経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「社会保険の無い世界」(2005年3月16日)

●Mark Thoma, “Lest We Forget: Life After the Great Depression”(Economist’s View, March 16, 2005)


こちらのエントリー〔拙訳はこちら(の前半の記事)〕では(経済面のリスクから身を守る上での)社会保険の必要性を抽象的な観点から論じたが、今回のエントリーでは個別具体的なエピソード(パーソナルストーリー)に焦点を合わせる。アメリカに社会保険の仕組みが導入されたのは1935年のことだが、まずはじめに紹介する「失業に関する事例研究」(Case studies of unemployment)サイトでは社会保険が導入される前のアメリカ社会における庶民の生活実態について数多くのエピソードが集められている。今回はその中の一つを引用するが、他にも保険の私的供給が「市場の失敗」に陥った事例も多数報告されていることも付け加えておこう。

食費の切り詰め(Cutting Down on Food)

日々の暮らしを襲う逆風がその勢いを増すにつれ、市井の人々は自らの身を守るための自衛策により一層本格的に乗り出し始めることになる。ニューヨーク市に住む主婦のカルダニ氏は語る。「詳しく語らなくてもおわかりになりますよね? 家賃を払うと手元にお金はほとんど残りません。となると、私たちがどういう生活をしているかおわかりになりますよね? 真っ当に生きる1つもりであればどういう生活を送らざるを得ないかおわかりになりますよね?」。母親の言わんとしていることがはっきりと伝わっていないかもしれないと思ったのだろう。カルダニ夫人の幼い娘が口を挟む。「ご飯の量を減らしているのよ。私たちはそうしているの」。ボストン市に住むツォーシス一家は「(空腹感を紛らすために)ベルトをきつく締めて」(食費を切り詰めて)対応しており、マディソン市に住むジャイモス一家の食卓ではポテトとパン、そして豆くらいしか子供に振舞う余裕がないという。ニューオーリンズ市に住むモントレー家の子供たちは市場(いちば)で廃棄された肉や野菜の残りを漁って食べている。アトランタ市に住むバートリー家には子供が4人いるが、1週間の食費を5ドル以下に抑えて一冬を過ごしたという。バートリー家の食卓を飾るのはトウモロコシパンに塩漬け肉、そして乾燥豆。それも1日2食が限界だという。バートリー夫人がたびたび失神の発作に襲われるため仕方なく病院に連れて行くと「栄養失調」と診断されたという。

フィラデルフィア市に住む二つの家族が置かれた状況については両夫人に直接語ってもらうことにしよう。

まずはホワイト夫人の言。「ハリーとジョアンが飢え死にしかかっている姿をただ見ているだけでした。夫が週給25ドル2の職を失って新たな職(週給21ドルの職)を探している最中に二人が通う学校から『栄養失調』と書かれたカードを受け取りました。この前の冬に夫は再び失業してしまったのですが、その時にもまた学校から『栄養失調』と書かれたカードを受け取りました。どうにかしようと頑張っても日曜日に子供たちに食事を用意できる機会は滅多にありませんでした。デザートなんてとてもとても・・・」。

次にカーク夫人の言。「子供たちは食事抜きの生活に慣れていました。そのため、食事を前にしてもそれほどたくさんは食べられませんでした。彼らは多くを語りませんでしたが、家には何もないことはわかっていたんだと思います」。

個々の家庭レベルでとり得る自衛策の一つが「食費の切り詰め」だったというわけだが、聞き取り調査をした対象世帯の3件に1件はあまりの過酷さのためにその実状をあえて紹介する必要を感じたほどだ。次々に語られる「栄養失調」のエピソード。抵抗力が弱まっているために病気がちな生活を送らざるを得ない例も枚挙に暇がない。失業を防ぐためには貧窮や空腹といった痛みも必要だという意見3があるが、このたびの聞き取り調査を通じて集められた実例はそう軽々しく考えてはいられないことを物語っている。

社会保険の必要性に疑問を感じる人もいるかもしれない。そういう人は「失業に関する事例研究」サイトを細かくチェックしてみるといい。胸を刺されるような多数の実例を通じて「社会保険の無い世界」(社会保険制度が創設される前の時代の生活)というのがどういうものかを詳しく知ることができるだろう。

(追記)[こちらのエントリーからの転載] 次に紹介するのはアメリカ議会図書館のサイトに収蔵されているエピソードであり、大恐慌に見舞われた後の庶民の生活実態の一例が語られている。ジョージ・R.(George R.)は71歳の時にそれまで長年勤めてきた職場を解雇され、以下で引用するインタビューが行われた時には解雇されてから2年が経過していた。彼が語るエピソードは自己保険(自衛)が抱える問題を露にしている。

アメリカ庶民の生活史(連邦作家プロジェクトの文字起こし原稿、1936年~1940年)

ジョージ・R.(73歳、独身)のケース

インタビュアー:フランシス・ドノバン
インタビュー場所:コネチカット州トマストン
インタビュー協力者:ジョージ・R.(73歳、独身)

「大丈夫じゃ。喋る暇ならたんまりある。カネよりも時間の方が余裕があるくらいじゃ。日増しにそうなってきとる感じじゃのう。まあ、暇があっても何していいかわからんがの。字も読めないんじゃ。どっちの眼も白内障でのう。できることといったら散歩くらいかのう。町を出歩いとると周りの人間によく言われるもんじゃ。『危ないところでしたよ。もう少しで車に轢かれるところでしたよ』とな。するとこう返すんじゃ。『大丈夫じゃ。失うものなんて大してない』とな。そうなんじゃ。失うものなんて大してないんじゃ。お前さんもわしみたいな老いぼれになって家族もいなけりゃ身寄りもいないとなりゃわかるじゃろう。あの世にゃ大して期待はしとらんが、その時が徐々に近づいてきとることは確かじゃのう。」

「そうじゃ。あの世はあるって信じとるよ。この世が最高の場所だとはどうも思えんのう。年々悪くなっとる感じじゃ。わしがお前さんくらいの年頃の時分はこの世も悪い場所じゃなかったんじゃがのう。戦争もなかったし、誰もが自分のやりたい仕事についておった。静かで平和な生活に誰もが満足しとった。家の外でラジオがガンガン鳴ってるなんてこともなかったのう。車に轢かれて死んどる人間はどんくらいじゃったかのう。毎年3万人くらいか。昔はそんなこともなかったのう。そいつがすべてを変えたんじゃ。車がのう。色んな意味で車がこの国をダメにしたんじゃ。ケツの青いガキどもには車が必要じゃ。ガキどもが1週間のうちに稼いだ15ドルも大半は車に消えちまう。そのカネが誰の手に渡るか知っとるか? でっかい石油会社じゃ。石油会社が総取りしてそこでカネの流れが止まっとるんじゃ。」

「そうじゃ。とある店で47年間働いておった。2年前にお役御免じゃ。わしみたいな老いぼれ連中を一斉に解雇したんじゃ。年金も少しはくれとるが、近いうちにその支払いもストップするという話じゃ。年金の支払いがストップしたらその後はどうしたらいいかわからんのう。そう言えば、何年か前に役所から女の役人がやって来たのう。生命保険を解約する気があれば老齢年金がもらえるとか何とか言っとったのう。『お断りじゃ』と答えたもんじゃ。『立派な葬式を開くチャンスをふいにする気があるとでも思うとるんか? 立派な葬式を開くのがわしの唯一の楽しみなんじゃ』と言ってやったわい。するとその女の役人は答えたもんじゃ。『なるほど。しかし、私はそのようには考えませんね』。そこでわしは言ったんじゃ。『なるほどのう。でもわしの考えはそうなんじゃ』とな。」

「国から年金をもらえる権利があるかどうかはわからんのう。あるような気もするが、調べてみる必要があるのう。給料からいくらか差し引かれていたのは知っとる。何かもらわんといかん気がしてきたのう。」

「・・・(略)・・・貯金なんてできたとは思わんのう。うちの家には貯金なんて無かったと思うのう。わしの給料もなかなかのもんじゃったが、カネはどこかに消えて無くなっちまったようじゃ。6年前まで家の面倒は姉ちゃんが見てくれとった。姉ちゃんは6年前に死んじまったんじゃ。姉ちゃんは金遣いは荒くはなかったが、貯金するようなタイプの人間じゃなかったのう。カネがどこに消えちまったかはわからん。家族で楽しんだ娯楽といえば映画くらいじゃ。映画館に週に2回は通ったかのう。1ドルくらいしかかからんかった。」

「わしの政治的な立場なんて知ってどうする気なんじゃ? じゃあクイズじゃ。わしがどの政党を支持しているかわかるかのう? そうじゃ。ご名答じゃ。共和党じゃ。『共和党員よ、誇りを持て』(Republican and proud of it)。わしの親父がよく言ってたもんじゃ。『共和党員よ、誇りを持て』。・・・(略)・・・共和党から鞍替えせにゃならん理由なんて思い付かんのう。民主党のいいところなんて見つからんのう。何もかもめちゃくちゃにした前科があるわけじゃないことくらいかのう、民主党のいいところは。ただこれはあくまでもわしの意見じゃ。尋ねられたから答えただけじゃよ。」

・・・(中略)・・・

「労働組合は信用しとらん。わしがかつて働いていた店に今でも労働組合があるのかは知らん。そういう話は聞いとらん。昔はダミーの労働組合ならたくさんあったのう。すぐにも賃上げの同意を取り付けられるかもしれんと期待して組合員になった連中もいたのう。でも、1年経っても2年経っても給料は前と変わらず仕舞いで労働組合も消滅じゃ。これは覚えといてもらいたいが、店側は労働組合を法廷に連れ出すんじゃ。トラブルを引き起こしたという咎で裁判に訴えるんじゃ。労働組合ができるたびに店側はその組合を煽るんじゃ。労働組合に参加しても状況は前より良くはならないんじゃ。むしろ悪くなるんじゃ。裁判でカネを持っていかれるからのう。」

最後に紹介するのは大恐慌が発生する前の時代のエピソードであり、当時の失業の実態や失業がアメリカ国民(黒人や移民、その他の庶民)の生活に及ぼした影響が語られている。以下で紹介されているエピソードは「失業のリスク」に対して保険をかけておくこと(保険で備えておくこと)の必要性を物語っている。繰り返しになるが、以下で紹介されているエピソードは大恐慌が起きる前の時代の出来事である。それゆえ、当時の庶民が置かれていた状況は大恐慌に見舞われた後(特にアメリカで社会保険の仕組みが導入された1935年以降)よりもずっと過酷なものだったことだろう。

繁栄と倹約:クーリッジ時代とコンシューマー・エコノミー(1921年~1929年)

貯蓄

第一の自衛手段は貯蓄である。その中でも筆頭は貯金(現預金)である。聞き取り調査を行った対象世帯の多くは小額ながらも貯金の蓄えがあったが、身の安全を守るために十分な貯金を蓄えられるだけの高収入を継続して得られた試しはないというのが総意だった。経済学者らの調査によると、アメリカ国民の4分の3は収入と生活費(日常生活を過ごす上で必要となる出費)との差がほとんど無く(収支がほぼとんとんであり)、そのため緊急時に備えて貯金を蓄えておく余裕はほとんどあるいは一切無いという。聞き取り調査を行った対象世帯の5件に1件はこれまでに蓄えた貯金をすべて使い果たしてしまっていた。ボストン市に住むディペサス家では15年かけて700ドルの貯金を蓄えたが、夫が失業したために一冬で貯金をすべて使い果たしてしまった。失われたのは700ドルの貯金だけではない。同じ気持ちで一からやり直せるわけではないのだ。聞き取り調査を行った対象世帯の10件に1件――とりわけ、親が季節労働に従事していたり、子供の数が他よりも多かったり、親に病気の前歴があったりする家庭――は「雨の日」(緊急時)への備えができていない。聞き取り調査に応じてくれたとある人物の言葉を借りて別様に表現すると、「雨が降ってばかりだ」という。

マイホームを手にすることが夢ではないという家庭を見つけるのは難しい。家も一旦手に入れば(あるいはローンを組んで購入すれば)貯蓄の一つとなる。マイホームを手に入れようとする本能は不動産価格が不穏な動きを見せていようとも萎えてしまうことはない。移民の多くは祖国の手狭な土地に何世代にもわたって住み続けた人々の子孫だ。マイホームを手に入れようとする彼らの本能は相当に根強いものであり、マイホームを手に入れるためとあらば壮絶な試練に立ち向かうのも厭わない。その試練の実態を理解し尽くすためには間近でその様子をじっくりと観察しなければならない。聞き取り調査の対象となった多数の家庭に言えることだが、身を粉にして手に入れたマイホーム――そして身の安全を守る自衛手段の象徴であったはずのマイホーム――が収入の減少に伴って厄介な重荷となって牙をむく例は珍しくない。ローンの返済が滞りがちになり、利息の返済もままならなくなる。差し押さえの対象となるマイホームも出てくることになる。ミネアポリス市に住むレフィブレ家は住宅ローンで3500ドルを借りてマイホームを購入し、そのうち2000ドルは無事返済に漕ぎ着けた。家具一式を揃えるために必要な1100ドルを賄うためにローンを組んだが、それはすべて完済した。そんなレフィブレ家のもとに知らせが届く。差し押さえられていたマイホームの整理が付いた(競売で売れた)、と。レフィブレ一家はマイホームを失い、家具一式もすべて売り払った。その後のレフィブレ家には5人の家族全員が1つの部屋で暮らす生活が待っていた。その部屋に到着したレフィブレ家の面々の心持ちがどんなものであったかは大して想像力を働かせなくとも推察できるだろう。

家具もまた貯蓄の一つであり、時として売りに出されたりローンの取り立て人に譲り渡されたりする。ボストン市に住むボラン家のピアノが辿った道はその典型だ。ローンの完済間近だったその客間用家具はしばらくしてボラン家から持ち出される運びとなった。ピッツバーグ市に住むデ・マシオス一家が住宅ローンで購入した家は取り壊され、マットレスと壊れた椅子、そしてホットプレートが後に残された。デ・マシオス一家が被った損失はこれで語り尽くされたわけではない。家具一式を揃えるために必要な1500ドルを蓄えるまでに5年かかったが、その家具一式が手放される時には合計200ドルで買い叩かれることになったのである。家具は立派な社会的な地位と繁栄を手にするまでの足跡を表している。家具は客間を飾る役目を果たしているだけではない。一家をコミュニティーと結び付け、友人と交際する機会を設け、娘たちがボーイフレンドとデートする場を演出するものでもあるのだ。

大事な宝物が手放される例もある。ボストン市に住むドロシー・ドゥハンシーは結婚指輪を質に入れた。家賃や保険料、労働組合費、ローンの返済費用を賄うためである。クリーブランド市に住むベンダーズ一家は売りに出せる家具を持っていなかった。そのため、妻の婚約指輪が質に入れられることになった。ソルトレイクシティ市に住むジェームズ家では妻の結婚指輪と夫の腕時計が質に入れられた。サペリス家では妻の歯の治療費(歯に詰め物を入れる費用)を捻出するために小さな娘のコミュニオンリングが質に入れられた。サペリス夫人は30歳になったばかりだったが、娘の指輪を質に入れても治療費を賄いきれないと知って歯をすべて抜いてもらう決意をした。

  1. 訳注;犯罪に手を染めないという意味も込められているものと思われる。 []
  2. 訳注;原文では「25ドル」としか言及されていないが、大恐慌当時の週給に関するデータの一つ(pdf)を踏まえて「週給25ドル」としておいた。 []
  3. 訳注;「失業すると貧しくてひもじい生活が待っている」という可能性があると、それが一種の脅しとなって自ら失業を選ぶことを躊躇させる(あるいは、一旦失業してもすぐに職探しに乗り出すように駆り立てる)効果があるという考え。 []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください