経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「ペルツマン効果」

●Alex Tabarrok, “The Peltzman Effect”(Marginal revolution, July 6, 2010)/“The Peltzman Effect in Children”(Marginal revolution, March 29, 2014)


.CSVブログでペルツマン効果の具体例が紹介されている。

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)はボランティアを募った上で走行中の車線から逸脱した際に自動的に進路を修正する性能を備えたテスト車の試験運転を行い、試験終了後にドライバーにテスト車の印象についてインタビューを行っている。NHTSAが公表している報告書には試験に参加した20歳前後の女性が語ったコメントの要旨が記載されている――インタビューを担当した検査官の顔には「これはまずい」と焦りの色が見え隠れしていたに違いないが、そのことについては報告書ではもちろん触れられていない――。

その女性ドライバーはテスト車の性能を高く称えた上で自分の車にも是非ともこの性能が搭載されて欲しいと語っている。そして次のようなコメントが続く。「これまでは車で街まで出てきてお酒を飲んだ夜は友人の家に一泊しなきゃいけなかったけれど、この性能があればもうその必要はないわ。自分で車を運転してすぐに家に戻れるわ」。

ペルツマン効果は「安全性を高めるような試みは無駄」(安全性が高まっても常に無効化される運命にある)ということをまでは説いてはいないものの、安全性(ないしはリスク)の変化に対する人々の反応を見過ごすべからずとの忠告を与えてはくれているのだ。

——————————————————————

ミドルセックス大学でリスク管理の研究に従事しているデイビッド・ボール(David Ball)は公園(をはじめとした遊び場)での子供の事故の実態を捉えるために統計データの調査に乗り出した。その調査の結果はというと、イギリスでもアメリカと同様の現象が確認されたという。ボールは次のように語る。「衝撃吸収マットの導入をはじめとして公園の安全を確保する試みが積極的に進められているにもかかわらず、そのような試みは子供の身の安全性を高める上では見るべき効果をもたらしてはいません」。ところで、公園での事故としては頭部の怪我よりも長骨骨折の方がずっとありふれているわけだが、ボールの調査結果によると長骨骨折は増加傾向にあるという。このような事実は「リスク補償」(あるいはペルツマン効果)と呼ばれる理論によって説明可能である。「下には衝撃吸収マットが敷いてある。だから遊具から落っこちてもどうってことない」。子供たちはそう考えてかつてよりも慎重ではなくなり、そのために怪我が増えるというわけだ。

以上の文章はハンナ・ロージン(Hanna Rosin)がアトランティック誌に寄稿している「保護され過ぎな子供たち」(“The Overprotected Kid”)と題された記事からの引用である。

ペルツマン効果についてはWikipediaも参照されたい。


コメントを残す