経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「冬になると気分が塞ぎ込みがちになる?」

●Tyler Cowen, “Do people get more depressed in winter?”(Marginal Revolution, February 3, 2009)


冬になると(他のどの季節にも増して)気分が塞ぎ込みがちになる人も中にはいるが、一般的な傾向とまでは言えないようだ。アンドリュー・サリバン(Andrew Sullivan)経由で知ったのだが、ベン・ゴールドエイカー(Ben Goldacre)が次のように語っている

自殺は1年の中でも春と初夏に多く見られる。ジャン=エスキロール(Jean Etienne Dominique Esquirol)は1838年にそう指摘しているが、ダグラス・スウィンスコー(Douglas Swinscow)が(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドをひっくるめた) イギリス全体を対象に1921年から1948年までのデータを調査したところ、同じく自殺は春と初夏に多く見られる傾向にあることが確認されている。つまりは、「ウィンター・ブルース」(冬になると気分が塞ぎ込みがちになり、その影響で自殺も多くなる)なんて話は嘘っぱちなわけだ。イギリス全体を対象に1982年から1996年までのデータを調査したこちらの(2000年に実施された)研究によると、春と初夏に自殺が多いという季節ごとのパターン自体もかつてに比べるとだいぶ弱まってきている(特定の季節になると自殺が抜きん出て多くなるといった傾向は見られなくなってきている)ということだ。

イギリス以外ではどうなっているだろうか? アメリカのノースカロライナ州を対象に1974年に実施された研究では1965年から1971年までの間に発生したすべての自殺(計3672件)と同じ期間に退役軍人向けの精神科に入院した患者(計3258件)のデータが分析されているが、自殺や精神科への入院の動向に季節ごとのはっきりとしたパターンは見出されていない。カナダのオンタリオ州を対象に1976年に実施された研究では1年の中で自殺の数がピークに達するのは春と秋であり、うつ病での入院も春と秋が最も多いとの結果が得られている。オーストラリアを対象に2003年に実施された研究では1年の中で自殺が最も多いのは夏だとの結果が得られている。「憂鬱な1月」(Blue January)という話はどこにも出てこないのだ。

季節の変化が世間一般のごく普通の人々の気分(ムード)にどのような影響を及ぼすのか知りたいという意見があるかもしれない。806名の平均的なフィンランド人男性を対象に1986年に実施された研究によると、気分が塞ぎ込みがちになる人が一番多い季節は夏だとの結果が得られている。うつ症状の訴えが最も多くなる季節は冬だとの結論を得ている研究もあるが(Nayyar and Cochrane, 1996; Murase et al., 1995)、いや春だ(Näyhä et al., 1994)、いや夏だ(Ozaki et al., 1995)というように異なる結論に達している研究もある。つい先月(2008年12月)になって公にされたばかりの研究では双極性障害を抱える360名の患者にその日の気分がどうかを毎日自己申告させた結果が分析されているが、その日ごとの気分と季節との間には何の関係も見出せないとの結論が下されている。

他にはどんなデータを探ってみればいいだろうか? イギリスの一般開業医(GP)による抗うつ剤の処方の実態を調査した1986年の研究によると、抗うつ剤の処方件数がピークを迎えるのは春だという結果が明らかとなっている。それより少し前に実施された1981年の研究(Williams and Dunn 1981)では1969年から1975年までの期間を対象として抗うつ剤の処方の実態が調査されているが、抗うつ剤の処方件数がピークに達するのは2月、5月、10月だとの結果が得られている。一般開業医のもとにうつ病で診察に訪れた患者の数を調査した1984年の研究によると、うつ病で診察に訪れる患者の数がピークに達するのは5月~6月および11月~1月の期間だということだ(何とも奇妙なことだが、骨関節炎で診察に訪れる患者の数も似たようなパターンを辿っている1ということだ)。

ゴールドエイカーに敬礼! (デタラメ科学の糾弾を使命とする)ゴールドエイカーの仕事については過去にもこちらのエントリーで取り上げているので併せて参照されたい。

  1. 訳注;骨関節炎で診察に訪れる患者の数は4月~5月および9月~11月の期間にピークに達っしている []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください