経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「旅がテーマのお薦めの書籍と言えば?」(2006年6月27日)

●Tyler Cowen, “What are the thirty best travel books?”(Marginal Revolution, June 27, 2006)


こちらのサイトで、旅がテーマの(紀行本だとか、旅行記だとかといった)書籍の一覧(30選)が掲げられている。作家一人あたり一冊だけしか選べないという縛りを受け入れるのであれば、私もその大半に同意だ(コリン・サブロン(Colin Thubron)だとか、ジョナサン・ラバン(Jonathan Raban)だとか、ポール・セロー(Paul Theroux)だとかは、何冊も候補に挙げたいところだ)。ところで、バリー・ロペス(Barry Lopez)の『Arctic Dreams』(邦訳『極北の夢』)と、デイヴィッド・キャンベル(David Campbell)の『The Crystal Desert』(邦訳『南極が語る地球物語』)の名前が挙がっていないのは、どうしたわけだろうか? 私であれば、ナイポール(V. S. Naipaul)の『Turn in the South』か、ロバート・バイロン(Robert Byron)の『The Road to Oxiana』を筆頭に挙げることだろう。マルコ・ポーロの『東方見聞録』――今でもその魅力を失っていない一冊――も、リストから漏れているようだ。ヘロドトス(の『歴史』)なんかはどうだろうか? トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』とか、スウィフトの『ガリバー旅行記』とか、ダンテの『神曲 地獄篇』とかも候補に挙げたいところだが、旅がテーマの書籍に括ってもいいものだろうか? 他に何かお薦めはないだろうか?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください