経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「私の哲学遍歴」(2006年8月17日)

●Tyler Cowen, “Philosophical journeys”(Marginal Revolution, August 17, 2006)


私の哲学遍歴のはじまりは10代の頃に遡る。手始めにプラトンの対話篇(もちろん『パルメニデス』も含めてだ)を残らず読破する。それでもって現代哲学の主要作品を渉猟する。そのように目標を定めたのだ(『パルメニデス』は私のお気に入りの作品となったが、『法律』は最後まで読み通せなかった)。デカルトにライプニッツ、スピノザ、ホッブズ、ロック、バークリー、ヒューム、カントといった面々との「一体化」を果たすために頼りにしたのがジョン・ホスパーズ(John Hospers)の年代物のテキスト1だ。アリストテレスの作品もいくつか読んだが、アリストテレスは私には退屈に思えたものだ。続いて手にしたのはカール・ポパーブランド・ブランシャード(の作品多数)。合理主義の(古めかしい)擁護者であり、実証主義の批判者。そんな共通点を持つ二人だ。そして無神論についてはジョージ・スミスアントニー・フルーの作品を貪るように読んだ。アイン・ランドにも影響を受けたが、かといって哲学者としてのアイン・ランドにというわけでは決してない。彼女流の道徳的な見地からする資本主義擁護論に影響を受けたのだ。

それからずっと後になって読んだのがノージックにロールズにパーフィット。中でも私がダントツに影響を受けたのがパーフィットだ。ノージックもロールズも切れ者ではあるが、意外性は感じられなかったものだ。

大学院生時代にはクワインを熱心に読み耽った。私としてはクワイン本人の作品をどれか一つ読むよりもジョージ・ロマノス(George Romanos)のクワイン本2を読んだ方が得るものは大きいように感じられたものだ。とは言え、クワインに触れるならやはりまずは『Word and Object』(邦訳『ことばと対象』)と “Two Dogmas of Empiricism”(「経験主義の二つのドグマ」)から挑戦するべきだろう。クワインは今でも私に大きな影響を及ぼし続けている一人だ。ブログというメディアに対する私なりの考えにも「どういう前提が揃えば無理のない(あり得る、確からしい)結論が導かれるだろうか?」と自問自答する時にもクワインの影響が及んでいる。(大学院生時代には)ヒラリー・パトナムが担当する言語哲学の講義にも出席したが、それがきっかけでクリプキなんかにも興味を持ったものだ。とは言え、私の好みに合うのはずっと変わらずクワインのままだ。大学院生時代にはウィリアム・ジェームズにも心を寄せたし、ローティ(Richard Rorty)経由で大陸哲学にも見るべきところはまだあると気付かされたものだ(ただし、大陸哲学をあえて誤読(曲解)するというのが私の流儀だ)。ついでにドイツ初期ロマン派の面々(および彼らの反哲学的な姿勢)とも(時にジョン・スチュアート・ミルを介して)戯れたりもしたものだ。

その後Liberty Fundと関わりを持ったことがきっかけとなって、モンテスキューやトクヴィル、モーシェ・ベン=マイモーンなどなど「シュトラウス」(レオ・シュトラウス)的な解釈の余地があるテクストを「深読み」(「裏読み」)するのに興味を抱くことになった。とは言え、これまでにシュトラウス主義者の仲間入りをしたことがあるかと問われると断固として「ノー」だ。ハイデガーを理解しようと何度か試みはしたものの、結局のところは一度もうまくいかなかった。

そして話は今現在に至るが、哲学分野の学術誌で購読しているのはEthics誌Philosophy&Public Affairs誌だ。「形而上学」だとか「心身問題」だとかそういう類の話題に関しては学術誌よりも本(一般向けと研究書のちょうど中間くらいのレベルの本)で追っかけたい派だ。「心身問題」だとかに関する学術レベルの議論はあまりに高尚すぎて私には大して興味が持てないのだ。

私の哲学遍歴を駆け足で振り返るとこんな感じだ。私の辿ってきた道のりは他の人にもぴったりな最上の道のりなんて言い張るつもりは毛頭ないのでその点誤解なきよう。

結論:その時々の私の興味に合致する哲学を選び出してそれに傾倒する。どうやらそのようにやってきたようだ。その他の残りはどうでもいい些事に過ぎない。哲学書というのは実のところ自己啓発本あるいはお気に入りのレコードみたいなものなのだ。

本ブログの読者のために(「哲学を学ぶならこの道のりを辿り給え」という)何かいいお薦めはないだろうか?

  1. 訳注;おそらくこちらの本。 []
  2. 訳注;おそらくこちらの本。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください