経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「『ドクター・フー』とともに時を超えた旅へ」(2009年12月4日)

●Alex Tabarrok, “Time Travel with Doctor Who”(Marginal Revolution, December 4, 2009)


私がまだ10歳か11歳のちびっ子だった頃の話だ。その当時私の家族はイングランドにある小さな町に住んでいたのだが、学校から自宅まで続く田舎道をブラックベリーをモグモグしながら下校したことを思い出す。父親と一緒にテレビで『ドクター・フー』(Doctor Who)〔日本語版のウィキペディアはこちら〕を見るのがお決まりになっていたが、それもいい思い出だ。「ドクター」の周りでは毎週のようにミステリー(不思議な出来事)や危険な出来事が巻き起こる。ストーリーの進行につれて徐々に緊迫度が高まり、それとともに私の胸も高鳴るばかり。しかし、「ドクター」の前に突如として憎っくき「サイバーマン」(最悪の場合は「ダーレク」)が立ちはだかるや、私はもう怒り心頭だ。ちょうどそこで番組は終わる(至極当然な話だ)。「なんてこったい!」と頭を抱えてもがき苦しむちびっ子の私。来週まで待つことができず、その日の夜はベッドの中で悶々とする羽目になる。「『ドクター』は果たして無事に生き延びることができるだろうか?」とあれこれ想像をめぐらせながら恐怖で身震いせざるを得ないのだ。tom-baker-postcard-v1-large-213x300

トム・ベイカー(Tom Baker)演じる4代目の「ドクター」が私にとっての「ドクター」(“My Doctor”)だ。彼のトレードマークといえば首に巻かれている物凄く長いスカーフだが、当時の私はすっかりそのスカーフのとりこになってしまった。祖母にそっくりなスカーフを編んでもらってどこに行くにもそのスカーフを首に巻いていたものだ。カナダに引っ越してきて周りが誰も『ドクター・フー』のことなんて知らなくても私の首にはそのスカーフが変わらず巻かれ続けていたものだ。

つい最近になって再び『ドクター・フー』を定期的に見るようになった。最新のシリーズではデイヴィッド・テナント(David Tennant)が10代目の「ドクター」を演じている。私の個人的な意見だが、彼(テナント)はベイカー以後では最もはまり役だと思う。

david-tennant-in-his-doctor-who-role-257x300父親と一緒に『ドクター・フー』を見ていたあの頃から四半世紀以上が経っているわけだが、今度は息子と一緒に『ドクター・フー』を見ている。上のお兄ちゃんは(あの頃の私と同じく)10歳から11歳になる年頃のちびっ子だが、「ドクター」が様々なミステリーや危険な出来事に立ち向かっていく姿を見て胸を高鳴らせている。「ドクター」が絶体絶命のシーンで番組が終わると「なんてこったい!」と椅子から飛び上り(どこかで見た光景だ)、「物事はそんなに簡単じゃない」と自分を落ち着かせている。

最新シーズンの最終回ではかつての仲間だった「サラ・ジェーン」が再登場する。30年近く前に「ドクター」(4代目のドクター) と苦楽をともにしたあの「サラ・ジェーン」が再び「ドクター」(10代目のドクター)の仲間に加わったのだ。それもその「サラ・ジェーン」を演じているのはあの頃と同じ女優(エリザベス・スレイデン)ときている――私と同じだけ年を重ね、あの頃よりは老けているが――。父親と一緒に『ドクター・フー』を見ていたあの頃とそっくりそのままに息子と一緒に『ドクター・フー』を見ていると時間や年齢のことに思いを馳せずにはいられない。子供の頃に抱いていた夢がどれだけ実現しただろうと我が身を省みらずにはいられない。居間は薄暗くされ、部屋の中ではテレビから漏れる光がちらついている。この空間はまるでターディスの内部のようだ。息子と一緒に『ドクター・フー』を見ながら私はタイムマシンに乗って時間旅行に出掛けているのだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください