経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「ヨーロッパを旅するならどこがお薦め?」(2009年3月22日)

●Tyler Cowen, “How to travel to Europe after college”(Marginal Revolution, March 22, 2009)


本ブログの熱心な読者の一人であるJasonから次のような質問を頂戴した。

卒業間近の学部4年生です。王道過ぎますが、卒業旅行にヨーロッパを訪れる計画を立てています。学部での専攻は経済学です。それゆえにと言いますか、ヨーロッパでは時間を最大限に有意義に過ごしたいと思っています。ヨーロッパにはこれまで一度も行ったことがありません。ヨーロッパを旅するにあたってのアドバイスはありませんでしょうか? あれもこれもつまみ食いして回った方がいいでしょうか? それともどこか一箇所に狙いを定めた方がいいでしょうか? どこか一箇所に狙いを定めるべきだとしたらお薦めはどこになるでしょうか?

旅に出かける場合には自分の好みに合う場所がどこかなんて前もってはわかりはしない(実際に行ってみないとわからない)――そこに行くのが初めてならとりわけそう――というのが持論だ。それゆえ、どこか一箇所に狙いを定めるよりもあちこち見て回る分散化戦略をお薦めする。少し前に「アメリカ国内を旅するならどこがお薦め?」というテーマ〔拙訳はこちら〕で私なりにお薦めの場所を5箇所選ばせてもらったが、それに倣ってヨーロッパを初めて旅するならまずはここがお薦めという場所を5箇所選ぶと以下のようになるだろう。

1. パリ;当然の選択。

2. ローマ;世界有数の歴史都市であり世界を代表する首都。

3. 晴天時のスステン峠あるいはツェルマット(いずれもスイス);ヨーロッパの田舎の風景が味わえる。ドイツっぽさもある。ドイツっぽさというなら(私も好きな)ドイツから選べばいいところだが、どこか一箇所となると選べなかった。

4. プラハ;中世以降のヨーロッパの主要な時代を代表する建築物が漏れなく味わえる。東欧の香りや汚職の匂いも少々体感できるし、ドイツの歴史やユダヤ人の歴史もいくらか感じ取ることができる。

5. アルバニアの田舎町。シュコドラとかジロカストラとか;19世紀に地中海沿岸で暮らしていたヨーロッパ人の生活水準がどんなものだったかが知れる。マルサス的な世界というのがどんなものか知れる。

ナターシャ1には告げ口しないように。私にとってはロシアはアジアの一部という認識だ。イングランドはヨーロッパの国というよりは北国という印象だ(イングランドについてはまた別の機会に話題にするかもしれない)。

  1. 訳注;コーエンの奥さん。ロシア出身。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください