経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「お金持ちは睡眠上手?」/タイラー・コーエン 「睡眠時間が最も長い国はどこ?」

●Alex Tabarrok, “The Rich Sleep Efficiently”(Marginal Revolution, September 12, 2006)


アメリカン・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー(American Journal of Epidemiology)誌に掲載されたばかりの論文によると、所得が高い人(お金持ち)ほど睡眠の効率が良い(睡眠上手)ということだ。とは言っても、お金持ちは短い睡眠時間でも体を休める術を体得しているというわけではない――実のところ、お金持ちは貧しい人よりも睡眠時間が長い――。お金持ちは貧しい人と比べて睡眠潜時(sleep latency)――入眠に要する(寝床に入ってから眠りにつくまでに要する)時間――が短く、そういう意味で睡眠の効率が良いのだ。

inv_fig2University of Chicago Magazineより転載

「お前はどうなんだ?」ですと? お金は持ってなくはないが、睡眠に関してはどうやら貧乏人に括られるようだ1

この話題に気付くきっかけをくれたロビン・ハンソン(Robin Hanson)に感謝。
——————————————————————

●Tyler Cowen, “Cultures of sleep, and which is the “most awake” nation?”(Marginal Revolution, May 11, 2009)


ここのところ(2009年5月現在)経済学ブログの界隈では「食事にかける時間が最も長い国はどこか?」という話題で盛り上がっているようだ。そのきっかけはOECD(経済協力開発機構)による余暇の過ごし方に関する調査(Society at a Glance 2009)にあるが、この調査では国ごとの睡眠の実態も対象となっている。この点についてウォール・ストリート・ジャーナル紙は次のように伝えている。

OECDが発表したばかりの生活習慣に関する調査の結果によると、OECD加盟国(のうち調査対象となった18ヶ国)の中で睡眠時間が最も長い国はフランスだということだ。

フランスの1日あたり平均睡眠時間は530分。2番目に睡眠時間が長い国はアメリカで1日あたりの平均睡眠時間は518分ということだ。それとは対照的に、睡眠時間が最も短い(「最も目が冴えている」)国は韓国で1日あたりの平均睡眠時間は469分という結果になっている2

同調査によると、OECD加盟国の中で最も社交的な国はトルコということになるようだ。また、ニュージーランドはスポーツが盛んな国というイメージを持たれているが、そのようなステレオタイプは間違いの可能性がある(同調査によると、ニュージーランド人はスポーツにそれほど時間を費やしてはいないことが明らかとなっている)。さらには、

10代の少女のうちで飲酒を複数回にわたって行った経験があると答えた割合が最も高かった国はイギリスであり、10代の若者のうちで喫煙を複数回にわたって行った経験があると答えた割合が最も高かった国はオーストリアという結果になっている。

10代の若者の飲酒の実態については詳しくは「危険行動」(“Risky Behavior”)の欄をご覧いただきたいが、この調査によるとアメリカの10代の少年は(OECD加盟国全体における)同年代の少年の中でもお酒とは最も無縁ということだ。

調査結果の簡潔な要約はこちらを参照されたい。

  1. 訳注;睡眠効率が悪い(=寝付きが悪い)という意味 []
  2. 訳注;日本人の1日あたり平均睡眠時間は470分で韓国の次に睡眠時間が短い国(18ヶ国中17位)という結果になっている。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください