経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「今の世代のインテリたちが目の前の戦争にその身を捧げようとしないのはなぜ?」(2009年8月30日)

●Mark Thoma, ““Why Doesn’t This Generation’s Intellectuals Fight This Generation’s Wars?””(Economist’s View, August 30, 2009)


今の世代のインテリたちは戦争にその身を捧げる意思なんて持ち合わせていないと言えるかどうかはわからないが、とりあえずそうだということにしておこう。さて、その理由は何だろうか?

Cowards, every single one of us?” by Chris Blattman:

20世紀初頭に起きたスペイン内戦では西洋の知的エリート(知識人)層の面々は我先にと戦場に赴いていった。第二次世界大戦についても同じくそうだったと言えるだろう。しかしながら、今現在はどうだろうか? 今の世代の知的エリートたちが先を争って戦場に赴く姿を想像するのは難しい。一体全体何があったのだろうか?

・・・(中略)・・・

今の世代のインテリ(知識人)たちがそこにある(目の前の)戦争にその身を捧げようとしないのはなぜなのだろうか?

一人残らず「臆病者」になったから?

その可能性もあるが、その他にいくつかの仮説が思い浮かぶ。

私の中の「経済学者としての私」はこう語る。「比較優位」が関係しているのではないか、と。戦争の勝敗を左右する上でテクノロジーが果たす重要性は時とともにますます高まってきている。高い教育を受けた知的エリートの愛国者の中に戦争にその身を捧げる意思を固めた人物が仮にいたとしても賢明な政府であればその人物を戦地に送るのではなく(その人物が比較優位を持っている)軍事技術の開発や諜報活動の分野に割り振ることだろう。

理想に燃える知的エリートを獲得する上で軍隊は昔よりも激しい「競争」にさらされるようになってきている、ということもある。過去60年の間に国際的な活動を展開するNGOの数は物凄い勢いで(10,000%近い伸び率で)増えてきている。「不正義」と闘うことを志す人間が選べる選択肢の数は昔と比べて大きく増えているのだ。

軍隊は我々にとってもはや居心地のよい場所ではない。知的エリートたちの間でそのような認識が共有されるようになっているというのもある(その認識は思い込みではなくおそらく真実を捉えたものだろう)。どうしてそのような認識が広まるようになったのだろうか? 上で挙げた「比較優位」や「競争」の帰結ということなのだろうか? 

知的エリートたちは過去3世代にわたってガンジーやキング牧師の例を目撃し、非暴力主義の教えに触れてきた。これも一因かもしれない。

・・・(中略)・・・

個人的に一番しっくりくる仮説を最後に述べておくとしよう。今の戦争はイデオロギー上の対立ではなく宗教上の対立という性格が強い、というのがそれだ。スペイン内戦は「左派 vs ファシズム」という図式で争われた戦争だった。左派が搾取されている労働者階級の側に立って争われた戦争だった。西洋社会のあり方を巡って争われた戦争だった。心(ハート&マインド)を賭けた争いは今の西洋社会の内部には見られないのだ。

皆さんはどう考えるだろうか?

ベトナム戦争は宗教上の対立ではなくイデオロギー上の対立(共産主義への対抗)という性格を備えていたと言えるだろうが、知的エリートたちがベトナムにある戦場に我先にと赴くようなことはなかった。そういうわけで、ブラットマン(Chris Blattman)が最後に挙げている仮説がどこまで正しいかは疑問だ。とは言え、それに代わるような適当な仮説を持ち合わせているわけでもない。「今の世代のインテリたちは戦争にその身を捧げる意思なんて持ち合わせていない」というのは果たして正しいのだろうか? 仮に正しいとすればその理由は何だろうか? 皆さんはどう思われるだろうか?


コメントを残す