経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「労働、所有権、ジョン・ロック ~あなたが雪かきしてできた駐車スペースは誰のもの?~」(2010年2月10日)

●Alex Tabarrok, “John Locke in Washington”(Marginal Revolution, February 10, 2010)


猛吹雪(スノーポカリプス)の中からやっとのことで愛車を救い出した市民たちの前に立ち塞がる、何とも厄介な道徳上のジレンマ。火花散るひと悶着を引き起こしかねないジレンマだ。道路脇に停めていた愛車を「氷の墓」から(せっせと雪かきして)救い出したとしよう。あなたが雪かきした後にできたスペース(車一台分の駐車スペース)は、一体誰のものなのだろうか? 太陽が道路脇の雪を溶かしてしまうまでは、「あなたのもの」(あなたの愛車を停めてもよい駐車スペース)なのだろうか?

ワシントンの冬は、比較的穏やかなことが多い。そのため、先述の疑問への解答を与えてくれるような吹雪時のマナーは、ワシントン市民の間では定着するに至っていない。

それとは対照的なのが、(吹雪に見舞われるのが珍しくない)ボストン。ボストン市では、雪かきという重労働の見返りを手にする権利が法律で擁護されているのだ。あなたが(道路脇に停めていた)愛車を「氷の墓」から雪かきして救い出し、雪かきした後にできたスペースに椅子だとかの目印を置いたとしよう。ボストン市の条例では、仕事に行くためにその場(雪かきした後にできたスペース)を離れている間も、目印が置かれたそのスペースを「あなたのもの」とする権利が少なくとも2日間は認められているのである。

ワシントン・ポスト紙の記事より引用(ドナルド・マロン経由で知ったもの)。

(追記)フレッド・マケズニー(Fred McChesney)によるこちらの論説もあわせて参照されたい。「雪かき」という労働に焦点を当てて、そこから「所有権」に関する一般的な教訓が引き出されている。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください