経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「経済発展の側面支援に向けて国際的なスポーツ大会のあり方を見直そう」(2016年5月13日)

●Tyler Cowen, “Redesigning Sport to aid economic development”(Marginal Revolution, May 13, 2016)


本ブログの熱心な読者の一人であるOli Cairnsから次のようなメールを頂戴した。

ここ最近ずっと考えていることがあります。それは何かというと、スポーツ競技での勝利が愛国心(patriotism)を高揚させる効果についてです。

私はイギリス人なんですが、冷笑的な友人だったり同僚だったり通勤電車に乗り合わせる人々だったりが母国やお互いのことについて不平を漏らすのをやめるのは同胞の選手がテニスの試合で勝ったりオリンピックでメダルを獲得したり(最近はあまりお目にかかれなくなっていますが)サッカーの代表戦で相手の国をやっつける時くらいのものです。同じ国の選手が活躍するのに伴って愛国心が高揚するなりソーシャル・キャピタル(社会関係資本)が強化されるなりするのは結構なことじゃないかと少し前までは思っていたのですが、視野を広げて「世界」を単位として考えてみるとどうでしょうか? 「世界」を単位として考えた場合にスポーツ競技での勝利が愛国心を高揚させる効果は果たして効率的に配分されていると言えるだろうかと疑問に思えてきたのです。

そこで私の提案なのですが、国際的なスポーツ大会の構造にメスを入れて貧しい国々(の選手)が活躍できる余地を広げる1べきなんじゃないかと思うのです。例えば、サッカーのワールドカップは2回に1回はサブサハラ・アフリカ地域で開催するようにする。ワールドカップへの出場枠の4分の1(25%)はサブサハラ・アフリカの国々に割り当てる。ヨーロッパのトップレベルのプロサッカーリーグではサブサハラ・アフリカ出身の選手を最低でも2人はスタメン入りさせるよう各チームに義務付ける。オリンピックに関しても競技を入れ替える。トラック・レース(自転車競技)やボート、馬術なんかの種目はその大半をオリンピックから除外してその代わりに125m走だとか250m走だとか1万mのエリミネーションレース2だとかといった種目を新設して陸上競技の数を増やす。

このようなかたちで国際的なスポーツ大会のあり方が見直されたとしたら結果的に厚生の改善につながるでしょうか? 貴殿のお考えはいかがでしょうか?

このような観点からすると、(FIFAの元会長である)ゼップ・ブラッターも悪人ではなくて英雄のように見えてくるかもしれませんね。

  1. 訳注;そうすることで貧しい国々における愛国心の高揚およびソーシャル・キャピタルの強化を側面支援する []
  2. 訳注;周回ごとにランナーの数が減っていく(周回ごとに一番後方を走るランナーが失格となる)レース []

コメントを残す