経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「宇宙旅行への道は険し」

●Alex Tabarrok, “Space Tourism Still Not Ready for Flight”(Marginal Revolution, November 1, 2014)


「今後10年のうちに10万人が宇宙に旅立つことになるでしょう」。バート・ルータン(Burt Rutan)がそう予測したのは10年前のことだが、その当時私は「宇宙旅行はもうすぐそこ?」(“Is Space Tourism Ready for Takeoff?”)と題された記事を執筆し、かなりの反響を呼ぶことになった。当時の私の答えは「ノー」というものだったが、それは今も変わらない。

宇宙旅行を巡るビジョン(構想)の数々には確かにワクワクさせられるが、宇宙旅行はビジネスとして成り立つ段階にはまだ至っていないと言わざるを得ない。障害となっているのは金銭面の問題ではなく――宇宙旅行のためならば大枚をはたくことも厭わない大富豪は大勢いる――、安全面の問題だ。端的に言って、宇宙ロケットは人類がこれまでに開発した移動手段の中でも一番危険な乗り物である。アメリカでは1980年以降に地球の軌道を回るロケット(スペースシャトルは除く)が440機打ち上げられているが、そのうちのおよそ5%は完全な失敗――爆発ないしは軌道から大きく外れて制御不能――に終わっている。スペースシャトルはそれに比べると幾分か良好な成績を残してはいる。スペースシャトルの打ち上げはこれまでに113回行われているが、そのうち事故が発生したのは2回である。宇宙旅行ができるなら100~200万ドルかかっても構わないという大富豪は大勢いるだろうが、死亡する確率が2~5%の乗り物に乗る覚悟を持つ人間が果たしてどれだけいるだろうか?

ロケット産業はこれまでに「経験を通じた学習」(“learning by doing”)――今回のケースでは「爆発を通じた学習」ということになろうか――を積んできていることも確かに事実だ。1960年代においてはロケットの事故率(事故発生率)は12%という驚くほどの高さだった。しかしながら、その他の産業においてと同様に「経験を通じた学習」のおかげでロケットの事故率はその後の10年で劇的な低下を見せることになった。しかしながら、80年代以降になると事故率の改善ペースは緩やかになっている。1970年代には(ロケットの)事故率は5.2%にまで低下することになったものの、その後のおよそ30年間にわたって事故率は4~5%でほとんど変わっていないのだ。今後もロケット産業ではゆっくりとしたペースではあるが着実に改善が見られる可能性は勿論ある。しかしながら、近い将来にロケット技術の世界で飛躍的な進歩が生じるに違いないと信ずべき理由はほとんどないのだ。

今週に入ってロケットを巡る悲劇が2件発生した。そのうちの一つでは人命が失われている。ロケットは依然として安全面で問題を抱えており、宇宙への観光旅行に耐え得る段階にはまだないようだ。昨日(10月31日)墜落したヴァージン・ギャラクティック社の宇宙船「スペースシップ2」は23回目の動力飛行試験中だったとされるが、事故率5%という数字に沿う結果となっている。ヴァージン・ギャラクティック社は過去(2007年)にもロケットエンジンのテスト中に事故を起こしており、その際には3名の命が失われている。

10年前の記事でも指摘したことだが、「お腹の出た金満家がカメラ片手に宇宙を旅する」観光旅行を実現する上では事故率が0.01%(1万分の1の確率)であっても高過ぎることだろう。現状は事故率0.01%からまだまだほど遠い状況にあるのだ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください