経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「私の背中売ります ~キャンバスとしての背中~」(2017年2月2日)

●Tyler Cowen, “Back markets in everything those new service sector jobs”(Marginal Revolution, February 2, 2017)


ティム・シュタイナー(Tim Steiner)氏の背中に彫られた見事なタトゥー。そのデザインを請け負ったのは、とある著名なアーティスト。その所有者は、(シュタイナー氏ではなく)ドイツ人のアートコレクター。シュタイナー氏が亡くなると、タトゥーが彫られた部位(皮膚)が剥がされて、額に入れて飾られる決まりになっている。シュタイナー氏が存命中は、(背中のタトゥーが見えるように)シャツを脱いだ状態であちこちのギャラリーで座って過ごすことになるという。

「アート作品を背中に背負っているんです。私は、その作品の運搬人なんです」とシュタイナー氏。現在40歳。(スイスの)チューリッヒ出身で、前職はタトゥーパーラーのマネージャー。

話は10年前に遡る。シュタイナー氏がその当時付き合っていた恋人がベルギー出身のアーティストに出会ったのが事の始まり。そのアーティストの名は、ヴィム・デルボア(Wim Delvoye)。豚にタトゥーを入れた作品で物議を醸し、名を売ることにもなったアーティストだ。

その恋人は、デルボアから「新作を描くための『人間キャンバス』になってもいいという人物を探している」と伝えられたという。誰か興味を持ってくれそうな人を知らないかと尋ねられたというのだ。

・・・(略)・・・シュタイナー氏の背中に彫られたタトゥーの作品名は、『TIM』。2008年に、ドイツ人のアートコレクターであるリク・ラインキング(Rik Reinking)氏が15万ユーロ(13万ポンド)で買い取った。シュタイナー氏は、15万ユーロの3分の1にあたる5万ユーロを受け取ったという。

「あれ以来、私の皮膚はリク・ラインキング氏のものなんです」とシュタイナー氏。「私の背中は、キャンバスなんです。私という人間は、背中に背負った作品を一時的に収めておく額なんです」。

シュタイナー氏が亡くなると、タトゥーが彫られた背中の部位(皮膚)を剥がし、その箇所を額に収めて、ラインキング氏のプライベート用のアートコレクションに加えられる契約内容になっているという。

そんなのゾッとするばかりじゃないかという声に対して、シュタイナー氏は次のように応じている。「ゾッとするという感覚は、相対的なもの(人それぞれ)なんですよ」。

記事の全文はこちら。相変わらずキレキレのティム・ハーフォード(Tim Harford)――快著である『Messy』(邦訳『ひらめきを生み出すカオスの法則』)の著者――経由で知ったネタ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください