経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

タイラー・コーエン 「アメリカという国をより深く理解するための推薦図書」(2010年4月2日)

●Tyler Cowen, “Explaining the United States to German graduate students”(Marginal Revolution, April 2, 2010)


今年(2010年)の夏の話になるのだが、(ドイツにある)ベルリン自由大学の北米学科で大学院生向けの講義を受け持つ予定になっている。講義のテーマは「アメリカ」だ。講義の課題図書には何を選んだらいいだろうか? 今のところ候補として念頭にあるのは以下の8冊だ。

  1. Democracy in America』(邦訳『アメリカのデモクラシー』) by アレクシ・ド・トクヴィル(Alexis de Tocqueville)
  2. Class: A Guide Through the American Status System』(邦訳『階級(クラス): 「平等社会」アメリカのタブー』) by ポール・ファッセル(Paul Fussell)
  3. The American Religion』 by ハロルド・ブルーム(Harold Bloom)
  4. Inside U.S.A』(邦訳『アメリカの内幕』) by ジョン・ガンサー(John Gunther);個人的に長年愛読している一冊。
  5. State by State: A Panoramic Portrait of America』 by マット・ ウェイランド(Matt Weiland)&ショーン・ウィルシー(Sean Wilsey)
  6. American Exceptionalism: A Double-Edged Sword』(邦訳『アメリカ例外論』) by シーモア・M・リプセット(Seymour Martin Lipset)
  7. The Narcissism of Minor Differences: How American and Europe are Alike』 by ピーター・ボールドウィン(Peter Baldwin);この本の中心的な主張1には個人的に同意しかねるところがあるが、講義に出てくる学生たちを「独断(頑なな思い込み)のまどろみ」から目覚めさせるいい薬とはなるかもしれない。
  8. The Liberal Tradition in America』(邦訳『アメリカ自由主義の伝統』) by ルイス・ハーツ(Louis Hartz)

デイビット・ハケット・フィッシャー(David Hackett Fischer)の『Albion’s Seed』も優れた一冊だが、悩ましいことに分厚すぎる。他に何か見落としていないだろうか? モルモン教徒の話題ももっと詳しく取り上げるべきだろうか?

  1. 訳注;各種の統計データに照らす限りではアメリカとヨーロッパは世間で思われているほど異質なわけではない(+ヨーロッパの内部の国々も互いに瓜二つというわけではなく、それぞれに違いがある)、という主張。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください