経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン「遺伝が大半の社会的結果を決定する:グレゴリー・クラークのワーキングペーパー」(2021年3月2日)

[Tyler Cowen, “The Gregory Clark working paper,” Marginal Revolution, March 2, 2021 ]

この論文はみんなにぜひ知ってもらいたい.アブストラクトを抜粋しよう:

経済学・社会学・人類学では,「社会的な結果を主に左右するのは,親の投資と共同体での社会順応だ」という信念が支配的だ.本研究では,1750年から2020年までのイギリス人40万2,000名の血筋を用いて,単純な相加的遺伝学モデルよりもそうした仕組みの方が結果をよりよく予測するのかどうかを検証する.富の継承を除いて,あらゆる事例で遺伝学モデルの法がよりよく予測する.だが,遺伝学モデルでは,複数世代にまたがる地位の長期的存続には,生殖において強い遺伝的な選別が必要となる.これは,近年まで不可能と考えられてきた.しかし,1837年から2020年までの長きにわたってそうした選別と整合する強い証拠もある.このように,ここでの結果は,遺伝と文化の興味深い組み合わせの産物なのである.

論文のタイトルは「誰がためにベルカーブは鳴る:1750年から2020年までのイギリス人40万人の血筋から遺伝が大半の社会的結果を決定することが示される」だ.どういう文脈があるのか知らない読者は,グレッグのホームページにいけばいくらかわかる.


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください