経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「経済用語に込められた道徳的な意味合い」

●Mark Thoma, ““The Moral Content of Economic Terminology in the Popular Press””(Economist’s View, September 07, 2008)


メディアで経済問題が論じられる際、しばしば個々の経済用語に道徳的な意味合い――善(good)、悪(bad)、神聖なるもの(divine)、邪悪なるもの(evil)――が込められることがある。Bluematter.ブログでその一覧がまとめられているので紹介しておくことにしよう。

対内直接投資(Foreign direct investment (inbound)): 善(いいこと)
経常収支赤字(Current account deficit): 悪(ダメなこと)
貿易赤字(Trade deficit): 破滅的な惨状(Catastrophic)
資本収支赤字(Capital account deficit): (メディアでこの用語を目にすることはないが、おそらくは)悪

弱い円(Weak national currency)1: 悪
輸出(Exports): 善
輸入(Imports): 悪

住宅価格の上昇(Rising house prices): 善
住宅価格の下落(Falling house prices): 悪
お手頃な住宅(Affordable houses)2: 善
手が出ない住宅(Unaffordable houses)3: 悪

自由貿易(Free trade): 善でも悪でもどちらでもない(Neutral)
歯止めのない自由貿易(Unfettered free trade): 悪
フェアトレード(Fair trade): 善
アウトソーシング(Outsourcing)4: 邪悪な行い(Evil)
地場産品の購入(Buying local produce): 神聖な行い(Divine)

給与の上昇(Pay rises): 善
低金利(Low interest rates): 善
インフレーション(Inflation): 悪

共産主義(Communism): 唾棄すべきもの(Very Bad)
社会主義(Socialism): 悪
資本主義(Capitalism): 悪

  1. 訳注;弱い円=円安=名目為替レートの減価 []
  2. 訳注;お手頃な住宅=住宅価格が安い。住宅価格が下落傾向にあれば住宅価格は安くなり、お手頃になるはずだけれど・・・。 []
  3. 訳注;手が出ない住宅=住宅価格が高い。住宅価格が上昇傾向にあれば住宅価格は高くなり、手が届きにくくなるはずだけれど・・・。 []
  4. 訳注;国内の企業が業務の一部を外部(中でも海外の企業)に委託すること []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください