経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ジョセフ・ヒース『私の考えを一変させるに至った10冊』(2015年7月5日)

10 books that blew my mind Posted by Joseph Heath on July 5, 2015 | … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「笑い ~声を出して笑うのはなぜ?~」(2003年12月27日)

●Tyler Cowen, “Laughter”(Marginal Revolution, December 27, 2003) 「笑い」(laughter;声を出して笑うこと)は疑いもなく社会的な活動(振る舞い)である。「笑い(声を出して笑うこと)は『他者に対するシグナル』として進化してきたものです。一人きりの時には声を出して笑うことは滅多にありません」。そう語るのはメリーランド大学で神経科学を研究しているロバート・プロバイン(Robert … [Continue reading]

アレックス・タバロック「インドはアメリカより起業の盛んな社会だ(そして,それが問題だ)」

[Alex Tabarrok, "India is a much more Entrepreneurial Society than the United States (and that’s a problem)," Margianl Revolution, March 9, … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース「ナオミ・クラインの気候問題論」(2015年3月6日)

Joseph Heath, "Naomi Klein: This Changes Everything",  In Due Course, March 6, … [Continue reading]

タイラー・コーエン 「女性の声の高さには文化差がある?」(2006年9月5日)

●Tyler Cowen, “What does voice pitch indicate?”(Marginal Revolution, September 5, … [Continue reading]

アレックス・タバロック「移民医師」

[Alex Tabarrok, "Immigrant Doctors," Marginal Revolution, March 7, 2017] アメリカの内科医の1パーセントは,ドナルド・トランプの新たな大統領令で対象とされた6ヶ国の出身者だ.驚くほど高い数字だとぼくは思った.「移民医師プロジェクト」(Immigrant Doctors Project) … [Continue reading]

アレックス・タバロック 「トランプとヒラリーの性別が逆だったら」(2017年3月8日)

●Alex Tabarrok, “Gender Reversal Teaches Uncomfortable Lessons”(Marginal Revolution, March 8, … [Continue reading]

スコット・サムナー 「影響の不安 ~誰かに『影響』を与える(誰かの『影響』を受ける)ということ~」(2012年9月18日)

●Scott Sumner, “The anxiety of influence”(TheMoneyIllusion, September 18, 2012) (( 訳注;原エントリーのタイトルの“The anxiety of influence”(「影響の不安」)はハロルド・ブルームの同名の本からとられたもの。)) 名目GDP目標というアイデアの影響経路――名目GDP目標というアイデアは誰から誰にどのようにして伝わったのか?――を探る試みが盛んなようだ。ビル・ウールジー(Bill … [Continue reading]

ニック・ロウ 「『穏やかさ』の(経済的な)恩恵」(2009年1月14日)

●Nick Rowe, “The (economic) benefits of civility”(Worthwhile Canadian Initiative, January 14, 2009) 論争(例えば、経済問題がテーマの論争)で「穏やかさ」を保つことには3つの恩恵があるように思われる。 1. … [Continue reading]

ジョセフ・ヒース『パンクは死んでいない』(2016年3月21日)

Punk’s not dead… Posted by Joseph Heath on March 21, 2016 | culture 「反逆の神話」を書いたおかげで、音楽や文化についての意見を今でも求められることがあります。いつもは断りますが、イギリスの音楽ライターであるジェミリー・アレンが持ってきたアイデアに興味を引かれたので、この記事 ((訳注:音楽ライターのジェミリー・アレンによる「パンクはゴミだ。パンクは何も変えなかった」という記事を指す。)) … [Continue reading]