経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「社会科学が自然科学の後塵を拝しているのはなぜ?」(2008年4月1日)

●Tyler Cowen, “Why are the social sciences backward?”(Marginal Revolution, April 1, 2008)


ブルース・コールドウェル(Bruce Caldwell)がゴードン・タロック(Gordon Tullock)の『The Organization of Inquiry』(初版が刊行されたのは1966年)に再検討を加えている(コールドウェルの論文はタロックの業績を再評価することが目的のシンポジウムで発表されたもの。そのシンポジウムで発表された全論文のリストはこちら)。コールドウェルは次のように書いている

次にタロックは社会科学の後進性の背後にある真の理由は何かという問題の検討に移る。タロックによると、その理由は自然科学と社会科学との社会システムとしてのあり方の違いに求められるという。どんな違いか? 一つ目の違いは自然科学に比べて社会科学では応用研究が手薄という点である。その理由は? 社会科学の分野では応用研究の成果を特許化する方法がなく(タロックは例えば次のように問いかけている。モノを販売する新手法にどうやって特許をかけることができるだろうか?)、そのために(儲からないために)応用研究が手薄という結果になっているという。そしてこのことは基礎研究(純理論的な研究)に対する応用面からのチェックが自然科学に比べてずっと少ないことを意味することになる(p. 149)。次に二つ目の違いだが、研究者を駆り立てる動機の一つである「好奇心」が社会科学の分野においては「科学とは別の目的(方向)に逸れがちな(差し向けられがちな)傾向にある」という点が挙げられている。この点についてタロックは次のように述べている。

『・・・(略)・・・(社会科学の分野においては)好奇心が芸術方面へと逸れる(向かう)可能性が強く秘められている。文学作品はジャンルを問わずその多くが人間に対する注意深い観察の上に成り立っている。自分と同じ人間について詳しく知りたい。そのような好奇心に駆り立てられた偉大な頭脳の持ち主たちの筆先からは科学上の偉業ではなく文学上の傑作が数多く生み出されてきているものだ。』(p. 151)

タロックとは別の説明を提示しているのがミーゼスでありハイエクである。「複雑性」と「主観性」。ミーゼスやハイエクは自然科学と社会科学の違いをその点に求めている。(社会科学が対象とする)人間社会の出来事(人間が絡む事象)は(自然科学が対象とする)自然界の出来事よりも複雑であり、人間の選択には主観的な面が付き纏うし予想が果たす役割も無視できない。ミーゼスやハイエクはそのような立場だ(ところで、ミーゼスとハイエクはまったく同じ立場というわけではない。さらには、ハイエクも時とともに「主観性」よりも「複雑性」を強調する方向へと重点の置き所を変えている)。

私の考えはどうかというと、経済学は物理学に比べると遅れているものの、人間の脳だったりあるいは深海の実態についてよりは経済についての方が理解は進んでいるように思う。科学の発展度合いは研究対象の複雑さと利用可能な情報(データ)の量によって決まるというのが私の立場だ。そういうわけで私はハイエクとそこまで立場を異にするわけではないが、ハイエクは経済学の分野で定量的な分析や実験が大いに飛躍を遂げる可能性を過小評価していたという苦言は呈しておくとしよう。

古代には哲学は言うまでもなくコンピュータ(もどき)を作る技術も発展していたようである。そこで大いなる謎が頭をもたげてくることになる。経済学がそれなりに発展を遂げるまでには18世紀の中頃まで待たねばならなかったという思想史におけるアノマリー(不可思議な現象)がそれである。その理由とは一体?

(追記)アーノルド・クリングもコメントを加えている


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください