経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ピカソ、リヒター、ポルケ ~変幻自在な『概念的イノベーター』~」(2006年2月19日)

●Tyler Cowen, “The versatility of conceptual innovators”(Marginal Revolution, February 19, 2006)


デビッド・ガレンソン(David Galenson)の論文のアブストラクト(要旨)より。

パブロ・ピカソにゲルハルト・リヒターにジグマー・ポルケ。いずれも現代美術を代表する重要な画家であり、三人ともに画風(作品のスタイル)を幾度も――時にガラリと――変えたことで知られている。その変幻自在ぶりは美術史家の間で悩みの種となっているが、ピカソ研究者にしてもリヒター研究者にしてもポルケ研究者にしても研究対象である画家の変幻自在ぶりをその画家だけ(ピカソだけ/リヒターだけ/ポルケだけ)に備わる特異な特徴として見なそうとする傾向にある。三人の変幻自在ぶりの背後に控える「共通の根」を捉え損なってしまっているのだ。実のところ、変幻自在さというのは「概念的イノベーター」によく見られる特徴なのだ。「概念的イノベーター」の対極にいるのが「実験的イノベーター」だ。「概念的イノベーター」は個別具体的な目標(課題)を掲げてそれが解決されたと自覚されると新たな目標(課題)へと切り替えを図る傾向にある一方で、「実験的イノベーター」が掲げる目標(課題)は抽象的で解決するのが難しい。そのため、「実験的イノベーター」は生涯を通じて一つのスタイルに固執する傾向にある。一つのスタイルに囚われずに次々と革新を続ける「概念的イノベーター」は20世紀アートの世界に屹立する重要な存在である。その原型とも言えるのがピカソであり、その後にはマルセル・デュシャンからダミアン・ハーストへと至る数々の顔ぶれが続く。変幻自在ぶりは画家の中の「概念的イノベーター」(「概念的な画家」)だけではなく、アートのその他の分野における「概念的イノベーター」にもさらには学者の中の「概念的イノベーター」にも備わる特徴である。「概念的イノベーター」の変幻自在ぶりの背後に控える「共通の根」を認識することを通じて人間の創造性についての理解が深められることになろう。

(学者の中の「概念的イノベーター」の例として)「ケネス・アロー」の名前が脳裏に浮かぶが、同じくって人はいるかな? ライプニッツなんかはどうだろうね? こちらの本では「万物を知悉せし最後の男」(トマス・ヤング)について詳しく掘り下げられている。ガレンソンの論文はこちらだ。


コメントを残す