経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「紙幣の肖像として一番出番が多い人物は誰?」(2004年6月22日)

●Tyler Cowen, “Whose face appears on the most banknotes?”(Marginal Revolution, June 22, 2004)


答えはエリザベス女王(エリザベス2世)。合計で32カ国の紙幣にその肖像が描かれた経験ありとのことだ。2位以下は誰だかわかるだろうか? 結果は以下の通り。

2. クリストファー・コロンブス(12カ国の紙幣に登場)
3. シモン・ボリバル(4カ国の紙幣に登場)
4. ジョージ・ワシントン(4カ国の紙幣に登場)
5. ウラジミール・レーニン(2カ国の紙幣に登場)

データの出所はフォーリン・ポリシー誌2004年7・8月号の31ページだ。

——————————————————————————————————-【訳者による補足】エリザベス女王の肖像が描かれた紙幣の情報についてはこちらのページ(英語)に詳しくまとめられている。折角なので数ある中からほんの一例として以下に二枚ほど画像を紹介しておくとしよう。一枚目に描かれているのは8歳時のエリザベス2世(王女)、二枚目に描かれているのは85歳時のエリザベス2世(女王)。いずれもカナダの20ドル紙幣。


コメントを残す