経済学101は主に皆様の寄付によって賄われています。温かい支援をお待ちしています

ラルス・クリステンセン 「アイケングリーンが欧州の政策当局者に推薦する図書リスト」(2012年8月14日)

●Lars Christensen, “Eichengreen’s reading list to European policy makers”(The Market Monetarist, August 14, 2012)


バリー・アイケングリーン(Barry Eichengreen)がProject Syndicateに記事を寄稿しているが、夏季休暇に入るヨーロッパの政策当局者に向けて休みの間に読むべき推薦図書が紹介されている。その一部を引用しておこう。

推薦図書リストの最上位に来るのはミルトン・フリードマン(Milton Friedman)とアンナ・シュワルツ(Anna Schwartz)の二人の手になる『A Monetary History of the United States』(「合衆国貨幣史」)である。この本ではアメリカの貨幣史をテーマにワクワクするような物語が綴られているが、その中でも核心部と言えるのは大恐慌(Great Depression)を対象とした章である1。この章では加速する危機に対するFRBの不適切な対応ぶりが告発されている。

相次ぐ銀行倒産の波――1930年後半に最初の波が到来し、1931年と1933年に次の波が押し寄せた――を横目で見て手をこまねいているFRB。FRBは傍観の姿勢を貫くのではなく迅速な対応に出るべきだったのだ。フリードマンとシュワルツはそう批判したと一般的には理解されている。しかしながら、フリードマンとシュワルツの議論を注意深く跡付けてみると、FRBに対する彼らの最も厳しい批判は別のところに向けられていることがわかる。FRBの面々は1930年の上半期に債券購入プログラムの導入に向けて足並みを揃えるべきだった。そうすることを通じて銀行倒産を事前に防ぐべきだったのだ。FRBの不手際の中でも何にも増して厳しく糾弾すべきはこの点にあるというのがフリードマンとシュワルツの見立てなのだ。

ECB(欧州中央銀行)の政策理事会の面々がこのメッセージを心にとどめておきさえすればそれをうまく役立てることも可能なはずである。ECBは(2012年の)8月2日に状況次第では積極的な行動に踏み切る用意がある旨を明らかにした2が、今のところはこれといって具体的な行動を何も起こしていない。フリードマンとシュワルツの『合衆国貨幣史』に目を通せばECBの面々も気付くことだろう。一旦危機に陥った後にそこから抜け出すことに尽力するよりは危機に陥らないように先手を打つ(危機の回避に向けて力を尽くす)方が得策だということを。

その通り。まったくその通りだ。ヨーロッパの政策当局者たちが『合衆国貨幣史』に目を通してその内容をきちんとかみ締めていたら現在のような危機には陥らずに済んでいたことだろう。

アイケングリーンの推薦図書リストには他にも何冊か掲げられている3が、私には極めて重要に思える本が抜けているようだ。その本というのはアイケングリーン自身の手になる『Golden Fetters』(「金の足枷」)である。大恐慌の国際金融的な側面を理解したければこの本を読むべきだ。そしてそのことを理解できれば現在の危機の背後にある国際金融的な要因についてもより深く理解できるようになるだろう。『金の足枷』の中に出てくる「金本位制」という言葉を「ドル本位制」に読み替えれば現下の危機が長引いている理由について深く理解できるようになるのだ。大恐慌が引き起こされた原因はヨーロッパで金(ゴールド)に対する超過需要が発生したことにあった4。その一方で、現在の危機の背後にはドルに対する超過需要が控えている。ヨーロッパの政策当局者たちは『金の足枷』の中でも自分たちの前任者が1931年~32年の間に犯した過ちに関する記述を特に念入りに咀嚼すべきだろう。

いつの日か『Green Fetters』(「ドルの足枷」5)というタイトルの本を書いてみたいというのが私の野望だ。質の面では『Golden Fetters』には決して太刀打ちできないだろうが、主題に関しては瓜二つということになるだろう。欠陥を抱えた通貨レジームに異常なまでに固執し、その結果として世界経済に悲惨な帰結がもたらされる6。そういう筋立てだ。世の政策当局者たちにはこう訴えたいものだ。ほんの少しでいいから歴史に学んでくれ、と。

アイケングリーンの記事を教えてくれたDavid Altenhofenに感謝する。

(追記)こちらの記事でアイケングリーンがECBとFRBの傍観者ぶりに批判を加えている。ドイツ語の記事だが、興味のある向きはあわせて参照されたい。

<関連エントリー>

Between the money supply and velocity - the euro zone vs the US
International monetary disorder - how policy mistakes turned the crisis into a global crisis
1931-33 - we should learn something from history
Recommend reading for aspiring Market Monetarists

  1. 訳注;『合衆国貨幣史』の邦訳は残念ながらまだ無いが、大恐慌を扱った章(第7章)に関してはそこだけを抜き出して訳されている。次の本がそれである。 ●ミルトン・フリードマン、アンナ・シュウォーツ(著)/久保 恵美子(訳)『大収縮 1929-1933』(日経BP社、2009年) []
  2. 訳注;国債買取プログラム(Outright Monetary Transactions; OMT)の実施に向けた発表のことを指している。財政破綻の懸念がある国(イタリアやスペインなど)の国債利回りを低く抑えることがOMTの主たる狙い。 []
  3. 訳注;他にはチャールズ・キンドルバーガー(Charles Kindleberger)の『The World in Depression, 1929-1939』(邦訳『大不況下の世界――1929-1939』)にロン・チャーナウ(Ron Chernow)の『Alexander Hamilton』(邦訳『アレグザンダー・ハミルトン伝』)、そしてバーバラ・タックマン(Barbara Tuchman)の『The Guns of August』(邦訳『八月の砲声』)が挙げられている。キンドルバーガーの『大不況下の世界――1929-1939』を薦める理由としては次のように語られている。「危機を回避する上では――(危機を回避することができなかった場合には)一旦陥ってしまった危機からうまく抜け出す上では――リーダーシップが必要だというのがキンドルバーガーの主張のポイントである。もっと具体的に言うと、経済的な余力があり(経済大国であり)、その余力を行使する意志を備えた国家によるリーダーシップが必要だというのである。・・・(中略)・・・現在のヨーロッパでその役目を担い得る能力を持っているのは・・・ドイツだけである。・・・(中略)・・・ドイツがこの種のリーダーシップを発揮すれば(ユーロ圏内の)その他の国々も速やかにそれに従うだろうし、そうなればヨーロッパを悩ませている危機も終息に向かって大きく前進することだろう」(キンドルバーガーのこの本に対するアイケングリーンの見解についてはデロングと二人で執筆している次の論説もあわせて参照されたい。 ●ブラッド・デロング&バリー・アイケングリーン 「チャールズ・キンドルバーガーへの新しい序文:『大不況下の世界 1929-1939』」(RIETI, 世界の視点から;原文はこちら))。チャーナウの『アレグザンダー・ハミルトン伝』を薦める理由としては次のように語られている。「(初代大統領であるジョージ・ワシントンの下で財務長官を務めた)ハミルトンは戦費を調達するために各州政府が負った債務の返済責任を連邦政府がすべて引き受けるべきだと語った。・・・(中略)・・・我々が抱えている問題は当時のアメリカが抱えていた問題よりもずっと厄介だとヨーロッパの政府高官たちは語ることだろう。ヨーロッパには連邦政府のようなものは存在しないし、そういう存在を拵えようとの意欲も感じられないのは確かだ。しかしながら、ハミルトンが成し遂げた成果をつぶさに振り返ってみてわかることは、当時のアメリカでも現在のヨーロッパにおいてと引けを取らないくらい連邦主義(強い連邦政府の必要性を説く主張)に対する忌避感は強かったということである。独立戦争後のアメリカで立ち現れることになった政体が拵えられるためには明確なビジョンを持つだけではなく政治的な駆け引きにも長けた政治家たちの存在が欠かせなかったのだ」。最後にタックマンの『八月の砲声』を薦める理由としては次のように語られている。「他から切り離してそれだけを取り上げるとまっとうに思える一つひとつの決定もそれらすべてが積み重なることでヨーロッパ中を巻き込んだ第一次世界大戦という名の意図せざる結果が引き起こされることになった。タックマンはその様を巧みに描き出している。現在のヨーロッパで戦争が迫っていると予測する人間は誰もいないだろう。しかしながら、(国家間の)外交の世界で当てはまること――一つひとつの決定は一見するとまっとうに思えてもゲーム(交渉)の大詰めの部分に誰も注意を払わないようだと最終的に大激震に見舞われる可能性があるということ――は国際金融の世界でも同様に当てはまるのだ。現在のヨーロッパは金融版サラエボ事件が勃発する間近のところに危ういほど近付いているのだ」。 []
  4. 訳注;この点については本サイトで訳出されている次の記事もあわせて参照されたい。 ●ジェームズ・ハミルトン 「1931年のヨーロッパで何が起こったのか?」(2014年4月17日) []
  5. 訳注;”Green”というのは「ドル紙幣」を指している。南北戦争時に発行された裏面が緑色の紙幣にちなんでドル紙幣のことを「グリーンバック」と呼ぶこともある(現在は両面ともに緑色のインクを使って印刷されている)。 []
  6. 訳注;この点については本サイトで訳出されている次の記事もあわせて参照されたい。 ●アイケングリーン&テミン 「『金の足かせ』と『紙の足かせ』」(2014年9月24日) []

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください