経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「シェイクスピアのお値段の変遷」(2005年9月17日)/ アレックス・タバロック 「セックスと暴力」(2004年7月12日)

●Tyler Cowen, “The changing value of Shakespeare”(Marginal Revolution, September 17, 2005)


ウィリアム・シェイクスピア全集の出版権の値段(オークションでの落札価格)の変遷は以下の通り。

1709年:200ポンドを大幅に下回る(と推測される)

1734年:675ポンド未満(と推測される)

1741年:1,630ポンド

1765年:3,462ポンド

1774年(永続的な著作権が失効した年):オークションの履歴なし

以上のデータはウィリアム・スト・クレア(William St. Clair)の『The Reading Nation in the Romantic Period』から転載したものだ。 印刷文化の勃興と商業革命を扱った本は数多いが、その仕事の徹底さにしてもデータ分析の詳細さにしても本書は類書のどれよりも抜きん出ている。驚異的な一冊だ。本書についての詳しい情報はこちらも参照されたい。本書を通じて学んだのだが、イギリスの初期の著作権法は書物(文学作品)の値段を高止まりさせる役割を果たし、そのために一般の人々は書物をなかなか入手できずにいたようだ。

——————————————————————————————————-

●Alex Tabarrok, “Sex and violence” (Marginal Revolution, July 12, 2004)


ポール・シーブライトの『The Company of Strangers』(邦訳『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』)では人類の進化の歴史に関するこれまでの研究の蓄積を踏まえた上で経済を支える様々な制度に検証のメスが入れられている。例えば、人類には暴力に駆り立てられる傾向が埋め込まれているが、その傾向と「分業」とはあまりに対照的だ。そのことを思うと「分業」が現実に可能となることの驚きもいや増すことになる。ジョン・マクミランの『Reinventing the Bazaar』(邦訳『市場を創る』)だとかスティーブン・ピンカーの『The Blank Slate』(邦訳『人間の本性を考える』)だとかで取り上げられている話題に通じているようであれば本書の内容の多くには目新しさは感じないだろうが、フレーズの選び方にしても他の文献からの引用にしても著者のシーブライトの才覚が光っている。例えば、以下の引用をご覧いただきたい。これまでに私はシーブライトのようにシェイクスピアを額面通りに受け取ったことは一度としてなかったものだ。

同じ種に属する同性のよそ者(何のつながりもない相手)を殺せば恋敵が減ることになる。この事実は暴力には性的興奮が伴いがちであることのもっともらしい説明になるように思われる。〔オスに備わる〕暴力的な傾向は残念ながら何らかの病を抱えたマイノリティーだけに見られる病理現象なのではなく・・・(略)・・・、また、オスの暴力的な傾向はメスに備わっている(決して普遍的とは言えないが、違いを生み出すに十分なだけの)傾向、すなわち、力比べの場面で相手を凌ぐ実力を見せたオスに性的な魅力を感じて惹きつけられる傾向にも支えられて長い時間を経て徐々に強められることにもなった。シェイクスピアはこのことをよくわかっていた。アジャンクールの戦いが迫る中、シェイクスピアは仲間の兵士を前にしたヘンリー五世に次のように語らせている。

 故国で今頃床に就いている紳士諸君は

 今ここに居合わせなかったことを口惜しく思うばかりか、

 男としての面目が潰される思いがして肩を落とすに違いない。

 ここにいる我々の仲間の誰かが聖クリスピンの祭日に戦った思い出を口にするたびに。

アレックス・タバロック 「行動経済学の知見が巧みに表現されている歌詞と言えば?」(2010年2月25日)

●Alex Tabarrok, “Behavioral Economics in Song”(Marginal Revolution, February 25, 2010)


リアム・デラネイ(Liam Delaney)ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)の『The Yeah Yeah Yeah Song』を「『行動経済学ソングの殿堂』の中でも名誉ある地位を占める一曲」に推している。その理由は、「自分がやりたいことを曲げずにやる。それってとっても危険なことなんだ。だって自分自身のことなんてわかりっこないんだから」(it is a very dangerous thing to do exactly what you want because you cannot know yourself;歌詞の一部)ということを思い出させてくれているからだという。

私としてはクリス・スミザー(Chris Smither)の『Hey, Hey, Hey』をライバルとして擁立したいところだ。歌詞の一部はこんな感じだ。

君はすぐにも僕に向かってこう尋ねるだろうね。私の人生はどうしてそこまで幸せじゃないの? どうして私の要求は満たされないままなの?って。「私の要求」とやらについて語る君。まるでそれ(自分の要求、自分が欲していること)が何なのかすっかりお見通しだとでもいわんばかりに。でもね、君の要求の中身を本気で知ろうとするのは星に向かって旅するみたいものなんだよ。それって物凄く時間がかかることなんだ。答えがわかる前に君は死んでしまうことだろうね。だから僕は君にこう答えるんだよ。ヘイヘイヘイって。

(Pretty soon you’re gonna ask me, How come the life you lead, Doesn’t make you very happy, Or satisfy your needs, You talk about your needs as though You know just what they are, When in fact to really know them, Is like traveling to a star, It takes so long you die along the way, So I say hey, hey, hey.)

私がかつて書いた論文の一つ――たいしたインパクトは持たなかったが――では「選好の発見」(自分の好みを探り当てる)という営為がいかにして経済学上の様々な概念に修正を迫る可能性があるかを考察しているが、その論文を書くにあたって感化を与えてくれたのが上で引用したばかりの歌詞なのだ。

他に何かお薦めの曲はないだろうか?

アレックス・タバロック「オンライン・デートで人種間の結婚は増えたか?」

[Alex Tabarrok, “Does Online Dating Increase Racial Intermarriages?” Marginal Revolution, October 11, 2017]

今日,新たに結婚する人たちのだいたい3分の1は,オンラインで出会ったカップルだ.オンライン・デートには,おもしろい特徴がある――まるっきり見ず知らずの人とマッチングされやすいんだ.これに比べて,たとえば友人からの紹介で引き合わされたり教会で知り合ったり地元のバーで出会ったりといった他のマッチング手法だと,すでになんらかのネットワーク内でつながりのある相手とマッチングされやすい.このため,オンライン・デートが盛んになってきたことで,いろんなネットワークで人々がお互いに結びつけられる方法が大幅に変わっている見込みが大きい.Ortega と Hergovich は,単純なモデルを考案している:

本稿では,ゲール=シャプリー結婚問題を考察する.この状況設定では,エージェントたちが属す人種や地域社会がさまざまに異なっている場合がある.あらゆる人種のあらゆるエージェントたちが無作為に同じユニット・スクエアに配される.エージェントたちは,じぶんにいちばん近い人物と結婚したがるのだが,結婚できる相手はじぶんが知っている相手にかぎられる.つまり,つながりのある相手としか結婚できない.実生活と同じく,エージェントたちは同じ人種のエージェントたちと非常につながりが強い一方で,他人種とはつながりがとぼしい.

理論と無作為シミュレーションを駆使して著者2人が見出したのは,オンライン・デートによって人種間の結婚が急速に増加するということだ.こういう結果になるのは,たんに,オンラインだと人種のちがう相手とマッチングされる場合があるからだけではない.ひとたび〔人種がちがう男女の〕カップルが一組結婚すると,新郎新婦それぞれの友人たちが伝統的な手法でマッチングされて結婚する確率が高まるからでもある.弱いつながりの強さとは,それまでかけはなれていたネットワークどうしをもっとつなげるのに必要な弱いつながりはそんなむちゃくちゃ多くないという点だ.

白人・黒人・ヒスパニック系・アジア系・アメリカンインディアンや混血の人どうしの結婚を含むものとして定義される人種間結婚は,遅くとも1960年代には増え始めていたけれど,著者たちは下記のグラフを使ってこう主張している――オンライン・デートの登場と普及にともなって伸び率が増加した.2009年の Tinder 登場以後に人種間結婚が大幅に増えてる点に注目!
(これが複合的な影響によるものではない説得力ある論証を著者たちは展開している.)

オンライン・デートによって結婚相手候補の人数が増えるため,オンライン・デートのないモデルでの相手候補たちよりも選好空間で平均的に「もっと近しい」人どうしでの結婚につながる.このため,彼らのモデルでは,オンライン・デートは離婚率を下げるはずだと予想される.この仮説を裏付ける証拠もいくらかある:

Cacioppo et al. (2013) によれば,オンラインで成立した結婚だと夫婦が離婚しにくく,結婚生活への満足度も高くなりやすい.彼らが用いたのは,2005年から2012年までに結婚したアメリカ人 19,131名の標本だ.著者らによると:「オンラインで結婚相手に出会った場合,平均でみると,伝統的な(オフラインの)結婚事例に比べて,結婚生活への満足度がわずかながら高くなる一方で離婚にいたる率は低くなっている.

このモデルは,他のいろんな潜在的ネットワークにも当てはまる.

感謝: MIT Technology Review.

アレックス・タバロック「リチャード・セイラーがノーベル賞を獲得!」

Alex Tabarrok “Richard Thaler Wins Nobel!Marginal Revolution, October 9, 2017


リチャード・セイラーが行動経済学によりノーベル賞を受賞した!非常に素晴らしいというだけでなく,私の人生をより快適にしてくれる決定だ。その理由を読者諸兄もおそらくは知っているだろう。というのも,みんながどれだけ定年のために貯蓄をするか,どのように税金を払うか,腎臓をドナー提供するかどうかは,彼の業績の影響を既に受けている可能性があるからだ。イギリスでは,セイラーの業績は行動経済学を公共政策に応用しているBehavioral Insights Teamの着想の基ひとつとなった。2010年にこの団体が設立されて以降,アメリカを含む多くの国で同様の団体が結成されている。 [Read more…]

アレックス・タバロック 「夫も妻もノーベル賞受賞者」(2015年2月14日)

●Alex Tabarrok, “Valentine’s Day Nobel Puzzle”(Marginal Revolution, February 14, 2015)


バレンタインデーのクイズだ。夫も妻もともにノーベル賞を受賞している夫婦がこれまでに5組存在する。どの夫婦かわかるだろうか?

ヒントを一つ。5組の夫婦のうち4組は共同でノーベル賞を受賞している。残りの一組の夫婦はお互いに別々でノーベル賞を受賞しており、どちらか一方はノーベル経済学賞の受賞者だ1

  1. 訳注;共同受賞組の4組の夫婦は、ピエール・キュリー&マリ・キュリー夫婦(1903年度ノーベル物理学賞;アンリ・ベクレルを加えた3名での共同受賞)、フレデリック・ジョリオ=キュリー&イレーヌ・ジョリオ=キュリー夫婦(1935年度ノーベル化学賞;ちなみに、イレーヌ・ジョリオ=キュリーはピエール・キュリー&マリ・キュリー夫婦の間に生まれた娘)、カール・コリ&ゲルティー・コリ夫婦(1947年度ノーベル生理学・医学賞;バーナード・ウッセイを加えた3名での共同受賞)、エドバルド・モーセル&マイブリット・モーセル夫婦(2014年度ノーベル生理学・医学賞;ジョン・オキーフを加えた3名での共同受賞)。残りの一組(夫と妻がお互いに別々でノーベル賞を受賞しているケース)はグンナー・ミュルダール&アルバ・ミュルダール夫婦。夫のグンナー・ミュルダールは1974年にフリードリヒ・ハイエクと共同でノーベル経済学賞を受賞しており、妻のアルバ・ミュルダールは1982年にアルフォンソ・ガルシア・ロブレスと共同でノーベル平和賞を受賞している。詳しくはノーベル財団の公式サイトにあるこちらのページも参照のこと。 []

アレックス・タバロック「グーグル都市」

[Alex Tabarrok, “Google City!,” Marginal Revolution, September 21, 2017]

Amazonは新しい本社を建てる都市を探してるそうだ.ちっちゃいねぇ.グーグルは都市をつくろうとしてる.『フィナンシャル・タイムズ』の記事から:
[Read more…]

アレックス・タバロック「貴重な体液を輸入するカナダ」

[Alex Tabarrok, “Canada Imports Precious Bodily Fluids,” Marginal Revolution, September 14, 2017]

2004年に,カナダでは精子を提供した人に対価を支払うのが禁止され,ぼくが2003年に予想していたとおりにものすごい不足につながった(ぼくのポスト「カナダの一大精子不足」(英文)を参照).カナダ人のピーター・ジャロウスキーが最新事情の記事を書いている(なんとも妙なことに掲載誌は USA Today だ):
[Read more…]

アレックス・タバロック「理系科目の男女差はみんなが思ってるようなのじゃないよ」

[Alex Tabarrok, “The Gender Gap in STEM is NOT What You Think,” Marginal Revolution, September 12, 2017]

NBER の新しい論文 (pdf) で David Card と Abigail Payne が STEM〔科学・技術・工学・数学〕の男女差についておどろきの新しい説明を提示している.通説だと,そうした男女差は女性に関わることであり,いろんな力がはたらいて――〔全般的な〕差別,性差別,適性,選択…お好みの要因をどうぞ――女性が STEM 分野で勉強しにくくなっているのだと考える.Card と Payne が言うには,男女差のかなりの部分は男性たちと彼らの問題に関わるものだ.少なくとも,彼らが出している研究結果をぼくはそう解釈してるけど,どうも著者たちはじぶんたちが出した研究結果がどう通説と衝突するのかはっきり言っていないように思える.(ぼくが論文を誤読しちゃってるから? どうかな.)
[Read more…]

アレックス・タバロック「テスラの《破損品》問題:価格差別の一例」

[Alex Tabarrok, “Tesla’s Damaged Goods Problem,” Marginal Revolution, September 10, 2017]

TechCrunch: テスラはフロリダの同社車両の一部にソフトウェア・アップデートを配信した.このアップデートで,対象車両はほんのちょおぉぉぉ~っとばかり航続距離を伸ばせる.これで,オーナーはハリケーン《イルマ》による災害現場からずっと遠くまで避難できるようになるって寸法だ.

[Read more…]

アレックス・タバロック「ヒューストンの洪水,用途地域制度,開発」

[Alex Tabarrok, “Houston Flooding and Zoning and Development,” Marginal Revolution, September 1, 2017]

ヒューストンの洪水を引き起こした原因について,あれこれと戯言が書かれている.反移民派の人たちは,移民がわるいと非難している.反開発派の人たちは開発がわるいと非難している.反トランプ派の人たちは共和党がわるいと非難している.

でも,事実を言えば,都市が建設されていらい,ヒューストンはずっと洪水にあってきた.さらに言うと,〔2005年に大災害を起こしたハリケーンの〕カトリーナとちがって洪水対策システムは大半が想定どおりに機能した――たとえばあふれかえる水をハイウェイに逃がしたのもその一例だ.問題は,とにかく水が多すぎたという点にある.

Phil Magness が秀逸な記事を書いて詳細を記してくれている.以下は Magness による文章だ.〔引用だが〕インデントはつけない.
[Read more…]