経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「文化の移り変わり? 記憶違い? 過去の美化?」(2013年9月14日)

●Tyler Cowen, “A change in culture or a failure of memory and a glorification of the past?”(Marginal Revolution, September 14, 2013)


イギリスからこんなニュースが届いた。

一日の終わりの就寝前に子供に本を読み聞かせる。このような伝統は親子の絆を深める習慣の一つとして機能していたが、わずか一世代の間にそのような伝統も急激に衰退する方向に向かっているようだ。

ホームウェアの小売店であるリトルウッズに買い物に訪れていた0歳から7歳までの年頃の子供を持つ母親2000人を対象に行われたアンケート調査の結果がそのことを如実に示している。就寝前に枕元で子供に本を読み聞かせていると答えたのはアンケートに回答した母親全体のうちわずか64%に過ぎなかった。その一方で、自分が子供の頃はどうだったかというと、就寝前に親に本を読んでもらっていたと答えたのは全体の91%に上った。

子供に本を読み聞かせる頻度もこの一世代の間に大きく低下しているようだ。同じくこのアンケート調査の結果によると、子供に「毎晩」本を読み聞かせていると答えたのは全体の13%にしか過ぎなかったが、自分が子供の頃は親から「毎晩」本を読んでもらっていたと記憶を辿って答えたのは全体の75%にも上った。アンケート調査の結果に照らしてその平均を計算すると、現世代の親たちが子供の枕元で本を読み聞かせているのは1週間のうち3日だけということになる。

このアンケート調査では全体の87%の母親が就寝前に子供に本を読み聞かせることは子供の教育や発育にとって重要な役割を果たすと思うと答えているが、そうだとすると子供の枕元で本を読み聞かせる伝統が失われつつあるというのはなおさら驚きだ。

このアンケート調査に応じた母親のうち9%は子供の枕元で本を読み聞かせることには「物凄いストレスを感じる」と答え、13%はそのための時間が確保できないと答えた。

全文はこちらを参照されたい。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください