経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「バーナンキ議長が大暴露 ~紙幣なんてただの紙切れに過ぎないんです~」(2010年2月17日)/タイラー・コーエン 「『ジ・オニオン』の記事を真に受けた例 ~うそはうそであると見抜ける人でないと・・・~」(2012年9月30日)

●Alex Tabarrok, “The Dangers of Common Knowledge”(Marginal Revolution, February 17, 2010)


【ワシントン】今週に入って、アメリカ経済はその機能を完全に停止するに至った。そのきっかけは、ベン・バーナンキFRB議長(2010年当時)による、「『貨幣』という存在の根源にまつわる」思いもよらない発言にある。貨幣なんていうのは、無価値な存在であり、社会的に構築された幻想に過ぎない。バーナンキ議長の発言をきっかけに、アメリカ国民はそう気付かされたのだ。

・・・(略)・・・「現段階では、政策金利を引き上げる予定はありませんが、もちろん、状況に応じて、適切に対応するつもりです。仮にですが、仮に、・・・ええと、・・・」。そこまで言い及ぶと、バーナンキ議長はしばらく口をつぐみ、用意してきた原稿に目を落とした。そして、何もかも信じられないといった様子で頭を左右に振りつつ、ゆっくりと語り始めた。「ご理解されていますかね? 気にする必要なんて無いんですよ。こいつ、いわゆる『お金』と呼ばれてるこいつですがね、こいつには何の重要性もないんですよ」。

両目をクワッと大きく見開いたバーナンキ議長は、自身の財布の中から紙幣を取り出し、ゆっくりと目の前に掲げた。そして、こう続けたのである。「幻想に過ぎないんですよ。こいつらを見てください。何の変哲もないただの紙切れに、数字が書き込まれているだけです。何の価値もないんですよ」。

その場に居合わせた目撃者の証言によると、上院財政委員会の面々は、雷に打たれたような衝撃を受け、しばらく口を開くこともできなかったという。その静寂を破ったのは、オリン・ハッチ上院議員(ユタ州選出の上院議員。共和党所属)の叫び声。「何てことだ! 議長の言う通りだ。何もかもが幻影なんだ。お金にしても、経済にしても、すべてがまやかしなんだ」。

それから間もなくして、議事堂には金切り声が響き渡ることになった。その場にいた上院議員に、メディア関係者を加えた面々が、一目散に出口に向けて駆け出したのだ。誰もいなくなった議事堂には、ビリビリに破かれた紙幣があちこちに散乱していたという。

と、『ジ・オニオン』が報じている。全文はこちらだ。

———————————————————————————————————

●Tyler Cowen, “Fooled by satire”(Marginal Revolution, September 30, 2012)


『ジ・オニオン』が拵(こしら)えた架空の調査結果を、イランの通信社が事実として報じた。「バラク・オバマとマフムード・アフマディーネジャード(イラン大統領)が選挙で争ったとしたら、どちらに票を投じるかを問うたところ、アメリカ国内の田舎に暮らす白人の大半が、アフマディーネジャードに票を投じると答えた」というのが、『ジ・オニオン』による架空の調査結果の内容。

『ジ・オニオン』の(皮肉を込めた)偽記事を、一言一句違わずにそっくりそのまま報じたのは、イランの半国営通信社Farsの英語版サイト。

『ジ・オニオン』の記事では、アフマディーネジャードとなら一緒に野球の試合を見に行ってもいいと語る架空の人物(ウェストバージニア在住のデール・スウィデルスク氏)が拵えられているが、Farsの英語版サイトでは、その架空の人物の発言――「アフマディーネジャードは、国防というものを真剣に考えています。オバマは、ゲイのデモ隊が国防問題に口出しするのを容認しましたが、アフマディーネジャードなら、そんなこと絶対に許さないでしょうからね」――も、そっくりそのまま引用されている。

全文はこちらだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください