経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

アレックス・タバロック 「時間厳守な国民性? 時間にルーズな国民性?」

●Alex Tabarrok, “Punctuality”(Marginal Revolution, March 4, 2004)


アメリカでは時間厳守がルール(当たり前)となっている。一方で、ラテンアメリカをはじめとしたその他の地域では時間通りに事が進むことは稀だ。どうしてこのような違いがあるのだろうか? 社会心理学者はその原因を根深い文化的な特性や宗教、「国民性」といった要因に求めている。また、緯度が高くなるほど時間厳守の態度が促されるという見解もある。緯度が高くなるほど季節の変化が激しく、作物を収穫するタイミングが少しでも早かったり遅かったりすると霧のために作物がだめになってしまうというわけだ。

ゲーム理論の専門家であるカウシック・バス(Kaushik Basu)とヨルゲン・ウェイブル(Jorgen Weibull)の2人がその名も「時間厳守:ナッシュ均衡としての文化的な特性」(“Punctuality: A Cultural Trait as Equilibrium”)と題された論文を共同で執筆しており、その中でシンプルだが重要な指摘を行っている。

私があなたと待ち合わせをしているとしよう。「あなたは約束の時刻に遅れるに違いない」と私が考えた場合、時間通りに待ち合わせの場所に向かっても損をする(手持無沙汰で待つ破目になる)だけなので私は約束の時間に遅れること(「遅刻」)を選択するだろう。しかしながら、私が「遅刻」を選択する場合、あなたもまた同様に「遅刻」を選択することが理にかなっている(なぜなら時間を守ると手持無沙汰で待つ破目になってしまうからだ)。もっと言うと、『「私が遅刻するに違いない」とあなたが考えている』・・・と私が考える場合もやはり私は「遅刻」を選択することになるのだ! 言い換えると、2人がともに「遅刻」を選ぶ状況はナッシュ均衡なのである。そして2人がともに時間をきっちり守ることも同じくナッシュ均衡である。あなたが時間通りに待ち合わせの場所に向かうとすれば、私もまた時間を守ることが理にかなっているのだ(私が遅刻した場合にあなたが何らかの罰を科すことができるようであればとりわけそうだ)。どちらの均衡に落ち着くかは車道がどちら側通行になるか(右側通行か左側通行か)という問題と同様に恣意的な面を多分に備えている。バスとウェイブルは次のように述べている。

人々の行動に備わる戦略的な側面を見過ごしてしまうと、2つの社会の間で大きく異なる行動パターンが広まっている状況に出くわすや、「この違いの原因は先天的とも言える違い――選好(好み)の違い、人生に対する宗教観の違い、遺伝子の違い――にあるはずだ」との考えに安易に傾いてしまいかねない。しかしながら、これまで本論文で詳しく論じてきたように、異なる社会の間で行動パターンに大きな違いが見られる理由を説明する上では選好の違いや人生に対する宗教観の違い、遺伝子の違いのいずれにも頼る必要はないのだ。まったく同じ特徴を備えた人々の間であっても(ゲームの)異なる均衡に落ち着く可能性は大いにあるのであり、異なる社会の間で見られる「文化」的な特性の違いのいくつかはそのような異なる均衡の表れであるに過ぎない可能性があるのだ。

バスとウェイブルの言う通りだとすれば、「時間にルーズな国民」を一夜にして「時間厳守な国民」へとガラリと変えることも可能なはずである。スウェーデンの車道が1967年9月3日(日曜日)の午前5時を境に「左側通行」から「右側通行」へと一挙に変更されたケースとまったく同じようにして。

バスとウェイブルの説く理論の妥当性がエクアドルで試されようとしている。エクアドルでは遅延(や遅刻)が常態化しており――ある推計によると、遅延が原因でGDPの4.3%(!)にも上るコストが発生しているという――、そのような「均衡」を変えようと国を挙げてのキャンペーンが繰り広げられている最中なのだ。エコノミスト(The Economist)は次のように伝えている。

エクアドル国内では地方自治体から航空会社に至るまでの数多くの機関が時間厳守キャンペーンに賛同する動きを見せている。会議に遅刻した者は部屋の中に入れなくなっている。オフィスや学校のドアには次のようなホテルのドアサインに似た貼り紙を目にする機会が多くなっている。「お入りください:まだ定刻前です」/「入るべからず:会議は定刻通りに始まっています」。とある地方紙ではイベントに遅刻した役人の名前が毎日公表されている。

ついでながら、現在物理学の世界では時間はアト秒単位(1アト秒=10-18秒、100京分の1秒)で計測されているということだ。


コメントを残す