経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

マーク・ソーマ 「過去をコントロールするものは・・・ ~ギリシャは『困難な決断』を下し損ねた?~」(2015年3月22日)

●Mark Thoma, “‘Controlling the Past’”(Economist’s View, March 22, 2015)


サイモン・レン=ルイス(Simon Wren-Lewis)が歴史を書き換えようとする試みに異を唱えている。

Controlling the past” by Simon Wren-Lewis

ジョージ・オーウェル(George Orwell)の小説『一九八四年』の中に次のようなスローガンが出てくる。「過去をコントロールするものは未来をコントロールし、現在をコントロールするものは過去をコントロールする」(“Who controls the past controls the future: who controls the present controls the past”)。 今のところはまだオーウェル的な世界は到来していない。歴史を書き換えようとする試みがあれば少なくともそれに対して異を唱える自由が認められているからだ。数日前のことだが、イギリスの首相を務める人物〔キャメロン首相〕がブリュッセルで次のように語っている

「私が5年前に首相としてはじめてこの地を訪れた当時、イギリスとギリシャは同じボートに乗っていると言っても過言ではありませんでした。5年前までは両国が抱える財政赤字の規模は同じくらいだったのです。今では両国は異なる立場に置かれているわけですが、その理由はどこにあるのでしょうか? 我々イギリス人は長期的な取り組みが求められる困難な決断(difficult decisions)を下しましたが、私たちはそのために欠かせない勤勉さとたゆまぬ努力を惜しまない芯の強さのすべてを持ち合わせていました。絶対に後戻りしない。そう固く誓います。」

言い換えるとこういうことだ。怠惰なギリシャ人もイギリス人に倣って「困難な決断」を下してさえいれば、今頃はギリシャも現在のイギリスと同じような状況にたどり着けていたかもしれないというわけだ。

これはギリシャ人に対する大いなる侮辱であるだけではない。真実の捻じ曲げもいいところなのだ。あまりにも真実からかけ離れているので一体どこから手をつけたものか悩むところだ。

・・・(中略)・・・

しかしながら、正真正銘の(真実の)歪曲は別のところにある。イギリスは「困難な決断」を下したのにギリシャは「困難な決断」を下し損ねたという仄めかし(ほのめかし)がそれだ。「困難な決断」というのは財政緊縮(austerity)のコードネーム(別名)だ。財政緊縮の程度を測る格好の指標の一つが基礎的財政収支(プライマリー・バランス)である。OECD(経済協力開発機構)が算出しているデータによると、イギリスの2009年度のプライマリー・バランスの対GDP比はマイナス7%だったが、2014年度にはその値はマイナス3.5%にまで低下している。ということは、2009年から2014年までの間にイギリスでは対GDP比で3.5%分相当の財政引き締めが行われた計算になる。一方で、ギリシャの2009年度のプライマリー・バランスの対GDP比はマイナス12.1%だったが、2014年度になるとその値はプラス7.6%と黒字を記録している。ということは、2009年から2014年までの間にギリシャでは対GDP比で19.7%分相当の財政引き締めが行われた計算になるのだ! ギリシャのほうがイギリスよりもずっと財政緊縮に前のめりなのであり、そのことを踏まえるとギリシャのGDPがこの間に(2009年から2014年までの間に)25%も落ち込んだのも当然の話だと言えよう。キャメロン首相の発言をもう少し正確に言い直すことにしよう。イギリスもギリシャと同じく「困難な決断」に踏み出しはしたが――とは言っても、ギリシャと比べるとずっと恐る恐るではあったが――、途中でその愚かさに気付いて手を引いた。その一方でギリシャはイギリスに倣わずに「困難な決断」を続けたというわけだ。これまでの話の中では通貨同盟(ユーロ圏)に参加するかしないかという些事(?)が持つ効果については考慮していない点は注意してもらいたい。・・・(略)・・・


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください