経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ハロウィンの経済学」

●Tyler Cowen, “The economics of Halloween”(Marginal Revolution, October 31, 2007)


ケビン・ハセット(Kevin Hassett)が次のような制度改革案を提案している:「そういうわけでハロウィンの改革に向けて何か手を打つとしよう。そのための最初のステップとしては家を訪れてくる子供たちにキャンディではなくお金(現金)をプレゼントするようにすればいいだろう。そうすれば子供たちはハロウィンが明けた次の日に(プレゼントされたお金を握り締めて)最寄りのスーパーマーケットに駆け込んで数あるキャンディの中から自分の好みに合致するキャンディを手に入れる(買う)ことができる。その結果、子供たちは自分の好みに合ったキャンディを満喫できるようになるわけだ1。経済学的な観点からするとこの改革案には「A+」の評価が与えられることだろう」。

全文はこちらのエントリーを参照されたい。ここでちょっと口を挟ませてもらいたいことがある。お金(現金)ではなくモノをプレゼントする方が時としてより効率的な結果がもたらされる場合があるというのがそれだ。このことは公共政策の分野についても当てはまる話であり、現金給付よりも現物給付の方が効率的な場合があるのだ(例えば、「透析装置そのもの」を給付する代わりに「透析装置を購入するために必要な現金」を給付するように制度が変わったとしよう。それに伴って腎臓病を偽るケースがどれだけ増えることだろうか)。ハロウィンのケースで言うと、プレゼントとしてキャンディをあげる現行のやり方は、a) 「トリック・オア・トリート」と唱えながら家々を回る儀式に参加する集団を年齢がごく幼い子供たちに限定し2b) 家々を練り歩くのを良きところで切り上げさせる3、という機能を果たしているのだ。ところで長年知りたいと思っていることがある。ハロウィン当日は1日限定で映画料金が大幅に安くなるわけだが、それに伴って映画館の入場者数は一体どのくらい増えるのだろうか?

(追記)公的な給付制度において(一見すると「現金給付」の形態をとったほうが望ましいように見えるにもかかわらず)「現物給付」の形態が多く見られる理由を探ったものとしてこちらの論文を参照されたい。

  1. 訳注;その一方で、訪れた先でプレゼントとしてキャンディを渡される場合、そのキャンディが自分の好みと合わない可能性がある。この点(ギフト(プレゼント)の送り手と受け手との間の行き違い)に関しては本サイトで訳出されている次のエントリーもあわせて参照されたい。 ●ティム・ハーフォード 「クリスマスにまつわるエトセトラ ~陰鬱な科学が送るアドバイス(その2)~」 []
  2. 訳注;ある程度年齢が高くなると「キャンディなんか欲しくないやい!(それも自分の好みに合わないキャンディを渡される可能性があるとなるとなおさらだ!)」と考えてこの儀式から足を洗うことになる []
  3. 訳注;家々を回るにつれてキャンディが溜まり、「もういらないや」というところまで達すればそこで切り上げて「そろそろ帰宅しよう」ということになる(自分の好みに合わないキャンディばかり貰うものだから途中で嫌気が差して帰宅するというケースもあるかもしれない)。キャンディではなくお金がプレゼントされる場合、家々への訪問はなかなか終わらない可能性がある。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください