経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「アンガス・ディートンが取り組んだ3つの疑問 ~ノーベル賞選考委員会によるプレスリリース~」

●Mark Thoma, “Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel Awarded to Angus Deaton”(Economist’s View, October 12, 2015)


今朝は忙しくて出遅れてしまったが、2015年度のノーベル経済学賞(正式名称はアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)はアンガス・ディートン(Angus Deaton)に授与された。以下にノーベル賞選考委員会が用意したプレスリリースを引用しておこう。

Consumption, great and small

福祉の改善と貧困の削減に向けて公共政策を立案する上ではまずもって一人ひとりの消費に関する決定について深く理解する必要がある。この点に関して(一人ひとりの消費決定に関する理解を深める上で)アンガス・ディートンは他の誰にもまして多大なる貢献を果たしてきた。ディートンは一人ひとりの消費決定について詳細な分析を加えただけではなく、一人ひとりの消費決定とマクロレベルの総消費(ミクロレベル(一人ひとり)の消費を集計した結果)との間にどのようなつながりがあるかを探ることで、ミクロ経済学やマクロ経済学、開発経済学といった分野の転換を後押ししたのである。

ノーベル賞の対象となったディートンの業績は次の3つの中心的な疑問にどう答えるかを探る努力を通じて築き上げられたものである。

各個人は消費に回すと決めた予算を異なる財(やサービス)の購入にどのように振り分けるのか? この疑問に答えを見出すことは現実の消費パターンを説明・予測するためだけではなく、例えば消費税の変化といった政策変更が異なる社会階層の福祉にそれぞれどのような影響を及ぼすかを評価する上でも極めて重要である。ディートンは1980年前後にAIDシステム(Almost Ideal Demand System)と呼ばれる需要システムのモデル――ある個人の個別の財(やサービス)に対する需要がその財だけではなくその他のあらゆる財の価格やその個人の所得にどのように依存しているかを推計するための柔軟性に富んでいてシンプルな手法――の開発に乗り出したが、彼のこのモデルはその後に改良を加えられ、現在ではアカデミックな世界においてのみならず実践的な政策評価を任務とする実務の世界でも標準的なツールとして受け入れられるに至っている。

社会全体の所得(総所得)のうちどれだけが消費に回される(その裏面としてどれだけが貯蓄に回される)のか? 資本ストックの蓄積や景気循環の動向を説明する上では所得と消費との間にどのような時系列的な関係が見られるかを理解する必要がある。ディートンは1990年前後に発表した一連の論文の中で、マクロの総所得(あるいは平均所得)の変動に基づいてマクロの総消費の変動を説明しようとする限りは従来の理論は総所得と総消費との間に現実に成り立っている関係を説明できないことを明らかにした。一人ひとりの個人が手にする所得は国民総所得(あるいは平均所得)とは大きく異なるかたちで変動するのであり、総所得と総消費との間に現実に成り立つ関係を説明するためにはそれぞれの個人が自らの所得の変動に応じてどのように消費に回す予算を調整するかをまず明らかにした上で、その分析結果を順次積み上げる必要がある。そのことを明らかにしたディートンの研究はマクロレベルのデータに観察されるパターンを解きほぐすためにはミクロレベルのデータの分析が極めて重要であることを証拠立てるものであり、ディートンが打ち出したこのような姿勢は今日までの間に現代マクロ経済学の分野で広く受け入れられるに至っている。

福祉や貧困の実態を計測したり分析したりするためのベストの方法はいかなるものか? ディートンが最近の研究を通じて強調していることは、それぞれの世帯ごとの消費水準に関する信頼性の高いデータを利用することで経済発展の背後にあるメカニズムを解きほぐす手がかりを得ることができるということである。ディートンの研究は異なる時点や異なる地域の間で貧困の実態を比較する際に持ち上がる重大な落とし穴を明らかにしているだけではなく、家計レベルのミクロデータを巧みに利用することで所得とカロリー摂取量との間の関係や家庭内での性差別の実状といった様々な問題の解明に光明を投じ得る可能性を示している。家計レベルのミクロデータに着目したディートンの研究はマクロデータを利用した理論的な色合いの強い分野であった開発経済学の分野を事細かなミクロデータを利用した実証的な色合いの強い分野へと転換する上で大きな役割を果たしたのである。

ディートンの業績を解説したものとしてはこちら(タバロックによる解説;227thday氏による(コーエンの解説もあわせた)翻訳はこちら)やこちら(クルーグマンによる解説)、こちら(ビンヤミン・アッペルバウム(Binyamin Appelbaum)による解説)、こちら(ノア・スミス(Noah Smith)による解説)、こちら(マシュー・イグレシアス(Matthew Yglesias)による解説)、こちら(クリス・ブラットマン(Chris Blattman)による解説)を参照されたい。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください