経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「オリンピックゲーム理論」

●Alex Tabarrok, “Olympic Game Theory”(Marginal Revolution, August 11, 2012)


のろのろとゆっくり走ってレースに勝つにはどうしたらいいだろうか? その秘訣を知りたければ、こちらの映像をご覧になればよいだろう。この映像は自転車トラックレース個人スプリントのワールドカップ(UCIトラックワールドカップ2011-2012、ロンドン大会)の試合の模様を収めたものだが(似たようなシーンはオリンピックでも目にすることができる)、スタートの合図とともに世界でもトップレベルの速さを誇る2名の選手が限界ぎりぎりまで「速度を落として」スタートを切る。その姿はまるでモンティ・パイソンの世界から飛び出してきたかのようだ。速度を限界まで落としきってその場にピタッと停止するに至るようなケースもあるということだ。

本ブログの熱心な読者の一人であるAndy Garinがこのようなおかしな光景が生まれる理由を次のように分析している。

スプリントの試合ではドラフト走行はかなり有利な戦術になります。前を走る選手は後ろを走る選手から風よけ役として利用され、そのために体力が急速な勢いで削られることになるのです。そこで少なくとも最終ラップ(最後の一周)になるまではどちらの選手も自分が前に出ないようにできる限りスピードを落とすことになりますが――「最終ラップになるまでは」とことわった理由は、最終ラップでは相手よりも前を走ってもドラフト走行をしても(相手の後ろにピッタリくっついて走っても)有利さの点で違いはないからです――、どちらのスピードもあまりに遅いために両者ともに相手を風よけ役として利用できないということになるのです。

ここで注意していただきたいのは、このような状況が生じる理由はレースに参加する選手の数が2名に限定されていることにあるという点です。ツール・ド・フランスのような大勢の選手が参加するロードレースの場合(あるいはスプリントと同じトラックレースでも2名を超える複数の選手が参加するケイリン――ケイリンもオリンピックの競技です――の場合)だと、1人の選手のスピードはその他の選手のインセンティブにほんの些細な影響しか及ぼしません。一方で、2名の選手が1対1のタイマンで勝負するスプリントの試合では複占市場におけるベルトラン競争と似たような状況が生じることになり、一方の選手の戦略はもう一方の選手が採る戦略に大いに依存することになります。つまりは、最初の2周は相手よりも「安値を付ける」(相手の後ろにピッタリとつけて走る)ことが常に好ましい戦略となるのです。そしてお互いに相手よりも少しでも「安値を付けよう」と画策する結果、どちらの選手もともにのろのろと走る何ともおかしな均衡に辿り着くことになるわけです。

バトミントンの試合でわざと負けようとしたあの例のケースとは異なり、スプリントのレースに臨む選手たちはあくまでも勝つために速度を落としている。そのためいくらのろのろと走ったところで「スポーツマンシップに反する」と非難されることはないものの、観客たちは眼前で何ともおかしな光景が繰り広げられる様を目にすることになるというわけだ。

ところで、スプリントの団体戦(チームスプリント)ではわざと転倒するというケースもあるようだ。この度(2012年に)開催されたロンドンオリンピックでもそのような事態が起こったばかりだ。

「転倒しちゃいましたね。再スタートを狙ってあえて転倒したんですけどね。金メダルを獲りたくて。転んじゃった。正直なところ、何もかも計画通りだったんですけどね。」 レース直後にフィリップ・ヒンデス(Philip Hindes)選手はこのように語ったと伝えられている。しかしながら、その後しばらくして行われた公式の記者会見の席上では「自転車のコントロールを失って転倒した」とコメントを修正している。

・・・中国チームのコーチを務めるフランス国籍のダニエル・モレロン氏はAP通信のインタビューに対して次のように語った。「彼(ヒンデス)は本当のことを口にすべきではなかった。わざと転倒するというのはゲームの一部であることは確かだが、そのことを口外しちゃだめなんだ。」

ヒンデス選手が名を連ねるイギリスチームは決勝まで勝ち進み見事優勝を果たした。わざと転倒(クラッシュ)することで金メダルを手にすることもできるというわけだ。

なんとまあ、自転車レースって銀行業みたいじゃないか!1

  1. 訳注;タバロックの真意はわからないが、金融危機の原因となった(クラッシュを生み出すことになった)としても政府による(公的資金の注入等を通じた)救済(ベイルアウト)によって自分たちだけは抜け抜けと経営危機を免れることのある銀行業を揶揄しようとの意図があるのかもしれない。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください