経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「サバ本位制 ~囚人同士の交換を仲介するサバという名の貨幣~」/タイラー・コーエン 「誘発的技術革新の実例 ~刑務所内における発明の数々~」

●Alex Tabarrok, “The Economic Organization of a Prison”(Marginal Revolution, October 2, 2008)


第二次世界大戦中の戦争捕虜収容所でタバコが交換手段(貨幣)の役割を果たすことになった経緯についてはこの有名な論文1で詳しく論じられているが(赤十字によるタバコの配給の多寡によって収容所内でブーム(好況)やスランプ(停滞)が発生するなんてこともあったようだ)、タバコはアメリカ国内の刑務所内でも長い間にわたって貨幣の役割を務めていた。しかしながら、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のこの優れた記事によると、今現在においてはタバコではなくサバ(鯖)が囚人の間で交換手段(貨幣)として通用するようになっているということだ。

元囚人や囚人向けのコンサルティング業務を手がける業者が語るところによると、連邦刑務所内では2004年頃からサバを貨幣とするサバ本位制がその姿を露にし出したという。2004年というのは連邦刑務所内での喫煙が禁止され、タバコ――それまで貨幣の役割を務めていた商品――を刑務所内に持ち込むことができなくなった時期にあたる。

囚人たちにはドルの代わりとなるものがどうしても必要だった。というのは、刑務所内に現金を持ち込むことは禁じられているからである。刑務作業で得た給与(連邦刑務局によると、時給は最高で40セントということである)や家族からの仕送りは特別な口座に振り込まれることになり、囚人たちが刑務所内の売店で食料や日用品を購入するとその口座から代金が引き落とされる決まりになっている。刑務所内での喫煙が禁じられて以降、囚人たちは売店で購入できる商品の中からタバコに代わる貨幣を探し始めることになったが、・・・(中略)・・・、連邦刑務所の多くではサバ(サバ缶)が貨幣として選ばれるに至っている。

個人的に次の文章はお気に入りだ。サバを納入する業者の手に莫大なシニョリッジ(貨幣発行益)が発生しているらしい。

ムンツ氏が語るところでは、連邦刑務所内の売店に納入したサバ(サバ缶、真空パックに詰められたサバ)の総額は昨年1年間で100万ドルを超えるという。サバの売り上げはツナ缶やカニ缶、チキン缶、カキ(牡蠣)缶のいずれの売り上げをも上回っており、ムンツ氏が連邦刑務所内の売店向けに納入した商品の売り上げ総額のおよそ半分はサバの売り上げで占められているという。

ツナ缶をはじめとした少々値が張るご馳走とは違ってサバはドルの代わりにもってこいの品だと語るのは元囚人の一人である。その理由はというと、サバは1缶(あるいは1パック)あたり1ドル程度で購入でき、サバを好き好んで食べたがる囚人なんて――重量挙げにはまっていてプロテインに飢えている人物を除けば――ほとんどいないからだという。

この記事の存在を教えてくれたBrandon Fullerに感謝する。
———————————————————————————————————————

●Tyler Cowen, “Induced innovation in prisons”(Marginal Revolution, September 6, 2003)


Wiredのこちらの大変興味深い記事で創意工夫に満ち溢れた囚人のエピソードが紹介されている。刑務所というのは資源が極めて限られている環境だが、囚人たちは珍奇な道具の発明を通じて乏しい資源を最大限に利用しているのだ。

アンジェロはカリフォルニア州の刑務所に収監されている囚人の一人だが、コーヒーが飲みたくてたまらなかった。しかしながら残念なことに、インスタントコーヒーを作るために使われる電気ヒーター(浸漬ヒーター)は刑務所内への持ち込みが禁止されている。その時、同じ監房に入っていた仲間の一人が奇妙なモノを作り始めた。しばらくして出来上がったその代物は熱で溶けた歯ブラシ数本と輪ゴム、そしてノートのバインダーとして使われていた金具を素材とする電気ヒーター・・・のようなものだった。

この電気ヒーターもどきのおかげでアンジェロはフォルジャーズのインスタントコーヒーをちびちび飲む楽しみを享受できたのだった。

アンジェロによる刑務所内の事細かな観察記録を基にして制作された『Prisoners’ Inventions』〔この本のオンラインサポートサイトも大変興味深いものであり、チェックすることをお薦めする。アンジェロが紙に描いた発明品の絵をはじめとして様々な情報が提供されている;コーエンによる挿入〕では即席の電気ヒーターをはじめとしたおよそ80品に及ぶ(刑務所内で生み出された)発明品が紹介されている。この本はシカゴを拠点とするアート集団であるTemporary Servicesとアンジェロ(というのは本名ではなく仮名だが)が協力して制作されたものだが、この本の中では囚人たちが砂糖水とトイレットペーパーを原料としてサイコロを作り上げる様や刑務所内の照明を使ってビーフジャーキーを乾燥させる姿、タバスコが入っていた瓶をシャワーヘッドに様変わりさせる見事な手際、監房内の机の上でグリルドチーズサンドイッチをこしらえる手腕が描き出されている。

Temporary Servicesのメンバーの一人は次のように語っている。「囚人が発明するものといえば、脱走(脱獄)に役立つものか、気分がハイになる手助けとなるもの、あるいは気に入らない相手(囚人)を殺す上で役立つものくらいに限られている。巷の映画ではしばしばそのように描かれるものです」2

それにしてもこの話を読んでいると旧ソ連時代のエンジニアのことを思い出さずにはいられない。

StingerImmersionHeater3

『Prisoners’ Inventions』のオンラインサポートサイトより転載

  1. 訳注;この論文については本サイトで訳出されている次の記事でその概要を知ることができる。 ●フランシス・ウーリー 「戦争捕虜収容所の経済学」(2013年11月22日) []
  2. 訳注;しかし、アンジェロがその目で見た現実の刑務所内の光景は映画の中で描かれている光景とは違っている・・・という意味の発言。 []

Comments

  1. RADCUTEUS says:

    マヤの遺産むづかしい。。
    檻の中でも『わー持て身を(keep high)』びた、お子様ランチを!かな。激安のイオンでもよくこんな感じのmonoとかが売っている。きっとオイディプス方面への欲望。だのぃ。ほんとキーがあるとすれば、そこだなァ・・・。
    おもしろい記事の解放をありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください