招くことでインフレの問題は解決されることになったのであった。グリーンスパンがFRB議長を退任するタイミングが近付いているが6 、彼に次に就いてもらうべきポストは明らかだろう。サンタクロースである。優しくて愚かなあの老人に代わってグリーンスパンが新しいサンタを務めることになれば、子供たちはいい子でなきゃいけないと知っていい子でいようと努めるし7、枕元の靴下にはこれまで通りサンタからのプレゼントが届けられるし、といいことづくめの結果が待っていることだろう。
————————————————-

メリー・クリスマス!

  1. 訳注;安くで商品を購入できる機会を見過ごすという意味。来年のクリスマスギフトを今年のうちに歳末セールで安く手に入れておくのではなく、ギフトを渡す直前(来年の12月)に定価(あるいは割引されていたとしてもその程度が小さい価格)で購入するという意味。  []
  2. 訳注;”Santa Claus Is Coming To Town”(「サンタが街にやってくる」) []
  3. 訳注;罰を課す=悪い子にはプレゼントをあげない []
  4. 訳注;「いい子にしていないとサンタさんからプレゼント貰えないわよ。それでもいいの?」 []
  5. 訳注;詳しくは例えばこちらを参照あれ。 []
  6. 訳注;この記事が書かれたのは2005年であることに注意。もうとっくの昔に辞めてます。 []
  7. 訳注;その理由は、「厳格な」グリーンスパンサンタの脅し(「悪い子にはプレゼントをあげないぞ」)はこれまでのサンタの脅しとは違って嘘偽りのないものであり、いい子にしていないとプレゼントがもらえないと広く信じられるため []

コメントを残す