経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「お薦めの旅行先は?」(2015年5月25日)

●Tyler Cowen, “Where to travel, a reader bleg”(Marginal Revolution, May 25, 2015)


本ブログの読者であるR.から、次のような質問を頂戴した。

もう何年も前から、貴殿のブログを拝読させていただいています。ずっと変わらず、お気に入りのブログです。私の職業は、弁護士です。今年の秋から法律事務所で働くことが決まっているのですが、仕事が始まる前に、東アジアか北アジア、あるいは、ヨーロッパあたりを、1~2ヶ月間くらいかけて旅行しようかと計画しています。貴殿は、世界中をあちこち旅されていますが、これまでに旅した中で、一番思い出深い場所だったり、一番思い出深い旅行体験だったりをテーマにしたエントリーを書いていただけないでしょうか? 是非とも読んでみたいです。

ちゃんと答えようとすれば、何冊も本を書かねばならないだろうが、「とりあえず、これに従っておいて間違いない」という、シンプルなルールがある。1人あたりGDP(国内総生産)の高い国(地域)に狙いを定めるべし、というのがそれ。私の旅行遍歴の中で一番のお気に入りの旅行先は、たぶん東京ということになるが、大雑把なお薦めとしては、ロンドン、パリ、ベルリン、ローマ、マドリード(あるいは、ヨーロッパにある都市をどれかさらに加えてもいいし、列挙した中からどれか差し引いてもいい)を結んでできる、あのあたりを中心に攻めてみるといいだろう。順路の選択肢はより取り見取り。あちこちに高品質の観光スポットがあるし、色んな体験が味わえるだろうからね。

アメリカ国内を旅したいというのであれば、東海岸やシカゴもお薦めだが、やはり一番は、ユタ州南部からグランド・キャニオンの北壁(ノースリム)にかけての辺りだ。南壁(サウスリム)よりも北壁(ノースリム)の方が断然お薦めだ(ただし、事前に予約すること)。ユタ州南部からグランド・キャニオンの北壁にかけての辺りは、おそらく世界でも一番魅力的な自然美が味わえる場所だし、真のアメリカ文化を目撃できる場所でもある。評判はいいのに、どういうわけだか、観光客は少なめのようだ(ある意味、ありがたい)。おまけのお薦めとしては、サンフランシスコ・・・なんかは避けて、人里離れた荒野を数日かけて車で旅するのもいいだろう。荒れ果ててわびしいほど、なおよしだ。

新興国の中から選ぶなら、まずは、北京とか、ムンバイとかに行ってみるといいだろう。10億もの(あるいは、それ以上の)人口を抱える国に行ってみない手があるだろうか? 北アメリカ周辺に住んでいるようなら、メキシコシティも狙い目だ。メキシコシティは、かなり過小評価されている都市なのだ。ただし、英語が通じるなんて思わないこと。ちなみに、メキシコシティは、思われているよりも安全な場所でもある。メキシコシティを満喫した後は、どこか田舎にでも行って、ゆっくり過ごせばいい。田舎でゆっくり過ごしたいのであれば、大体どの新興国でも(その国が安全であろうとそうでなかろうと)目的に適う場所が見つかることだろう。

一丁あがり!


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください