経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「子育てのパラドックス」(2014年1月31日)

●Tyler Cowen, “Thoughts about children” (Marginal Revolution, January 31, 2014)


ジェニファー・シニア(Jennifer Senior)の『All Joy and No Fun』(邦訳『子育てのパラドックス』)は子を持つ親としての私自身の体験について考え方を見直すきっかけをくれた一冊だ1。我が子と一緒に過ごしている最中に退屈している自分にふと気付く。そんな経験は何度もある。(絵本の)『Angelina Ballerina』(「アンジェリーナはバレリーナ」)を何度も何度も読み返し、(子供向けアニメの)『Bob the Builder』(「ボブとはたらくブーブーズ」)を何度も何度も見返す。こんなことをあとどのくらい続ければいいのだろう? しかし、そこでどうにか思い起こす。我が子と親密な時間を共有すること、我が子とじゃれ合うこと、それこそが人生に究極の意味を与えてくれるのだ、と。愛する我が子と過ごす時間をメールのやり取りのように面倒に感じてしまうことがあるのはなぜなのか? ずっとその理由がわからないでいた。受信トレイにあるメールが何かの拍子ですべて消えてしまったとしても何とかやっていける。でも、愛する我が子がいなくなってしまったら絶対に立ち直れない。そうとはわかっていながらも我が子と過ごすことに時として辛さを感じてしまう自分がいる。パラドックスのように見える。しかし、そこには何の矛盾もない。シニアは(『子育てのパラドックス』の中で)そう教えてくれている。どうにか我慢して我が子と過ごすというのは我が子を愛する上で不可欠な要素なのだ。

そう語るのはアンドリュー・ソロモン(Andrew Solomon)

  1. 訳注;興味のある向きはジェニファー・シニアが出演している次のTEDトーク(日本語字幕付き)もご覧になられるといいかもしれない。 ●ジェニファー・シニア 「幸福は親には高すぎるハードル」(March 2014) []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください