経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「いたるところに市場あり:メーン州のマリファナ」(2021年3月28日)

[Tyler Cowen, “Maine marijuana markets in everything those new service sector jobs,” Marginal Revolution, March 28, 2021]

メーン州では,マリファナの使用・所有は合法だ(限度量までであれば).でも,マリファナを売ったり人にあげたりするのは違法になってる.じゃあ,いったいどうやって譲渡されてるんだろう?

メーン州では大麻受け渡しサービスは違法だ.大麻の贈与も違法だ.でも,だいじょうぶ! いまでも,21歳以上の成人であれば,2.5オンスまでの麻の花や5グラムまでの濃縮物なら合法に持ち運べるんだ.

そこで,こんなシナリオを立てる.キミはメーン州で休暇を過ごすなり生活するなり,なんなりしてる.で,キミはじぶんの「草」をなくしちゃう.わぁ,どうしよう.こんなとき,誰を呼べばいい? そう, INCREDIBLES.ME サイキック・サービスさ! 当社の霊媒師たち(サイキック)がポートランド中の各地で,神サマや守護霊と交信したり,宗教的な清澄の瞬間を体験したりしている.かならず,キミの「なくしちゃった草」を見つけ出してごらんにいれるよ!!(採算がとれるていどの少額報酬と引き換えにね!)

このサイトにログインして,キミがなくしてしまった大麻や大麻製品を選択し,住所を教えてくれたまえ.「キミの」草を見つけ出してできるかぎり迅速にお届けする.見つけ出すための時間と見つけ出す対象の草の量,そして「キミがなくした」草をキミのもとに返すために移動する距離によって,報酬額は異なる.

さらにくわしくはこちらを参照.via Jacob F.


Comments

  1. 湯山裕子 says:

    このスペルではコーエンではなく、コーウェンが適切かと思います。

optical_frog にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください