経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

フランシス・ウーリー「銃を陳腐化する」(2018年3月5日)

Frances Woolley, “Making Guns Obsolete” (Worthwhile Canadian Initiative, March 5, … [Continue reading]

ビル・ミッチェル「明示的財政ファイナンス(OMF)は財政政策に対するイデオロギー的な蔑視を払拭する」(2016年7月28日)

Bill Mitchell, “Overt Monetary Financing would flush out the ideological disdain for fiscal policy“, Bill Mitchell – billy blog, July 28, 2016.   3人の金融機関系の経済学者(二人はBIS、一人はタイ中央銀行)が書いたHelicopter money: The illusion of a free lunch … [Continue reading]

ジェームズ・ハミルトン 「エコな日本?」(2007年7月9日)

●James Hamilton, “Energy use in Japan”(Econbrowser, July 9, … [Continue reading]

タイラー・コーエン「本の紹介:セシリア・ヘイズ『認知ガジェット』」

[Tyler Cowen, “*Cognitive Gadgets*,” Marginal Revolution, March 30, 2018] ハーバード/ベルクナップから、セシリア・ヘイズの新著『認知ガジェット』が刊行された。副題は、「思考の文化的進化」だ。ときに文意が汲みにくいところもあるものの、重要な一冊だ。それに、きっと今年の社会科学本でいちばん思慮深い一冊となるだろう。 … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「なぞなぞ:リバタリアンとペドフィリア(小児性愛者)の共通点ってなーんだ?」(2014年4月22日)

What do libertarians and pedophiles have in common? Posted by Joseph Heath on April 22, 2014 | political … [Continue reading]

タイラー・コーエン「ウクライナ: 何が間違っていたか、そしてどう立て直すか」(2015年5月)

[Tyler Cowen, "*Ukraine: What Went Wrong With It and How to Fix It,*" Marginal Revolution, May 22, 2015]   これはアンダース・オースランドの新しい本であり、全面的に参考になる。以下は私が学んだいくつかのことである。   ウクライナの若者の80%が何らかの高等教育を受ける。 … [Continue reading]

ジェームズ・ハミルトン 「東京で目の当たりにした英語表記の数々」(2007年7月10日)

●James Hamilton, “English for fun and profit”(Econbrowser, July 10, … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「財政規則: 政治と経済」(2014年6月)

[Simon Wren-Lewis, "Fiscal rules: politics and economics," Mainly Macro, June 21, 2014] ジョナサン・ポーツと私が執筆した記事が『プロスペクト』誌に掲載されている。財政規則に関する私たちのディスカッションペーパー(これやこれを参照)を短く要約した記事だ。このポストでは、この論文を使って、政治と経済の相互作用について2点ばかり所見を述べたい。 … [Continue reading]

タイラー・コーエン「サムナーにおすすめの東京情報」

Tyler Cowen, “My Tokyo Advice to Scott Sumner,” Marginal Revolution, March 26, … [Continue reading]

サイモン・レン=ルイス「産出ギャップはもはやインフレ圧力の十分な統計ではない」

[Simon Wren-Lewis, "The Output Gap is no longer a sufficient statistic for inflationary pressure," Mainly Macro, March 23, 2018] 予算責任局 (OBR) … [Continue reading]