経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「若き経済学徒の苦悩の日々を描いた小説」(2011年7月9日)/「えっ! 私をモデルにした人物がオランダの小説に登場だって!?」(2011年5月28日)/「『夫婦円満』を執筆する有名ブロガーの父であり有名経済学者の義理の弟」(2009年7月12日)

●Tyler Cowen, “A new novel about an economist, by an economist”(Marginal Revolution, July 9, 2011)


作家の名前はマイケル・クライン(Michael W. Klein)。経済学者だ。本のタイトルは『Something for Nothing』でマサチューセッツ工科大学出版局(MIT Press)から2011年9月に発売予定だ。本の紹介文を以下に引用しておこう。

デヴィッド・フォックス (コロンビア大学で経済学博士号を取得後、ニューヨーク州のニッターズビル1にあるケスター大学2で客員准教授に着任)はストレスにまみれた生活を送っていた。周囲には何もない(近くに見えるのはオールバニくらいだ)辺鄙なところにある小さな町の小さな大学で任期付きのポジションを手にしたばかり。『ヤバい経済学』を読んだことのある学生なんて一人もいない。講義のコツをつかみつつあると実感しながらも、「社会問題の経済学」(フォックスが受け持っている講義)に出席している利発で美しい一人の女子学生に誘惑されてなかなか講義に集中できないでいる。研究の方も――やわらかい言い回しをすると――なかなかはかどらない。このままではテニュア(終身在職権)を取れるかどうかも心許ない状況だ(前任者は現在書店で働いている)。そんな折、「価値経済学支援アカデミー」(SAVE)傘下で右派のシンクタンクである「スピリチュアルな社会の実現に向けた研究センター」(CROSS)から接触を受ける。フォックスが大学院生時代に書いた論文――その論文では高校生への性教育プログラムの便益が実証的に明らかにされている――を“Something for Nothing”3という魅力的なタイトルに変更した上で世間に向けて公表したいというのだ。論文には不備があることは重々承知していたものの、フォックスはCROSSからの申し入れを喜んで受け入れる。結局のところ、論文を出版することこそが学者にとっての――先輩の同僚の言葉を借りると――「法貨(身分の証)」(“the coin of the realm”)なのだ。

しかしながら、フォックスはジレンマに陥ることになる。CROSSから高く評価された彼の論文の実証結果に他の研究者から疑問が投げ掛けられることになったのだ。それ以外にもフォックスの学者生活は困難の連続だ。学内政治にニッターズビル生まれの女性とのロマンス、1年ごとの審査という名の厳しい試練、耐え難い環境下で(テニュア審査の一環として)最高の講義を行わねばならない緊張。フォックスの挑戦は若き経済学徒たちに向けてためになる教訓を伝えるフィクションというにとどまらない。仕事と私生活、成功と誠実さ、忠誠と欲望。時に相反するもの同士の間でバランスをとるにはどうしたらいいのだろう? フォックスの挑戦はそのような問題に関心のある誰もが楽しめる愉快で滑稽な物語でもあるのだ。

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “Am I in a Dutch novel?”(Marginal Revolution, May 28, 2011)


あの名高きMonkey Cageブログの運営者の一人でもあるエリク・ヴォーテン(Erik Voeten)から次のようなメールを頂戴した。

つい最近のことなのだが、名の知れた(オランダでは有名という意味だが)作家であるアルノン・フルンベルク(Arnon Grunberg)の小説を読む機会があった。その小説の主人公であるオランダ人の男性(経済学者)は家族と婚約者を故国に残してアメリカに旅立つ。その理由はジョージ・メイソン大学で経済学を教えるためだ。ジョージ・メイソン大学の同僚の中にエリオット・へーゲルという名前の教授(主人公の親戚というわけではない)がいるのだが、彼は「幅広い関心を持った経済学者であり、経済学や料理の話題が中心のブログを運営している。彼の趣味は中華料理を食べることだ」という。

ヘーゲルは物語のメインキャラクターというわけではない。物語の中で彼が果たす一番重要な役割は主人公に豚の耳を無理矢理食べさせることにあるようだ。とは言え、この話は貴殿に面白がってもらえるのではないかと思う。小説のタイトルは『Huid en haar』(「歯と爪」)だ。フルンベルクが過去に書いた作品は何冊か英語に翻訳されているが4、この本はまだ(英語に)翻訳されていないと思う。フルンベルクのデビュー作はニューヨーク・タイムズ紙で書評されている。次のURLを参照してもらいたい: http://www.nytimes.com/1997/02/02/books/sex-drugs-and-slivovitz.html?src=pm

——————————————————————————————————-

●Tyler Cowen, “*A Happy Marriage*”(Marginal Revolution, July 12, 2009)


ラファエル・イグレシアス(Rafael Yglesias)の新作のタイトルは『A Happy Marriage』(「夫婦円満」)だ。ほんのちょっぴり引用しておこう。

エンリケは消費者としては何でもすぐに真に受けやすい性質だが、愛のことになると一転して疑い深くなる。そのため、何か間違いはないかと詮索せずにはいられないのだ。

飛行機に乗っている最中にむさぼるように読んだのだが、結婚している人にもかつて結婚していた人にも結婚する予定の人にも結婚すべき人にもそうすべきではない人にも文句なくお薦めできる一冊だ。

ラファエル・イグレシアスの息子は有名なブロガーのマシュー・イグレシアス(Matthew Yglesias)だが、彼も小説の中で何度も――本人そのままというわけではなく架空の人物として――カメオ出演を果たしている。また、経済学者のポール・ジョスコウ(Paul Joskow)も小説の中で――本人そのままというわけではなく架空の人物として――カメオ出演を果たしている。現実の世界ではジョスコウはマシューの叔父にあたる。

この本ではミクロ経済学とマクロ経済学の正確な違いが――冗談交じりに――説明されているのだが、そんな小説は他にどのくらいあるだろうか?

私の判断を言わせてもらうと、ラファエル・イグレシアスは過去20年に限っていえばアメリカの小説家の中で最高の作家の一人であり、おそらくは最も過小評価されている作家だ。彼の過去の作品である『Dr. Neruda’s Cure for Evil』もかつて話題にしたことがあるが、興味のある向きはあわせて参照されたい。

  1. 訳注;架空の町 []
  2. 訳注;架空の大学 []
  3. 訳注;論文の内容を当てはめるとおそらくは「性交を絶つ(ことを推薦する教育プログラムを実施する)のと引き換えに見返り(10代の妊娠率の低下や学業成績の向上など)を得る」という意味になるだろう。 []
  4. 訳注;一冊だけ邦訳されているようだ。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください