経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「タイの辺境にて ~売り物としての伝統~」(2009年8月23日)

●Tyler Cowen, “The economics of rural Thailand”(Marginal Revolution, August 23, 2009)


他の女性たちは民族衣装を着てるのに、どうしてあなたは着ないのか。そう尋ねてみると、彼女(タイジュン)は次のように答えた。

「私は新世代の人間なんです。民族衣装は好きじゃないんです。着ていると、暑いし、着心地も悪いし」。でも、そのうち着ないといけなくなるかも、と付け加えるタイジュン。村長が、村の女性全員に民族衣装の着用を義務付けようと検討しているらしい。「村長が命令したら、みんな着ることになるでしょうね」とタイジュン。村長は、ナンタ・アスン。52歳。村の中で伝統的な民族衣装を着ていない女性はタイジュンだけだと指摘した後で、このまま見過ごすわけにはいかないと語るアスン村長。「パラウン族(トーアン族)の人間は、パラウン族の民族衣装を着なきゃ駄目なんだ」。夕食用の豚を切り刻みながら、そう語るアスン村長。「着なきゃ駄目なんだ。絶対に!」。

村の女性が民族衣装を着なきゃならないのは、伝統を守るためでもあるが、旅行客にアピールするためでもある。興奮気味に、そう語るアスン村長。村の収入(年間3万ドル)の半分は、観光収入から成り立っているという。我々取材班がこの村にやってきたその日も、オーストラリアから家族連れの旅行客が来ていたが、15ドルを支払って村長の小屋に一晩泊めさせてもらっていた。「村長は、旅行客がこの村にやって来なくなるんじゃないかとひどく心配してるんですよ」。村長への取材を終えて、我々が借りた小屋に戻っている最中に、ガイド兼通訳がポツリとつぶやいた。

我々取材班が小屋に向かって歩いていると、アスン村長の声がスピーカーから響き渡ってきた。「村の女性は、一人残らず民族衣装を着なきゃいけないということを忘れないように。つい先ほどのことですが、外国のお客様から、民族衣装を着ていない女性がいるとの苦情が入りました」。村長のもとにすかさず戻る我々取材班。苦情じゃなくて、単に質問しただけなんです。そう説明しても、予想通りにというべきか、村長は、村内放送で前言を撤回することはなかった。

全文はこちら。はじめから終わりまで、興味深いエピソードが目白押しだ。女性たちが首にリングを巻きつけたり、耳たぶにリングをはめ込んだりしている村に観光に行くことは、倫理的に正当化できるのか。そのような問題提起もされている。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください